So-net無料ブログ作成
検索選択

「相撲は神事」身体観測第113回目。 [『身体観測』]

 大相撲の八百長問題が世間を騒がせている。携帯電話でのメールのやり取りから八百長が発覚し、事態を重くみた日本相撲協会は大阪での春場所を中止する決断を下した。さらには年内に予定されていた全巡業も取りやめ、本場所の無期限中止という前代未聞の事態にまで発展している。日本の国技である大相撲は今後どうなってしまうのだろうか。

 一連の報道をテレビ新聞でよく目にするが、その度にやるせなくなる。相撲界に対してこれみよがしに断罪する評論家やコメンテーターや専門家の語り口があまりにも鋭利すぎるからだ。まさに弱い者いじめである。誤解しないで欲しいが、決して八百長を認めるわけではない。認めるわけではないが、そこまで追い込まなくてもよいと思う。真剣勝負だと信じていたファンを裏切り、国技としての権威を貶めたのかもしれないにしても、みんなで寄って集って袋だたきにする構図は見ていて心苦しいものがある。

 八百長問題が発覚したとき、僕はほとんど驚かなかった。相撲に八百長があることくらい薄々感づいていたから「やっぱりそうだったのか」と思っただけだった。だから、あたかもまったく知らなかったような口調で正論を語る人たちをどこか信じられないでいる。もし本当に知らなかったとしたらそれはあまりにナイーブすぎるだろう。取組のすべてが八百長ではないことくらい一目瞭然だし、今さら目くじら立ててどうしようというのか。

 あくまでも相撲はスポーツではなく神事である。これを忘れてはいけない。五穀豊穣を祈念する神事として江戸時代から続いてきた相撲に、明治期に初めて日本へ流入した近代スポーツの論理をそのまま宛がうのは筋違いだろう。勝ち負けとは別の論理で八百長問題を考えてみれば、これほどまでに騒ぎ立てる必要があるのかどうか。甚だ疑問である。

<11/02/08毎日新聞掲載分>


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スキー指導から学ぶ、またもや言葉と感覚のお話。 [スポーツあれこれ]

おっとびっくり2月はまだ2回目の更新である。先週いっぱいスキー実習で菅平に籠っていたとはいえ、あまりに放置し過ぎである。気持ちの上ではスキー実習をもって2010年度の終わりとしていたので、これからは気持ちを切り替えて書いていこうと思う。

ひとまずは備忘録としてここんところの我が生活を振り返りながら書いていきたい。

大きなイベントとしてはやはりスキー実習のことを書かざるを得ない。本学のスキー実習に参加するのは今年で3回目となる。本学に赴任した当初はスキーをする習慣などなく、だから技術はまだまだ未熟であり、1年目、2年目は班を持たずに補助的な役割を仰せつかった。スキー指導に長けた先生のもとで学生たちとともに指導を受けつつ、転倒した学生を助けるという仕事をしながら主に指導方法を学ぶといったここ2年だった。

だが3年目ともなればそういうわけにはいかない。「そろそろ独立しなさい」という無言のプレッシャーを感じ取ったボクは覚悟を決めて、単独で班を担当することになったのである。スキーヤーとしてはてんで未熟者のボクが教えていいものだろうか。この不安は今もまだ消えてはいないが、それはここだけの話にとどめておいてもらえれば有り難い。学生たちはこのことを知らない(こうして書けばわかってしまうのだけれど)。

頭の中でシミュレーションしつつ指導内容を温めて現地に乗り込んだわけだが、思いのほかスムースに講習を進めることができたのではないかという手応えがある。だからこうして書いているわけだけど、この手応えというのは上手く教えることができたというものではなく、運動指導における本質的なものに触れることができたことへの手応えである。学生たちにスキーを教えようとしてあーでもないこーでもないと考えつつ実践しているうちに、やはり運動を指導するっていうのはこういうことなんだなと、納得してしまったのである。なんともややこしてくすまないがそういうことである。ちょっとそのあたりを書いてみたい。

スキー技術に劣るボクは通り一辺倒の、言わばマニュアル的な指導方法しか知らない。それをそのまま学生たちに伝えようとすれば、自分自身の体感が乗っかっていない言葉だけの説明に終始してしまう。指導マニュアル通りの指導は内容を丸暗記すればそれなりに格好がつくような講習ができる。おそらく指導者自身の満足感も高いのだろう。

でもね、スポーツをする、運動をするってそういうことじゃない。学生からすればとにかくこけずに滑れるようになりたいはずだ。うまくターンできた時の気持ちよさや、やや急な斜面を颯爽と滑り降りる快感を得たい。つまりは楽しく滑れるようになることがなにを差し置いても優先される。楽しく滑る。これに尽きる。

将来的に指導者として子どもたちの前に立つ学生は楽しむことよりも指導方法をきちんと学ぶことが必要だという考え方もある。その通りだと思う。自らの技術を向上させることと、きちんと指導方法を学ぶことを並列的に考えるのは必要なことだ。でもね、スキーの楽しさを知らない指導者にいったい何を教えることができるのだろうと想像してみれば、やはりまずは本人がそのスポーツを楽しんでおくことが大切だろう。「スムースにターンできた時のふわっとした気持ちよさ」を知らない指導者が、テクニカルな単語を並び立てて説明したところで聞いてる方はげんなりしてしまうのではないだろうか。

少なくともボクがそうなのだ。ハの字を作れだの、板は回さずに寄せるだの、次々と矢継ぎ早に指導されても困惑してしまう。言いたいことはわかる。指導内容は理解できる。だから理解した内容を自分なりに体感したいからしばらく滑らせて欲しいと思っても、しばらくしたらまた次の技術の指導が始まる。また矢継ぎ早に指導される。ひとつ前の技術の習得もままならないままに指導されてもようわからんし、いや正確には「わかる」んだけど「できない」状態が続いて苛立つのである。挙句の果てには「まだまだできていない」と滑りをチェックされたりするものだから、「試行錯誤するためにもっと滑らせてや」とつい言い返したくもなる。

楽しいからもっと上手くなりたいと思う。もっと格好よく滑りたいと願うから技術を習得しようと思う。スポーツって何のためにするかと言えばおもしろいからするのである。ここんところをすっ飛ばした指導はいかなるスポーツにおいても空回りする。そう思う。

要はあれこれ工夫する時間を大切にするということ。先回りしない。指導し過ぎない。最低限の安全性を確保しつつ指導を行う。その際にスキーの場合は恐怖心との葛藤が技術習得に大きな影響を及ぼすから、フィジカル的な上達に心理的な要素が絡みついてくる。技術的にはこれくらいの斜度なら滑り降りることができるとアドバイスしたところで、本人が小さくない恐怖心を抱え込んでいるなら滑り降りることはできない。本人の性格やこれまでの経験からどうしても足がすくむならば、まずはその恐怖心を取り除いてあげないことには前には進まない。

てなことをあれこれ考えつつ指導に取り組んだつもりだが、どこまでできたかどうかはよくわからない。もしかすると「平尾先生の言うてること、ようわからん」という学生もいるかもしれないけれど、そのあたりはどうぞご勘弁を。スキーが楽しいスポーツであることさえ実感してくれたならボクは満足なのです。というよりそれ以外にボクが伝えられることはありません。

スキー実習を通じて学んだこと、気づいたことはボクにとってとても大きかった。言葉と感覚の関係性については、これまで考えていた内容を再確認するには十分過ぎるほどで、つまりボクたちスポーツを行うものは感覚をつかむために言葉を手繰り寄せているということ。「スーッ」とターンするために指導者は様々なメニューを提示し、言葉巧みに説明をする。なにもその指導者が指示したやり方でなくても、何かの拍子で「スーッ」という感じをつかんでしまうことがあるわけで、それがコツをつかむってことだ。「スーッ」という感じ(=感覚)を学生たちがつかめるように言葉を駆使する。たとえ話が最たるもので、よりバラエティに富んだたとえ話を持っていれば、ある感覚に到達する道筋がたくさんあるということ。その意味ではたとえ話の豊富さがそのまま指導力の高さとなる。練習メニューもその一つだろう。

言葉と感覚。この二つの関係性についてボクは引退してからずーっと考え続けていたのだなと、改めて実感することができたのであった。そしてこれからもおそらくはずっと考え続けていくのだろうという予感とともに、自らの過去を振り返れば両者の相克のもとにここまでやってこれたのだと感じている。備忘録と言いつつスキー実習一色なブログになってしまったが、これ以外のことはまた明日以降に書くことにしよう。長期休み明けなので今日のところはこのへんで失礼。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

身体をモニターするってこと。 [身体にまつわるお話]

一通り成績をつけ終えてホッと一息ついています。今期からWEB上で成績を提出することになったので、出席と点数をせっせとパソコンに打ち込んでいたのでした。出席率とか一目でわかるし確かに便利になったはずなんだけれど、どこか味気ない感じがついて回るのは否めません。ボクという人間はとことんアナログなんでしょうね。便利になり過ぎることに不安を感じるボクは、電子化の流れに対してはたぶんこれからもずっとブツブツ言い続けるでしょう。講義でもパワーポイントは使わないって決めてるのは、生身の人間からしか伝えられないことってあるよね、それをちょっと大事にしてみようやないかと思い立ってのこと。話し方も講義内容も拙いのは百も承知だけれど、それでも挑戦し続けないことにはできないわけですよね。話をすることを鍛練する。ラグビーと一緒です。だから「使えない」のではなくて「使わない」のです。そこんところ、お見知りおきいただければ幸いかと存じます(って誰への言い訳をしてるんやろか)。

前回の身体観測では準備運動の必要性について書いてみた。現役時代のあるときにコンビニへと向かう道すがら、点滅を始めた信号を渡ろうとして走り出したときのぎこちなさと、渡り終えてからの妙な違和感からちょっと考察してみたわけだが、意外にもたくさんの人たちからの反響があってびっくりした。かつてのチームメイトからメールがあって「僕もそう思ってた」という感想をもらい、こんな身近にも感じていたヤツがいたのかとさらに驚いた。

日本では体育の授業の中で準備運動の必要性が説かれており、何の疑いもなく必要なものだと思い込んでいる人がほとんどの中で、その必要性を疑うことはなかなか困難だろうと思う。でも、ちょっとだけ頭を使って考えてみればその必要性を疑うことは、そんなにも難しくないことに思い当たるはずなのだ。

スポーツをするにしろしないにしろ、人間としての理想の身体とは「周囲からの刺激に対して瞬時に動ける身体」である。通りすがりにいきなりナイフで切りかかってきたときに、「ちょっと待って、ストレッチするから」とは言えない。当たり前ですね。その理想の身体を目指すにはいついかなるときにもすぐに動けるような「準備」を整えておかなければならない。でもこの「準備」は準備運動をすることではなく、「特別な準備をせずとも動ける身体にしておく」ということになる。だから、ちょっとややこしいのだけれど“準備をしないこと”が「準備」なのだ。つまり、準備運動に頼らないようにすることが、意識の置きどころとなる。

このロジックはわかっていただけるかと思う。

だからボクは受け持つ実技『ラグビー』では準備体操をしない。敢えてしないでおいて、「あと10分後に試合を始める」とだけ伝え、その様子を眺めている。すると学生たちは当然のことながらきちんと準備体操をしたりはしない。数人でパスを始めたり、来たる試合に向けてサインプレーを試したりしている。中には、ポケットに手を突っ込んだまま何もしようとしない学生もいるが、そういった学生にはボールをパスしたりして「とにかく動けよー」と発破をかける。決してストレッチを促したりはしない。たとえば寒さで身体が固まりこわばっていたとすれば、そのこわばりを自覚して動ける範囲で動けばよいし、徐々に身体が温まってきたなと思えばギアチェンジをして走るペースを上げればよい。ふくらはぎに違和感を覚えるのであればアキレス腱を伸ばすあのストレッチを自らの意志ですればよい。

つまり、自分の身体がどういった状態なのかをモニターすればいいのである。動けそうならその程度に応じて動けばいいし、まだ動けなさそうならばそろりと動き出せばよい。そうして自分の身体をモニターする習慣をつける方が、準備運動でインスタントに動ける身体にするよりもよほど教育的な効果があると思われる。今やストレッチの種類もたくさんあって、それを裏付ける科学的なデータも豊富にあるわけだから、頭は簡単に思い込んでしまいがち。でもそれは違う。確固たる科学的なデータに頼るってことは、ある意味においては思考停止ともいえる。生ものである身体を、その本質を損なうことなく実践につなげるためには確固たる根拠がないまま常に揺らぎ続けることが求められる。ある日はこれでうまくいったからといって、次の日に同じように行ってもうまくいかないことなんてざらにある。あーでもないこーでもないと手探りし続けない限り身体の本質はつかめないのだ。

あーでもないこーでもないと手探りすること、自分の身体をモニターすること。それはつまり、トレーナーコーチからのアドバイスはあくまでもアドバイスにとどめておいて、自らの身体が発するノイズを受け取るべく感覚を研ぎ澄ますということです。そのノイズをシグナルに読み替える能力こそが大切なのに、準備運動はその能力を涵養する機会を奪ってしまう可能性が大いにある。ようは準備運動とのつき合い方が大切なのですね。準備運動は絶対的に必要であり、それをしないとうまくパフォーマンスできない、下手すればケガをしてしまう。こういう思い込みは、身体能力そのものを損なってしまうということです。

だからといって全くしないでいいわけではありません。当然です。身体をモニターしながら違和感を覚えた部位をほぐすべく自らの意志でストレッチをするというのは必要です。それこそが「身体をモニターする」ってことですから。人間というものは、本来は無茶な動きをしないようにできている。これ以上動けばケガをするなと感じれば無意識的にブレーキがかかるようにできているとボクは思います。だから身体の潜在能力が発揮されるような環境にいれば準備運動などいらない。のびのびとプレーできる環境ならば本当にいらないと思う。でもそうじゃない環境がある。追い込み型指導で怒鳴り散らされながらのスポーツ環境ではそうはいかない。走らないと怒鳴られる、場合によっては暴力をふるわれる。そうなれば頭が身体の制御を振り切って限界を超えさせる。だからケガをしてしまう。こう考えると、構造的には準備体操は追い込み型指導とセットかもしれません。

なんだか走り書きでここまで書いちゃいましたが、つまりボクは準備運動をそれほど重要視していないし、どちらかといえば身体にはあまりよくないと考えているということです。もちろんこれはボク自身が自らの身体をモニターした結果ですから、違う考えの方ももちろんおられるでしょうが、ボクの身体には紛れもない実感として刻まれていることだけは念を押しておきたいと思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。