So-net無料ブログ作成

「身体で聴く」身体観測第118回目。 [『身体観測』]

 いい音で音楽を聴くことがとびきり好きな先輩がいる。ある時、厚かましくもその先輩の家に邪魔してボサノヴァを聴かせてもらった。耳の奥ではなく胸のあたりで音が鳴っているような奇妙な感覚が新鮮で、とても不思議だった。同じ曲でも音が違えばこれほどまでに印象が変わるのかという驚きを今でも鮮明に覚えている。iPodや市販のコンポの延長上にはない完全に未知なる音は、僕を興奮させるには十分であった。

 つい先日その先輩に誘われ、音好きな仲間たちとともにいい音を聴かせるとあるバーで飲むことになった。席についてまもなく、誠に奇妙な感覚がこの身を襲う。どこで音が鳴っているのかがよくわからず、音の直中に身を置いているような感じ。音が全身を駆けめぐり指先にまで行き渡ってジンジンしているような感じ。自らの話し声が邪魔に感じられるほど静寂を求める感じ。とにかくふわふわして心地よいのである。

 正直なところ、いい音がこれほどまでに身体を貫くものだとは思わなかった。音というものは耳で聴くものだと高を括っていたがそうではなかった。身体全体で感じるものなのだ。その振るえや響きを細胞レベルで聴き取らなければ本当の音色というのは味わえない。たとえば料理は、彩り豊かな盛りつけ、立ち上る湯気や香り、素材の食感など、味覚だけではなく五感のすべてを使って味わい尽くさなければ本当のおいしさはわからない。音楽もそれと同じで、耳だけでなく身体全体を澄ますことでしか本物のよさには出会えない。

 目で見る、耳で聴く、鼻で嗅ぐ、口で味わう、手で触れる。五感を明確に識別して把握することは物事を思考する上ではとても便利だ。だが、まさに感性が働く生の現場において感覚なるものはいかなる識別をも馴染まない。ただ感じるしかなく、ただ感じるだけでいいのだと思う。

<11/04/19毎日新聞掲載分>



nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ついこの前だったはずのあの頃と、今。 [あんなことやこんなこと]

あっという間に4月も終わり。今週を乗り切ればGWに突入。時間が経つのは早いものである。

という書き始めが常套化しつつあることは少し気にかけているが、たまにしか更新していないのだからこれが正直な気持ちで現実であるから致し方ない(ということにしといてください)。時間というものはホントにあっという間に過ぎ去ってゆく。いや、正確には「あっという間に過ぎ去ってしまう」という実感がそう思わせているだけで、時間はいつも通りゆっくりと流れているにすぎない。日常的なあれこれに急かされて、または急かされたふりをしなければ立ちゆかない状況がこう思わせるのに一役買っているんでしょう。

と、今回はなんともややこしい言い訳ですみません。

さてと、ボク自身のことも含めてまわりではめでたいことが続いていて浮かれ気分の日々である。内田先生の伊丹十三賞受賞を筆頭に、私的な事を挙げればきりがないくらいにめでたいこと続きで、なかなか刺激的な日々の連続に目が回りそう。だがしかしそれは当然のように、楽しくも明るい日々である。

ボクにとっては人生のパートナーと一緒に新しく生活を始めたことが何より大きな変化である。つい1カ月前を振り返ると、なんとも目まぐるしい変化のただ中を生きていたのだなと実感せざるを得ないけれど、つい1か月前のことがはるか過去の出来事のように思えるのはとても不思議だ。「そんな~時代も~あーったねと♪」と、今なら中島みゆきのあの歌を跳びきりの実感を込めて歌えそうな心境である。あの家で独りであんな生活をしていたんだなあと、あの頃がまるで他人事のように感じられる。ここでもまた時間の流れが感じられてしみじみとなる。

あらためて言うまでもなく、当たり前に当たり前なことだけれど、結婚生活は「ひとりがふたりになる」とかそんな単純な足し算ではなく、こいつと2人で生きていくという意志のもとに営まれる生活であって、まだ歩み始めて間もない今でもそこには十分な手ごたえを感じている。その正体はなんだかよくわからないけれど身体の内奥には漲るものがあって、これまでとは違った身体感覚をこの身に感じている。

そのよくわからないけれどなんだか温かなものを抱えながらこれから生きていくのかと思うと、なんだかものすごく前向きになれる。過去のどこかに置き忘れてきた自信を取り戻しつつある気配を感じたり、なんの根拠もなく意欲が湧いてきたり。「腹が据わった」という表現は少し定型的で、それでいて格好つけ過ぎかもしれないけれど、そんな感じがしている。うーん、なんだかよくわかりませんよね、この書き方では。でもこんな心境なのです。

まだまだ至らないところが多々あって、パートナーにはもちろん、周りの皆さんにも心配や迷惑をかけ通しなのは百も承知しているけれど、なんとかやっていきたいと思っとります。どうぞよろしゅうに(ってまた挨拶になってしまった)。



nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スポーツデザインのご紹介。 [あんなことやこんなこと]

先週末は行きつけの鮨屋【すし半】に始まり、SCIX時代の先輩方とのガハハな飲み会、それから全員が「せんせい」なる立場に立つ(もしくは立ったことのある)友人たちとほっぺが落ちまくりのフレンチ&ええ音にしびれまくりの会を経て、最後の日曜日は嫁の実家でしだれ桜を見ながらの宴会という酒まみれの恍惚な日々を過ごしました。おかげで「しばらくビールはいらん」状態になってますけど、胸のあたりはじーんと温かくて、さあていろんなことを頑張るかという前向きな気持ちになっています。気持ちよく会話する事の大切さが身に沁みたというか、言葉には想像以上に大きななにかが宿っているんだなあと、振り返って感じます。

てなわけで今日は自宅で仕事。明るくなる前にベッドから這いずり出て身体観測の原稿を書き上げ、朝食のあとは講義の準備に勤しんでおりました。それから『「普通がいい」という病』 (泉谷閑示、講談社現代新書)をせっせと読み、今に至るというわけです。ものごとを根源的に掘り下げようとする著者の姿勢がとても心地よく、なるほどなあと唸るところがあちこちにある本です。けれども手放しに礼賛できないところもあって、ここまでわかりやすく言い換えてしまっていいのかという思いがなきにしもあらず。簡略化せずに複雑なままの状態で理解しなければならないことって世の中にはあって、この観点からみればちょっとどうかなあという疑問が拭えない。でもオモシロいからそれでいいのだろうなとも思う。ちょっと穿った見方をしてるのかもしれないけど、そんな感想です。

さてと今夜は動感感覚研究会。今から堺まで行かなきゃならないのでこのあたりで筆を置くことにするけれど、最後に友人のサイトを紹介しておきたいと思います。現役時代はNECでプレーし、昨季まで同志社大学でBKコーチを務めていた向山昌利がスポーツ留学を支援する仕事をしてます。詳しいことは以下のサイトまで。大学時代は彼がキャプテン、ボクが副キャプテンを務めておりました。

是非ともご贔屓に。

スポーツデザイン→http://www.sportsdesign.jp/index.html
向山昌利ブログ→http://www.sportsdesign.jp/blog/

それでは行ってきます。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「スポーツが果たす役割」身体観測第117回目。 [『身体観測』]

 東日本大震災から3週間が経過した。画面を通して伝えられる復興の様子に少しずつ心も落ち着いてくる。避難所で過ごす方々の笑顔を見た時はなおさらだ。そのたくましさに生きる勇気が湧く。安易に同情するわけにはいかないと身が引き締まる。

 震災前にジャズ喫茶を営んでいた方が避難所で音楽とコーヒーをふるまう映像がふと目に留まった。我々被災者にとって今はストレスの発散場所が必要だと、津波に飲み込まれた店からレコードを運び出し、テントで簡易的に喫茶店を始めたのだという。インスタントではないコーヒーを飲みながら音楽に耳を傾ける時間がどれほどの癒しになるのか。それを想像してしばらく目を閉じてみた。

 そういえば、正確な情報をいち早くつかむために僕が利用しているツイッターでは、被災地で過ごすある方がふと耳にした曲にしばしの安らぎを得たとつぶやいておられた。一瞬だけでも震災前のあのときに戻れた気がしたと。生まれ育った街は地震と津波でなくなってしまったが、心の中には喜怒哀楽とともにはっきりとあの時の光景が刻まれている。ある一つの曲がそれを呼び起こすきっかけになった。被災を免れた僕は、懐かしさのあまりにそれがかえって喪失感を生むのではないかと想像したが、必ずしもそうではなかった。

 ある曲がきっかけで思い出がよみがえってくる。あの時のあの場所がふと浮かぶ。目で見ることはできなくなっても、心では感じることができる。音楽は被災者をこのようにして元気づけるものなのだと気づかされた。

 スポーツもまた人を元気づける。音楽のようにはいかないにしても心を揺さぶるものとしてある。簡易球技場を作って走り回ることは無理にしても、アスリートの真剣勝負を映像に乗せて届けることくらいはできるはずだ。今まさにスポーツのあり方が問われている。

<11/04/05毎日新聞掲載分>


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

皆さまに報告があります。 [あんなことやこんなこと]

すっかり放置しっぱなしで失礼いたしました。早く更新しないといけないと思いつつ、いつのまにやら新年度が始まってしまって、さすがにこのまま放っておくわけにはいかないなと思い立った次第です。書きたいことが山ほどあるのになかなか筆が進まなかったのは、やはりツイッターが大きく影響していると思います。いつかのブログに「ツイッターとブログの違い」を書いて、それぞれをうまく使い分けようという決意表明を行いました。意識の上で明確に区別をしていたものの、つぶやきの小出しで得られる満足感がブログで長文を書くことへの意欲の芽を摘んでいたんだと思います。じっくりと理路を辿るようにして書くブログの意義は重々承知しているのですけれど。

いやいやこれ以上は多くを語りますまい。「しばらく放置していた後ろめたさを解消するための言い訳」はこれくらいにしておきます。

ブログの存在を意識の隅の方に追いやっていたあいだに周りの環境が大きく変わりました。ツイッターでフォローしてくれてる人たちはすでにご存じかと思いますが、3月末に引越しをしたのです。神戸製鋼に入社したくらいからずっと居を構えていた青木を出て、やや西の方角に移ったのでした。24歳の時から住んでいて、行きつけの喫茶店や鉄板焼き屋に通う機会が減るのは寂しいですけれど、新しく住むところの周辺にもたくさんそういったお店もあるだろうし、なかなか住みやすそうな街なのでまたその辺りもおいおいレポートしていきたいと思っています。ええ店、みつけんと。

なぜ引っ越しを決意したのかというとパートナーと一緒に生活を始めることになったからです。そうなんです、先月の初めに入籍を致しました。東日本大震災で日本中に危機感と閉塞感が漂う中での入籍だったのでどこか「自粛」している自分もいたし、まずはお世話になった人たちに報告をしないといけないよね、てな具合でモタモタしているうちに引っ越し日が訪れて、ばったばたの日々を送っていたので報告が今日になってしまいました。行き違いで人伝に聞かれたり、この報告で初めて知ったという親しい方々がもしかするとおられるかもしれません。間違いありません、すべてボクの不徳の致すところです。どうかご海容くださいますよう心よりお願い申し上げます。

個人的なブログなのでこうして報告する義務はないのかもしれませんが、人生における一大事を書かずしてこのまま続けることがどうしてもできなかったので、この場を借りて報告させてもらいました。今後ともどうぞよろしくお願いします。独身の時と比べて文体がこんな風に変わったぞ、なんて楽しんでもらえればいいかなと思っております。

さてと、そろそろ妻の待つ家に帰るとします。ではまた。



nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。