So-net無料ブログ作成

「準備運動って必要?」身体観測第112回目。 [『身体観測』]

 近所の公園は休日になるとたくさんの子どもたちが集まる。散歩の途中などに立ち止まって遊んでいる様子を眺めたりもするのだが、子どもたちはみな公園に着くや否やすぐに駆け出していく。たとえ冬の寒い日であってもストレッチなどをせずにいきなり跳んだり跳ねたりする。

 その光景を見ていつも考えてしまうのは準備運動の必要性である。準備運動をしなければいけないと私たちは知らず知らずのうちに思い込んでいるが、果たしてそれは本当なのだろうか。

 あれは確か現役時代も晩年だった。コンビニに向かう道すがら横断歩道を渡ろうとしたとき、ちょうど信号が点滅を始めたので慌てて駆け出した。しかし身体は思うように動かず、滑らかに脚を繰り出せない。足首や膝などの関節が油の切れた歯車のようにギシギシと音を立てて軋んでいるのがわかる。ストレッチをせず急に走り始めれば身体が軋むのは仕方がないといつもは意に介さないのだが、このときは違った。横断歩道を渡り終えた瞬間にいわれのない違和感が襲ったのである。

 もしも目の前で道路に飛び出した子どもがいても今の僕では助けられないかもしれない。万引き犯を捕まえることもままならないじゃないか。緊急事態に対応できなさそうな自らに愕然としてしまった。ストレッチをしなければ走れないなんて情けないことはない。ちょうどこの頃は湯船に浸かったりエアロバイクで汗を流したり、準備運動に余念がない時期だった。

 準備運動に頼りすぎればそれなしでは動けない身体になる。やや乱暴な決めつけかもしれないが、あのときの違和感に正直になればどうしてもこう結論づけるしかない。条件付きの限定的な身体を作るのに準備運動が一役買っている。こう断言するには時期尚早かもしれないが、その可能性については常に想像を及ぼしておきたい。

<11/01/25毎日新聞掲載分>

バッティングセンターとムズムズ感。 [身体にまつわるお話]

2010年度秋学期の講義が終わって昼ご飯を食べたらやや脱力気味になったので、「これはいけない、頭よりもとにかく身体を動かそう」と思い立ち、デスク周辺の整理整頓に着手した。切り抜きっぱなしだった新聞のスクラップをファイリングし、積み上がった書類をいるものといらないものに分ける。いらない書類は古新聞といっしょに積み上げ、読むべき論文はまとめて鞄に放り込む。「こんなところにあったのか」とかねてから捜索願が出されていた書類が見つかってホッとしたり、「なかなかええ記事やなあ」と切り抜き放置されてたスクラップをあらためて読み耽ったり。

てな具合にしてひと仕事を終えたところで、コーヒーとドーナツで一服。デスクがすっきりしたことで心機一転したのだろう、ブログでも書くかという気持ちになった。

いきなり話は変わるのだが、そういえば昨日は家から歩いて2分のバッティングセンターに行った。研究日ということで、講義の準備をしたあとはゴルフの打ちっぱなしに行くという予定にしていたのだがなぜだか気が変わり、クラブではなくバットを握って合計175球を打った(何球か空振りしてしまったけれど)。

こんな近所にあるのだからまあ行ってみるかと年末に思い立ち、そこから2,3度足を運んでいたのだけれど、どうやら行くたびにだんだんスイングが鋭くなっているようで、昨日は140km/時の球をあまり速いとは感じなかった。ミートする回数も極端に上がり、引っ張るのはまだ無理にしても「合わせにいっての流し打ち」ができてちょっと興奮した。その瞬間、まだ小学校の頃に友だちと野球をして遊んだ記憶が思い出されて、甘酸っぱい気持ちになった。

「そうそう、こうやって打つんだよな、ボールは」という感覚が全身を駆け巡ったときに、やはりボクはスポーツが好きで、身体を動かしてないとアカンねんなあと改めて自覚した。普段バットを振らない人間がフルスイングしたせいで左親指の第2関節あたりの皮がめくれてしまい、手を洗うたびに水が沁みてズキンとするのだが、痛みよりも妙な充実感を覚えてるところがまさにスポーツバカである。バットの芯でボールを捉えた瞬間の気持ちよさはやっぱり何ものにも代えがたい。麻雀にたとえるならば「カンチャンずっぽし」な感じだろうか。違うか。

野球のバッティングだけに限らず「芯をとらえる」ことで身体が感じる心地よさはどのスポーツでも同じではないかと思う。たとえばボールを蹴るという行為にしたって、きちんと芯をとらえることができれば飛距離も伸びるし、なによりも心地よい。身体が悦んでいるのがわかる。バレーボールのアタックでもそう、バスケットボールのシュートでもボールの芯というか重みを手のひら全体で感じて打てればスーッと決まる(あえて言うまでもなくあくまでもボクの主観なのだけれど)。うまく蹴れたときやうまく打てたときの、身体の内奥で感じる心地よさはどこか共通するものがある。とにかく心地よい。

あのミートした瞬間を思い出すたびにもう一度あの気持ちよさを味わいたいと身体がムズムズしてくる。身体を動かすことがオモシロく感じられるためにはこの「ムズムズ」があってこそなんだよなと思う。あの心地よさ、気持ちよさをもう一度!というムズムズ感。このムズムズ感に突き動かされていたあの頃をとても懐かしく思い、だから今もまたムズムズしてくる。なんだかとてもエエ感じだ。


「やる」か「やらんか」だけなんやろうなあ。 [あんなことやこんなこと]

気がつけば1月も最終週を迎え、あと1週間で秋学期の講義が終わるわけです。早いなあ、ホントに。2月も逃げるでしょ、3月は去るんだったらあっという間に新学期ですね。というのはかなり早とちりですが、時間が経つのは本当に早いものです。

さきほどまでせっせと試験問題を考えていました。共通教育科目なのでそれほど難しい問題にはせず、これだけは知っておいて欲しい内容を掻い摘んで作りました。
前回の講義で話をした「おさらい」を聴いていればほぼ満点をとれるでしょう。今週が終われば春休みに入ります。最後のふんばり、みなさん、がんばってくださいね。

それにしてもボクが大学で講義をし、試験問題を作るようになるとはラグビー選手時代は夢にも思わなかったな。ボクを知る人たちもまさかこんな風になるとは想像していなかったでしょ?隠さなくてもわかるんです。しかししかし人生というものはどこでどのように進むのか本当にわからないもの。ただ楽しそうな出来事にアンテナを張り続けてきて、それに引っかかったところに足を運んで取り組んできただけなのに、なんとなく日々を陽気に過ごせているからなんとも不思議なんですね。ボクって本当に呑気だなあって思います。

とは言っても何も決めずに生きていけるわけがなくて、厳密に言えば人生の分岐点ではおそらく何らかの決断を下しているはずなのです(そう思いたいだけなのかもしれないが)。だけど今となってはよく覚えていない。それがホントに正直なところです。流れに抗うような断固として決定を下したわけではないが、「やるかやらないか」の決断くらいは下したっていうことでしょうか。でもよく覚えていないのだからあくまでも想像ということですね。

そんなこんなで大学教員も3年目が終わろうとしています。研究者としては5年ほどが経とうとしています。まだ3年だし、まだ5年です。言ってみればひよっこです。専門書も論文も、もっともっと読まないといけないし、書かないといけないことは百も承知だけれど、ひとまず身体を動かし始めることにしました。これまでにも「動かしたくなった」だの「動かし始めた」だのプチ決意はしてきたけれど、今回ばかりは本気です。主な理由は、幼いころから身体を動かし続けてきたボクがほとんど運動をしないで過ごしている現在の生活に、ちょっとした不自然さを覚えたからです。自慢するわけではありませんが基本的に球技なら何でもできます(自慢ですね・笑)。種目を問わずボールを持ったときの悦びは何ものに代え難く、あの身体が悦ぶ感じをちょっと追い求めてみようと思います。

現役晩年に行っていたあれこれを思い出してちょっと動いてみます。どんなことをしたか、どんな体感を得たのかをレポートをすればこのブログの更新頻度も上がるだろうし、そうなれば一石二鳥でなおよしですしね。では今日のところはこのへんで失礼。


「引き分けという結末」身体観測第111回目。 [『身体観測』]

 早いもので現役を退いてから4度目の正月を迎えた。正月の楽しみはラグビー観戦と決まっており、高校、大学、トップリーグと今年もたくさんの試合に心を踊らせた。大学選手権は帝京大学が尻上がりに調子を上げ、決勝で早稲田大学を破って2連覇を達成。対抗戦4位からの躍進には驚きを隠せなかった。トップリーグはこれからが正念場。東芝、三洋電機、トヨタ自動車、サントリーのトップ4が優勝をかけて競い合う。例年になく実力が伯仲しているだけにどこが勝ってもおかしくない。熱き戦いに注目だ。

 ひたむきな姿に心打たれる高校ラグビーは毎年面白い試合が繰り広げられる。今年も例外なく目を奪われる試合が多かった。準々決勝は、東海大仰星が試合終了間際に決まれば逆転となるPGを外して桐蔭学園に敗退するという劇的な幕切れ。キックを外した責任から号泣する仲間の肩を抱き、オマエは悪くないんだと励ましながら自らも号泣する選手の姿に思わず目頭が熱くなる。真剣に取り組むからこそ仲間に優しくなれるし熱くもなれる。

 決勝戦はまれに見る好ゲームだった。2連覇を目指す東福岡と初優勝を狙う桐蔭学園との試合。序盤は展開力に優る桐蔭学園が有利に試合を進め、後半の始めまでに大量21点のリードを奪う。桐蔭がこのまま逃げ切るかと思われたのも束の間、前年度優勝校は徐々に実力を発揮しはじめる。

 東福岡は強みであるFWを全面に押し出し、徹底的に局地戦を仕掛け続けた。機動力はあるがやや軽量な桐蔭FWはわずかずつ後退を余儀なくされ、執拗な肉弾戦に体力が奪われていく。じわりじわりと攻め続けた東福岡はやがて3本のトライを奪って同点に追いつく。そして試合が終了。両校優勝となった。

 引き分けという結末が相応しいほどに素晴らしい試合だったように思う。今年の花園もまた面白かった。

<11/01/11毎日新聞掲載分>

名言の独り歩き、「がんばり方の科学」第2回目。 [あんなことやこんなこと]

明日は本学でセンター試験が行われる。天気予報によれば神戸は雪。ここ北区の鈴蘭台は確実に雪になりそうなので、道路の凍結を考慮し、車はやめて電車にしょうと決意を固めたところ。早起きしなくちゃいけないから今夜の久しぶりに会う友だちとの食事会は早めに切り上げることにしよう(ってできるかな?)

今日のツイッターではストンと腑に落ちるつぶやきに出会うことができた。胃の奥の方がほんわか温かくなるやいなやすぐにお気に入りに登録するほどの内容だったので、ここで紹介しておくことにする。ボクが敬愛する井上雄彦さんのつぶやきでした。

<ここから引用>
名言といわれる言葉の多くは独り歩きしていて、あくまで都合よく活用するために抜き出された一部分であることを忘れないようにしたい。それが映しているのはそれを活用する人の真実であって、言った人のそれを映しているとは限らない。
<引用ここまで>

ニーチェをはじめとした先賢の言葉が軽々しく口にされている昨今にどこか違和感を覚えていたのだけれど、その正体がこの井上さんの言葉をきっかけに意識化できた。とくにツイッターはこうした先賢の言葉を切り取って流通されやすいメディアで、まさに「都合よく活用するために抜き出され」ている。それに踊らされないようにするためには、井上さんのこの言葉を胸に刻み込むことが必要だなと思う。言葉を支える身体性については、いつも想像力を働かせておきたいと思う。

さてと、今からは明日のセンター試験のために監督要領を読むという仕事が残っているので、今日のブログはこのあたりで切り上げることにするが、最後に告知をひとつ。ミズノが発行している広報誌「アスリーツ・ロード」でのコラム連載です。

『ATHLETE‘S ROAD』
http://www.mizuno.co.jp/a_r/index.html
「スポーツコラム:がんばり方の科学~第2回“練習は、苦しくて、楽しいもの”」
http://www.mizuno.co.jp/a_r/series/2010/12/coach2.html




「負けず嫌いな性格」身体観測第110回目。 [『身体観測』]

 今は「負けの美学」についてあれこれ考えている僕でも、その昔は大の負けず嫌いであった。小学生のころは、家事に勤しむ母に頼み込み1度限りの条件で許された将棋も負ければ泣きながら「もう1回」と駄々をこねる始末だったというし、親戚とのトランプでも負ければ露骨に悔しそうな顔を浮かべ、勝つまでやめようとはしなかったのだと言う。負けるのが嫌でもそこまで往生際が悪かったとは知らなかった。


 それがいつからか競争することが億劫になった。優劣をはっきりさせることにどれだけの意味があるのか。そんな考えが漠然と胸中に去来したのは大学生になってからである。今だから言えるが、当時は試合を終えた夜にみんなで集まって酒を飲むことが恒例になっていた。その日の試合のある場面を巡って意見を戦わせたり、先輩と後輩が普段はできない話に花を咲かせたり、ときにはとことん朝まで語り合うことだってあった。

 そのすべてを覚えているわけではないが、わずかに残る記憶を辿れば話題の中心は勝ち負けではなかったと思う。勝った日は楽観的に語り、負けた日はやや深刻に、その日の試合を総括する。悔しさが滲み出ることはあっても露骨に出さないあの心地よさが、負けず嫌いな性格を解してくれたのかもしれない。

 将棋は最後まで勝敗を決することをよしとしない。ほぼ勝敗が決したタイミングで負けを認めて「投了」となる。なぜ最後まで指さずに負けを認めるのか、幼き頃はその精神を理解できなかったが、今となれば少しわかる気がする。勝敗よりも勝負が決した瞬間を共有することに重きを置いたのだ。おそらくは勝者と敗者を分かつのではなくつなげるために。勝負が生み出す悔恨や傲慢を中和するために。

 負けず嫌いな性格は生まれつきであっても勝負意識は熟成されていく。たぶんそういうことだ。

<10/12/28毎日新聞掲載分>


引き分け、感動物語、使い捨て。 [スポーツあれこれ]

連休が明けて本格的に2011年が始まった。まだ身体がピリッとしないのは正月気分が抜けていないからかもしれないけれど、だとすればなんてボクは怠惰なのだろうとつくづくいやになる。年が明けてからもう10日が経過している。にもかかわらずあれこれに対する集中力に欠けるのはいかがなものか。もしかすると高校、大学、トップリーグと各カテゴリーでのラグビーの試合を見過ぎてそのおもしろさの中に未だ溺れているだけなのかもしれない。

いや、たぶんただの休みボケだな、うん。
というわけでラグビーの事について今日は少々書いておくことにします。

まずは高校ラグビー。東福岡と桐蔭学園との決勝戦は手に汗を握る展開を見せるも引き分けで両校優勝という劇的な幕引き。決着をつけさせてあげたかった気持ちも無きにしも非ずだが、あれだけのハイパフォーマンスをしながらも優劣がつかずに引き分けたことは確実に選手たちの今後によい影響をもたらすだろうと思う。パフォーマンスが記号的な意味に矮小化されることもないし、手持ちの価値観では片付かない想いを抱え続けることは精神的な成長にもつながっていくことだろう。少なくとも両校フィフティーンはこの試合のことをずっと語り続けるはず。「あんときこうしてれば…」という後悔は無限に抽出できる。それについて語り合う時の楽しさを想像すれば、なんとうらやましいことか。

なのでせっかく引き分けたのだからわざわざ優劣を決めることもないだろうというのが僕の意見である。両校の選手たちにはとにかくいい試合をありがとうと言っておきたい。

大学ラグビーは見るには見たがどうもあまり気乗りがせず。帝京大vs東海大の試合は見たけれど、なぜだかおもしろ味に欠けた。その理由はなんとなくわかっているようでわかっていないようで、よくわからない(結局のところよくわからない)。迫力のある試合だったことは認めるけれど、肝心なところにまで響いてこない印象を受けたのであった。だから述べずにおく。

トップリーグはホームズスタジアムで行われた神戸製鋼コベルコスティーラーズの試合を見た。年末25日と一昨日の9日の試合。今シーズンが始まる時に今年の楽しみの一つとして、かつてのチームメイトである大畑大介の現役最後の年をじっくり見守ることを挙げた。テレビだけれどシーズン序盤から中盤にかけての試合はほぼ見た。満身創痍の身体ながらも一瞬のスピードや加速に関してはいまだ輝きを放っている様子に、わずかな嫉妬心を抱きながらもその身体能力の高さには純粋に感動を覚えていた。やっぱりすごい。しかしながら最後の最後であのような悲劇を目の当たりにすることになろうとは夢にも思わなかった。タンカに乗せられて退場してゆく姿を見つめながら、なんとも言いようのない物悲しさが胸中に渦巻いていた。

アスリートに期待されるものとは一体なんなのだろうと考えてしまう。それは自らの拙い経験を顧みつつ、彼の胸中を察しようとする試みでもあるのだが、自らの限界に挑戦するその姿に人は感動するというけれど身体が壊れるまでがんばり続けることをひとつの美談としてこれほどまで大々的に語り継いでよいものだろうか。テレビで高校ラグビーの試合を見ていても、ケガを押して出場している選手を精神的に強い選手だと賞賛するコメントをしばしば耳にする。でもこれって明らかにおかしい話だと思う。強行出場という決断を下す選手を指して精神的に強いとは一概には言えないだろう。むしろこのケガではチームに迷惑がかかるから敢えて出場を辞退するという決断を下す方が、精神的な負荷は明らかに大きい。高校ラグビーでは負ければ引退となる以上、最後まで仲間と一緒にプレーしたいと100人いれば100人がそう思うだろう。最後の舞台になるかもしれない場所から自らの意志で身を引くことは、高校生にとっては至難の決断である。でもその強さについてはコメントされない。歯を食いしばって頑張る姿しかコメントされない。

少し話が逸れたから元に戻す。
アスリートに期待されるものについて考えているのだった。

ボクはやはり「無事是名馬」がアスリートに求められているものだと思う。誤解を恐れずに言ってしまえば、ケガを押して出場し続ける姿に人は手放しで感動などしない。するはずがない。痛々しい姿を見れば誰だって無理をせずに休んで欲しいと願うだろうからだ。ひたむきにがんばる姿に応援しょうという気持ちにはなっても、本当の意味で心を動かされたりはしない。本当のファンならば、傷だらけの身体に鞭打つ姿を見たいなんて望まない。

メディアが作りだした感動物語に乗せられて「応援」が「感動」に置き換えられてしまっている。そんな風にボクは感じる。感動とか奇跡とか、仰々しい言葉の多用はもうやめにして欲しいと思う。

ボク自身もケガで現役を退いた。後遺症だって残っている。それを恨めしいと思ったことは一度もないが、ただボク自身の競技への取り組みがいかなるものであったのかについては時間を掛けて把握しておきたいと思っている。それがスポーツ科学万能主義に批判的な眼差しを投げかけることでもあり、身体論について考えることでもある。そうして考え続けて出した答えだけが、後に続く者に伝えるべき言葉だろうと思っている。まだまだその言葉を持ちえているとは言い難いが、それでも今の時点で言い切れることがひとつある。それは「アスリートは使い捨てではない」ということだ。




新年の挨拶と『チェーザレ』の感想。 [あんなことやこんなこと]

みなさま、あけましておめでとうございます。食っちゃ飲んでダラダラ過ごしていたらあっという間に年が明けて、さらに食っちゃ飲んでしてたらあっという間に仕事が始まりました。今日は朝から研究室で明日からの講義の準備に勤しんでおりました。まだまだ正月気分が抜けきっておらずに身体がボーっとしてたりしますが、やらなきゃならんことはやらなきゃならんということで、少しずつ気持ちを引き締めていこうと思っとります。

それにしてもここ最近はあまり読書熱が上がらず、活字を読めども読めどもその内容が頭の中にとどまってはくれない。こんな調子ではいけない、しっかりと読んでもっと勉強しなければと、半ば無理やり読んだりもしてたし、読書熱が上がり切っていないにもかかわらず見切り発車的に「上がってきた」などと自らを鼓舞するつもりでブログに書いたりツイッターでつぶやいたりもしてたけど、せっかく読んだことがスルスルと身体のどこかにある隙間から抜けていくような、そんな感じがどうにも拭えなくて困っている。ちょっと焦ってもいる。漫画ではあるけれど『チェーザレ』もそんな感じの中で読んだものだから、受けた感動を表現することがどうにも困難に感じる。うーん、なんだろう。でもまあとにかく書いてみるとするか。

確かに『チェーザレ』はとてもとてもおもしろかった。世界史に疎いボクでも古代ローマ帝国からルネッサンスまでの大まかな流れが理解できたし、キリスト教がもたらしたものが今日の私たちの社会にどれほどの影響を与えているのかについての想像をかきたてられもした。どの時代においても人間がぶつかる壁は似たようなものだなと、煩悩や欲望から逃れられはしないのだなと、普段ボクが考え続けている課題と重ね合わせて安堵感が得られたりもした。権力を求め、権力に群がる人たちはいつの時代にも存在している。そして、その裏側には自分のいる「世界」に和平をもたらすために尽力している人たちが存在しているのだ。

歴史的な理解が深まったのとは別にもう一つ考えさせられたのは、人間にとって宗教とは何かということ。宗教というよりも信仰ということなのだが、これまで邪教として退けてきたキリスト教が正教になったことを当時の人たちはどのように受け入れたのであろうか。これまで信じていた神を棄てて新しい神を受け入れるってことがそう簡単にできるとは、ボクには到底思えないのだ。だから、始めからそこまで信仰心が篤くなかったか、それとも表面上は信仰心を表しているだけかのどちらかだと訝ってみたくもなる。それか宗教そのものが当時の市民にとってそれほど絶対的なものではなかったか。いやそんなことがあるはずもないか。いずれにしても『チェーザレ』を読んでいると、少なくとも当時は宗教は立身出世のために利用される側面を持っていたことは確かと言えそうだ(うん?現在もそういった部分は残されている、か)。

なんて新年早々に小難しく考えるのはまあこのへんにしておこう。でも気がついたことはすぐにこうして書いていった方がいいよなあと改めて思った(とこれまでにも書いてきたことだけれど)。こうして書き進めていけば、さっきの「読めども読めどもその内容が頭の中にはとどまってくれない」という実感は薄れていき、「なんだ、結構、オレって憶えてるやんか!」と思えるから誠に不思議である。どこから出てくるのかはわからないが、とにかく言葉が湧いてくることにわずかながらの実感が得られる。うれしい限りだ。

というわけで、今年もまたカリカリと書いていきたいと思います。
どうぞ2011年もよろしくお頼もうします。




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。