So-net無料ブログ作成

「賞状を破るなんて」身体観測第105回目。 [『身体観測』]

電話口で思わず耳を疑った。まさかそこまでゆき過ぎることはないだろうと思っていたからだ。でもこの見通しは甘かった。すべてとは言えないにしても、一部のスポーツ現場では旧態依然の根性論的指導がまかり通っているのはどうやら間違いなさそうである。

 事件はある中学のバレーボール部で起きた。優勝を目指してきたその中学は、惜しくも敗れて準優勝に終わる。目標には届かなかったにしても準優勝ならば胸を張ってもよい成績であろう。にもかかわらず2位という成績を不服とした顧問は、表彰式後に生徒たちの目の前で賞状を破いたのだという。

 決勝戦は迫りくる重圧に負けてミスも多く、本来の力が出せずに終わったらしい。顧問としてはそれを歯がゆく感じたのだろうが、やっていいことと悪いことがある。生徒だけでなく主催者側や対戦相手にも非礼に当たる、人として咎められて然るべき行為である。

 以前にこの中学の練習風景を見学したのだが、必死に声を張り上げる生徒たちに笑顔はなかった。スポーツは楽しいもののはずなのに、悲壮感すら漂わせながらボールに食らいつく姿は見ていて痛々しかった。

 顧問が一声かけるとその周りを囲むように集合するのが決まり事らしく、まるで磁石が砂鉄を吸いつけるように生徒たちは駆け寄る。少しでも遅れたらやり直し。だからいつ声がかかるのか、練習中はずっと気が気でない。あれでは夢中になってプレーすることなど到底できそうにない。 

 心身を極限まで追い込み、その苦しみを乗り越えさせれば潜在能力は開花する。しかし、これは兵士を訓練する方法になぞらえたもの。失うものは計り知れず、ゆき過ぎればただ苦しみを押しつけるだけの指導になり下がる。これまでの慣習を繰り返すだけで自らの指導スタイルを省みない指導者は、早急にご退場願いたいと思う。

<10/10/19毎日新聞掲載分>


nice!(1)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

根拠のない自信、辻風黄平、ブログとツイッター。 [あんなことやこんなこと]

茂木さんの連続ツイート、「根拠のない自信」を目覚めの布団の中で読んですっかりやる気がみなぎる。これまでにも茂木さんの書いたものであったり、他の方も似たような考えをもお持ちであることは知っていたのだけれど、今朝ほどに腑に落ちるようなことは今までなかった。記憶が定かではないけれど、最初にこの言葉に「おっ!」とキタのは、島耕作シリーズを書いた弘兼憲史が雑誌か何かのインタビューで口にしていたのを読んだときだったと思う。松下電器産業を退社して漫画家に転身した氏は、退職後1年ほどは映画ばかり見ていたという。その様子を知る周りの人たちの心配をよそに、氏は「根拠も何もないのだけれど、なぜだかわからないが自分はいいものを作ることができる」という確信があったらしい。そのインタビュー記事を読んだのは確か20代の前半。どこにどう共感したのかは今から思い返しても定かではないけれど、とにかく「へー、そういうもんなんだな」と妙に納得した覚えがある。

この共感・納得にはそれこそ何の根拠もない。ただただ共感し、納得したわけだから、あのときのボクはまさに「根拠のない自信」を持って弘兼氏の言葉を飲み込んだわけである。もしもあのときに「根拠のない自信」なんてあるわけがない、そもそも自信という言葉の意味からしても矛盾してるわけで…、とかなんとか考えつつ根拠となる理由を探していれば今日のボクはいないわけだ。なんともややこしい解釈ですまないが、しかし本質的な意味を考えるとこういうことになるのだと思う。

なんとも奥ゆかしく、しかも人間としての営みになんと即した言葉であろうか。

というわけで今日という日は朝からやる気満々になり、読みたい本もあるし、来週の講義の準備やら研究会誌に載せる論文やら広報誌および新聞の原稿やらと、やるべきことが満載だからこれはいっちょ研究室でカリカリやったろかい、なんて家を飛びしたものの、いざ研究室についたらあれほど燃え上がっていたはずのやる気が失せている。いや、やる気が失せたのではなくて、頭の回転がどうも鈍い気がするのである。やる気はある、でも頭が回らない。いちばんイライラするパターンである。

でもこうした事態には以前ほどにうろたえたりイライラしたりすることはなくなり、身体の赴くままにまずは目についた本を読んでから事を始めようという習慣が身についた。そんな時によく手に取るのが『バガボンド』であり、内田先生と鷲田先生の著書、それに最近新たにこのラインナップに加わった『ポケット詩集』である。で、今日はどうだったかというと『バガボンド<13巻>』であった。

辻風黄平扮する宍戸梅軒と武蔵が戦うシーンを読み、唸る。武蔵との戦いに敗れ、最後の一太刀でほとんどの指を切り落とされた黄平の、「これでもう戦わなくて済む」という一言に胸が熱くなった。龍胆との生活をはじめた黄平の胸の内には、早く殺し合いの螺旋から降りなければならないという思いが芽生えていたに違いない。守るべき人、守りたい人を前にして、人は初めて優しくなれる。この人を守るためにはどんなことがあっても死ぬことはできないという感情は、これまで死をも恐れずに生きてきた男にとってはおそらく初めて感じたものに違いない。

しかし幼少時に親に殺されかけ、兄とともに憎悪の念を生の肥やしにこれまで生きてきた黄平は、人を殺傷する技術の高さに己の存在価値を見出していた。だから殺し合いの螺旋から降りることは、黄平にとって自らの存在が底抜けするような無力感に苛まれることを意味する。目の前の人を守りたいという気持ちが強くなればなるほどに「死ねない」という気持ちが強くなる。しかし死を賭した戦いでしか己の存在価値を見いだせない黄平は戦いの誘惑を拒めない。これまでに生の実感を得てきた戦いから離れようとすればするほどに、自らの存在価値が薄まっていくような気持ちになるのはだから必然である。

その葛藤のさなかに目の前に現れたのが武蔵であり、その武蔵との死闘で指を失い刀を握ることができなくなった。刀が握れなくなってからでないと殺し合いの螺旋から降りることができないほど、人を殺傷する技術、死を賭した戦いの場が辻風黄平という人間を支えていたのである。最期となった死を賭した戦いの場の一部始終を、愛する人が傍らにいて見守っている情況そのものがとても物悲しい。井上雄彦おそるべしである。

と、のめり込んで読んでもまだもひとつ頭の回転が戻ってこないので、久しぶりに自分の書いたものでも読んでみるかと、ちょうど1年前のブログを読み返してみた。すると、昨年のこの時期もブログをほったらかしにしていて、しかも鼻炎が止まらずに体調を崩していたことも判明。さらに遡って2009年の10月分も読んでみると同じような感じでちょっとびっくり。へー、この時期はそんな時期なのだなと妙に納得して、ブログほったらかしに対する罪悪感がちょっと和らぐ。

改めて感じるのは、いつもにも増してここんところはブログに向かう気持ちが薄くなったこと。これはやはりツイッターを始めたことと無関係ではない。ブログには、ふと頭を過ぎったアイデアにも満たない思いつきを少し煮詰めて考えないことには書き始めることができないし、そもそも書くという作業のうちにその思いつきがかたちになっていったりする。けれど、ツイッターにはジャスト思いつきの段階で発信することができる。発信できてしまうものだから、「ジャスト思いつきなひらめき」をそこから深めようという気持ちも薄れてしまって、いざ書こうという気持ちになりにくいのである。早く言葉にしてしまったことで失われる類の思いつきもあるのだなということにも気がついた。

これが半年ツイッターをしてみて感じたこと。だからといってどちらかに専念するというわけではなく、こうした経験をもとに今後はブログとツイッターの使い分けにチャレンジしてみようと思っている。それぞれにできることをもっと吟味していって、ゆくゆくは素敵なライフスタイルを確立していけたらいいなと思う。

最後に一つだけ報告を。今年はほとんど書くことがなかったラクロス部について。身体観測に書いたり、ツイッターでつぶやいたりしていたものだからすっかり報告したつもりになってました。すみません。結果だけを報告しておくと、1勝6敗の8位でリーグ戦を終えて2部リーグへの自動降格となってしまいました。来年度以降も頑張っていきたいと思いますので、みなさまどうぞ応援のほどをよろしくお願いいたします。

さて、仕事します!なんとなくできそうな予感。


 


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「為せば成る!」身体観測第104回目。 [『身体観測』]

 長らくサッカー指導をしている人からこんな話を聞いた。小学校で始めた選手と大学から始めた選手とではボールの扱い方の滑らかさに大きな違いがあり、その差はどれほど練習したところで埋まるものではない。日常生活において「足を使って何かをする」という動作がほとんどない以上、心身の発達が目覚ましい幼少期において集中的に足を使うことは能力の向上に大きく影響するのだという。

 言われてみれば確かにそうだ。特殊な仕事に就いていない限り、私たちの日常には「足を使って何かをする」という動きは見当たらない。せいぜい歩くか走る、もしくは自転車を漕ぐ、あるいはアクセルやブレーキを踏み込むといった程度である。手を使った動作がありふれているのに比べれば、足はほとんど移動にしか使われていない。

 つい先日、サッカースクールの練習風景を見ていて、見事なまでのボールさばきを子どもたちはいとも簡単にやってのけていた。膝にまで達するほどのボールを自在に操る姿が妙に滑稽で、表情が緩みながらも目が釘付けであった。なるほど、ここまで精妙な足さばきができるようになるのかと、あのときの話を体感的に理解することができた。

 サッカーだけでなく、どのスポーツでも早期教育の効果は囁かれている。しかし、僕はこの考え方には素直に同意することができない。指導者の立場からすればむしろ否定する立場を貫こうと思っている。なぜなら既に成長を遂げた選手は、なるべく幼い頃から始めた方が有利だと知らされても為す術がないからである。時間が巻き戻らない以上はどうしようもない。努力を持ってしても超えられない壁を選手に感じさせることは、指導者としてはどうしても回避せねばならない。

 認めるけれど認めない、という態度で「為せば成る」と言い続ける指導者でありたいと思っている。

<10/10/05毎日新聞掲載分>




nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

あっちとこっちで教えること。 [あんなことやこんなこと]

秋学期が始まって2週間が経過した。長らくの夏休みですっかりゆるんだ身体も、この期間でいつものペースを取り戻しつつある。本務校での講義は春学期の焼き直しなので準備にはそれほど時間はかからない。ざっくりと決まっているテーマに、このほど思いついたエピソードを挟むとか、つい最近読んだ本を引用して話を膨らませるとか、そういったメンテナンス的な作業をするだけで、あとは流れのままに話をすればよい(と高を括っている)。

きちんと講義ノートを作り過ぎるとせっかく作ったのだから書かれた内容のすべてを話したい衝動に駆られる。話の筋としてはすっきりとしたものになるのだが、いかんせん学生たちは寝る。ということが実感としてわかってきたものだから、一度作り上げたノートに頼らずに話を展開するようにしている。だがしかし、いつもうまくゆくわけもなく、というよりもほとんどがうまくゆかずに講義がよちよち話になることがしばしばあって、そんなときは講義後に激しい徒労感が襲う。ただ、そのよちよち感こそが学生たちに伝わるのだと、先ほど発売されたばかりの『おせっかい教育論』(140B) には書いてあったので、それを言い訳…じゃなかった頼みの綱にしてよちよち講義を厭わないようにと心掛けている。よちよち講義は、学びの生成プロセスそのものが感じられる講義がいずれできるようなるための、必要な経験なのだと、思い込むようにしている。

ただこの秋から神戸女学院での講義が始まったので、その講義の準備には入念な準備が必要とされる。夏休みにはだいたいのテーマ割はしたのだが、なんせ初めての講義なだけに直前まで考えこんでたりする。学生たちの反応や興味や好奇心の向いてる方向などを加味した上でたえず修正を加えていくつもりなので、これからもそれなりの時間を要するだろう。でもね、なんだかとても楽しいのです。本務校での講義とは違う楽しさがそこにはある。学生たちの気質の差がありありと感じられるから自然と話の切り出し方が変わるわけで、それはすなわち同じ講義内容であってもその内容が微妙に変わる。端的にいうと、今もスポーツに打ち込んでいる学生と、そうではなく逆にスポーツに対して意図的に距離をとっている学生との違い。この違いにもしかすると少しは苦労するかもしれないなと想像していたがなんてことはない。この違いがあるから、より楽しいのだ。

ふと気付いたのだけれど、今現在もスポーツに打ち込んでいる学生たちに対しては、ボクは無意識的に先輩的な立ち位置をとろうとしている。学問的な知見をスポーツ活動の具体的な一場面につなげることで何かしらの気付きを得てほしいなと、そう考えている。でも、どちらかというとスポーツは観るもの、もしくはゆるい環境で伸び伸びと勤しんできた学生たちに対しては、いかにしてスポーツがオモシロいものであるかを語ろうとしている。こうした学生はスポーツというよりも身体を動かすこと自体に何らかの抵抗を感じているケースが多いから、せめて頑ななその部分だけでも軽くして欲しいなと、そう考えている。

前者は前者でやりがいもあるし自らがやってきたことが直接活かされてとても楽しいのだけれど、どこか必要以上に力が入るし、スポーツ選手の心理としてわかりすぎたりもするから場合によっては感情移入してしまう。でも後者は違う。スポーツというものを外側から好奇心を持って見つめてくる学生には、「よっしゃ、あれもこれも教えたろ」という気になるし、ボクにとってはごく当たり前の些細なことであっても驚嘆の声をあげてくれるから嬉しくて仕方がない。これは調子に乗らずにはいられない。

とは言えどちらが楽しいというものではなく、ボク自身が感じ始めている講義そのものの楽しさに奥行きが生まれて、そのことにワクワク感が芽生えているということだと思う。こうした違いが認識できたのも、気質の違う学生に対する講義を持てたからだ。こっちがあって向こうもあるからこそ、自らの置かれている情況をより重層的に把握できるようになった。いつかある先輩先生から「チャンスがあるならばいろいろな大学で教えてみた方がいいよ」とアドバイスを頂いたことがある。あのときの言葉の意味はなるほどこういうことだったのかと、今になって身に染みる。「講義をする・人前で話をする」ということが、これほどまでに創造的な営みで且つ深みのある身体運用が求められるとは、あの頃からすれば思いもよらなかった。慣れてきて度胸がつけば話くらいできるでしょと高を括っていたあの頃がなんとも懐かしく、恥ずかしい。「伝える」ことは本当に難しいことで、それこそ「ああでもない、こうでもない」と全身でもんどりうちながら行うべきものなのだろう。少なくとも今のボクが目指すべきは「全身でもんどりうちながらのよちよち講義」なのだろうと思う。

「伝えたいこと・伝えるべきこと」をじっくりゆっくり煮詰めていくような生活をこれからも心がけよう。それにはオモシロそうなことへのアンテナを絶えず広げておくことだな、うん。



nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。