So-net無料ブログ作成
検索選択

集中力と持続力。 [あんなことやこんなこと]

専門演習でのディスカッションテーマを見つけようと本棚を見渡しているときにふと目に留まった『走ることについて語るときに僕の語ること』(村上春樹、文春文庫)を手にとる。もう幾度も読み返しているこの本をまたパラパラ開いてみたら、やっぱりみつけた。いや、ディスカッションテーマではなく心に残るフレーズなのだが、こうして何気なしにふと手にとった本が心に響くことは今までに数え切れないほどあって、そのたびに心が躍るのである。

というわけでさっそく引用しておく。

<ここから引用>
 才能の次に、小説家に何が重要な資質かと問われれば、迷うことなく集中力をあげる。自分の持っている限られた量の才能を、必要な一点に集約して注ぎ込める能力。これがなければ、大事なことは何も達成できない。そしてこの力を有効に用いれば、才能の不足や偏在をある程度補うことができる。(116頁)

 集中力の次に必要なものは持続力だ。一日に三時間か四時間、意識を集中して執筆できたとしても、一週間続けたら疲れ果ててしまいましたというのでは、長い作品は書けない。日々の集中を、半年も一年も二年も継続して維持できる力が、小説家には――少なくとも長編小説を書くことを志す作家には――求められる。(116-117頁)
<引用ここまで>

村上春樹は作家に必要な資質として、才能はもちろんだがその次に必要なものとして集中力と持続力を挙げている。でもこれはなにも作家だけに求められる資質ではないだろうと思う。長きにわたって何かを作り上げる、すなわち時間の射程が長い仕事をする際に求められる心掛けであろう。瞬発的に力を発揮するのはそこそこの能力と突発的な志しがあれば為し得るだろうが、継続的に発揮するのはとても難しい。じわりじわりと粘り強く取り組む。まさにボクが苦手とするところであり、「もっとじっくりがんばらんかい!」という天の声にガツンと打ちのめされた思いがしている。

集中力。確かにこれがなければ何事もできない。漫画ドラゴンボール』で悟空が元気球を集めるときのように、気を一点に集中させれば大概のことはできる。もしかするとそのとき自分が思い描いているゴールとは違うゴールに到達するかもしれないが、それもまた一つのゴールであり達成だと解釈すればよいのであって、ほとんどのことは為せば成る(と信じたい)。

しかしながら単発的に集中力を発揮するだけでは、為し得ることに一貫性がなくなる。何かを為し得た後に長期にわたる完全休養が必要となるようながんばり方ではダメで、ある程度の集中を保った状態を継続できることが大切であって、それが持続力ということであろう。なんだかとても身につまされる。

大それたことをしようともしたいとも思っていないが、ただ、今の自分が考えていることを一つずつ実現していきたいと考えていて、それは追い込み型ではないスポーツ教育論であったり、武道的な身体運用の考え方をスポーツの中に取り入れることだったりするわけで、それには継続的な労力とまとまった時間がかかる。だから、この集中力と持続力がどうしても必要になるわけだが、ついついしびれを切らしてしまいそうになってアタフタしていまい、慌てふためく自分が自分で嫌になり、ああ、と落ち込む。

集中力と持続力。もっと意識していかねば。

結局のところディスカッションテーマはまだ浮かばずか…。とは言え、ホントのところを言えば大まかには決まってるんだけどね。



nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「ハサミを使うこと」身体観測第119回目。 [『身体観測』]

 新聞記事を切り抜く際にはいつもカッターナイフを使うのだが、あるとき近くにハサミが置いてあったのでそれを使うことにした。いつもなら新聞紙を広げ、デスクを傷つけないように雑誌を敷くなどして四辺をなぞればそれで終わりだが、ハサミだとそうはいかない。まずは目当ての記事に最短距離で届かせるために、上下左右のどの辺からハサミを入れればよいのかを考えてから切り始める。記事にたどり着いた勢いそのままに1辺を切り終えると、次は新聞紙を90度回転させて次の辺にとりかかる。切り終えるとまた回転。この動作を繰り返さなければうまく記事は切り抜けない。また、乱暴に扱えば切り口がギザギザになるので、ある一定の丁寧さで指を動かす必要もある。


 とにかく不便であった。デスクを傷つける心配はないが、やはりカッターナイフの方が便利である。やや乱雑に扱っても切り口は直線的になるし、何より作業時間が短くて済む。手際よく行うならもちろんカッターだ。ただこの不便さ、なぜだかよくわからないけれど懐かしい感じがした。インクで黒くなった指先も、悪くない。


 聞くところによれば就学前の子どもは最初からうまくハサミを使えないらしい。糸を切ろうとしても捩れてしまい、刃と刃の間に挟まる。それが練習を繰り返すうちにやがてできるようになるのだという。大人にしてみれば難なくこなせる動きも、子どもにとってみれば必ずしもそうではない。「鉛筆で書く」、「お箸でつかむ」という動きもそうだろう。


 それなりの難易度が要求される道具を使う。それはつまり不便さと向き合うこと。道具が要求する動きを習得しようとして身体は錬磨される。できないからこそできるようになるための努力を積み重ねて、僕たちは様々な動きを身につけてきたのだろう。ちょっとした不便さは歓迎したいものである。


<11/05/17毎日新聞掲載分>



nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ここんところで読んだ本を挙げてみました。 [本・映画などなど]

ここんところあらゆる分野の文献を乱読しているのであるが、あまりに乱れ打ち過ぎたせいかなんだか混乱している。いったい自分は何を知りたくて、どういったテーマで論文を書こうと目論んでいたのか。そのイメージがどうにもこうにもかすんできたので、それを整理する意味でも最近読んだ本(読みかけ含む)を思いつくままに列挙してみることにする。

『自由と規律』(池田潔、岩波新書)
『視覚はよみがえる』(スーザンバリー、筑摩選書)
『現代人にとって健康とはなにか』(竹内洋監督、朱鷺書房)
『日本はなぜ敗れるのかー敗因21カ条』(山本七平、角川書店)
スポーツは「よい子」を育てるか』(永井洋一、生活人新書)
『最新脳科学でわかった五感の驚異』(ローレンス・D・ローゼンブラム、講談社)
『大津波と原発』(内田樹、中沢新一、平川克美、朝日新聞出版
『「普通がいい」という病』(泉谷閑示、講談社現代新書)
『食育のススメ』(黒岩比佐子、文春新書)
イチロー・インタビューズ』(石田雄太、文春新書)
『心を整える』(長谷部誠、幻冬舎)

「読み返した本」を除けばひとまずこんなところだろうか。

ふーん、オレってこんな本を読んでいたのか。「おいおい学者のクセに呑気なことを言ってやがるぜ」と思われる方がおられるかもしれないけれど、こうして列挙してみなければ自分が何を読んだのかなんて決してわかりっこないものなのである(とボクは思い込んでいる)。どれだけ読んだのかをいちいち数えているわけでもないしましてや覚えているわけでもなく、むしろ覚えているとすればそれは思わずアンダーラインを引いたり付箋を貼ったりしたフレーズの方である。だから、こうして列挙してみればなんだか変な感じがする。

予想通りというか、それにしてもてんでバラバラである。

いやいやちょっと待てよ、ようく見てみたらそれほどバラバラではないよな。スポーツ、勝負、身体(感覚)、教育。この4つのワードで十分に括ることができるってなもんだよな。『大津波と原発』は枠をはみ出るかもしれないが、師匠が書かれた本なので端から枠内に収める気などない。とにかく出版されれば読むことに決めているから分類せずともよいわけで、でも残りの本を眺めてみたら思っていた以上に類似しているのがなんとも不思議である。ふーん、そういうことか。

とにもかくにも最近のボクはこんな本を読んだ(読んでいる)。ずっと考え続けているテーマである「言葉と感覚の関係性」を頭の片隅に引っかけつつ、この調子で乱読を続けていくことにしよう。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ラグビー同好会ができました。 [ラグビー]

ラグビーの練習をしようと思うのですが」と先ほど学生数名が研究室に来る。今年度から発足したラグビー同好会の学生たちである。2016年のリオデジャネイロ五輪の正式種目に7人制ラグビーが採用されたことを受けて、兵庫県は女子ラグビーの普及・育成活動に力を入れ始めた。その手始めとしてまずは大学にラグビー部を作ろうと、神戸親和女子大学に白羽の矢が立ったのである。当面の部活動は大学の近所にある神戸甲北高校グラウンドで、県高体連ラグビー専門部セブンズ・女子普及委員長の財田幸治氏のもとで行われる。ボクは授業の合間を縫って大学のグラウンドでスポットコーチをする。もちろんラクロス部の顧問は継続しながら。

本日の参加者は6名。他の部活に所属する学生や初心者もいたので、基本的な練習を1時間ほど行う。経験者であっても、小学生のときにかじった程度であったり、始めてまだ1年足らずだったりで、基本的なことがまだまだ身についていない。なるほどこれくらいのレベルなのだなと、彼女たちの競技力を認識できたことが今日のいちばんの収穫であった。

ディフェンスシステムについてはこんな風な言い方で説明しよう」とか、「2オン1ならできそうだが3オン2は難しいだろう」とか、「ストレートランよりもまずはランニングウィズザボールに慣れることが先だな」とか、頭の中でぐるぐるとイメージが膨らむ。こういう想像ができるようになったことでこれからの指導計画が立てやすくなり、なんだかワクワクしてきた。ひとまず来週は試合の映像を一緒に見ながらラグビーというスポーツに触れてもらうことにする。

こうして指導をしながら不思議な心地よさを感じたのはどうしてだろうと考えてみたら、ひとつ思い当たることがあった。ラクロス部の顧問として指導をする時と比べて自分に余裕があるのである。つまり技術を指導できるのだ。ボクがこれまでどっぷり浸かってきたラグビーを指導するわけだから当然と言えば当然なのだけれど、でもこの感覚がとても新鮮で、技術指導ができることにこれほどまでに余裕が生まれるのかととても驚いた。

勘違いしないでほしいのだが、余裕があるから指導しやすいとかその方がよいとか、そういうことを言いたいのではない。余裕がなければないで、技術以外の部分への想像を膨らませた指導が行えるという利点がある。たとえばラクロス部に指導するときは「パス」というプレーの本質的な部分を深く洞察しやすい。表面的な技術論に逃げられないからである。技術的なアドバイスをするなら中途半端にするのではなく丁寧に伝えようという心掛けは、その競技の本質的な特性を掘り下げるようにと誘われる。また、ラグビーとの類似点や、それぞれの競技に共通する選手としての心理的側面についても深く考えさせられる。「経験がない」ことがかえって想像力をかきたててくれるのである。

ラクロス部の顧問になって今年でもう4年目になる。これまで技術的アドバイスを自制しつつ、それでも気がついた点については積極的に助言するという指導をしてきた。それがボクにとってのスタンダードになり、そこに落ち着いていたのだが、いざ実際にラグビーを指導する機会に恵まれると、技術指導ができることにわずかな心地よさを感じることになった。指導をしながら感じた不思議な感覚はおそらくこういったことなのだろうと思う。それから、教えようとする技術ほどうまく言葉にならないというもどかしさもそこには付随し、だからこそひとつひとつのプレーや、それを裏付ける経験についてもきちんと言語化していく必要がある。ラグビーの試合ももっと見ないといけない。

2つの部を掛け持ちするわけではないけれど、幸いなことに異なる2つの競技を同時に指導する機会に恵まれたわけで、そのひとつがボク自身それなりに取り組んできたラグビーであり、もうひとつは全く経験をしたことのないラクロス。それを自分とは性別の異なる女子学生に教える。これまでよりもっと想像力をたくましくしなければならないだろうし、これまでとは異なる想像の仕方に挑戦しなければならないだろうけれど、とても楽しみである。スポーツ指導者として動きの伝承についての研究にも今まで通り取り組んでいこうと思う。

nice!(2)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

つい乗せられちまったかもな、まだ決まってないが。 [あんなことやこんなこと]

連休明けの初日はどこかピリッとしなかったものの、それを吹っ切るべくやや背筋を伸ばして仕事のあれこれをひとつひとつ機械的に片付けていったら、予想以上に集中力が高まってあっという間にこんな時間。「とにかくやる」ってことがどれだけ大切なのかを、もう何度目か分からないほどに改めて感じた月曜日なのでした。

さてと、振り返ればあれは数日前。ツイッター上で、最近つぶやき始めたばかりの後輩とちょっとしたやりとりがあり、ひょんなことから神戸マラソンにエントリーすることにした。彼からの誘いに「おまえが出るならオレも出るよ、でもエントリーは締め切ったんとちゃうかあ、残念や」と軽々しく返事をしちゃったもので後に引けなくなったのです(エントリーの締め切りは5月20日までだったのでした)。

その後輩とはこの3月に現役を退いたばかりの後藤翔太で、ついこの前まで現役選手だったばかりか、何より長距離走が抜群に速い男。おそらく彼ならかなりのタイムで走破することは間違いなし。それに引き換え、4年も前に引退して、そこからしばらくはラグビー指導を兼ねて週2回のタッチフットで走り回ってはいたものの、この2年ほどはほとんど動いておらず、しかも現役のころから長距離走は大の苦手ときた。ナゼニボクハマラソンヲハシルコトニシタノカ、ヨクワカリマセン。

(おいおい、この挑戦は無謀じゃあるまいか?)

(神戸市役所を出発して明石海峡大橋の袂まで行き、そこから折り返してポートアイランドまで戻ってくるというのだから、想像しただけで果てしない道のりやな…)

(この距離を7時間以内に完走せにゃあならんのか)

(いやいや、元ラグビー日本代表選手だけに7時間以内というわけにはいかんわな、それなりに格好つけないと洒落にならんぞ←ええかっこしい)

(しかも神戸とくれば友人や知人に加えて、こっちは知らないけれど向こうはボクのことを知っている人もぼつぼついるわけで、なおさら格好つけないかん)

(………抽選、外れへんかな……)

という感じで、いざエントリーを済ませてからは妄想が膨らんでやや弱気になっておるのが正直なところでございます。しかしながら、今回のマラソン参加という決断は「あまり深く考えることなく下したもの」なので、これもなにかのご縁とこの上ないタイミングだったのだろうと割り切って、この半年間、準備だけは入念にすることにします。早速ですけれど手始めに今朝も小一時間ほど走ってまいりました。六甲の山手は坂が急なものでトレーニングをするには最適ですし、がんばって登った先にはきれいな景色が待っているから、それを楽しみにまずはぼちぼちやっていきます。

てなことを、まだ走れると決まったわけではないうちから考えているのでした。




nice!(2)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ほんまにまあええんか、な。 [あんなことやこんなこと]

連休明けの今日は心もカラダもどこかピリッとしないままに一日を終えた。講義とゼミと会議があったのだけど、話をしたり聞いたりしていても身体のどこかにある風穴からシューシューと何かが漏れ出ているかのような感覚がある。下丹田に意識を集めてみてもどうにもうまくゆかない。ややイライラ。でもこのイライラも、身体のどこかにある風穴からシューシュー抜け出ているようで、なんともフニャフニャである。

まあこんなときもあるかと、ちょうど昼ご飯を食べ終えたあたりで自分に鞭を打つのをやめた。あるがままに、あるように。とても難しい境地には違いないけれど、こうしたひとつひとつの心がけや、その心がけからふと生じる気づきを拾い集めればいずれは辿りつけるだろうと高を括っており、この確信はどうにも揺るがない。だからあれこれ考えながらある程度の時間が経てばつまりのところは心が軽くなるのだが、そういう状態の時は心身にはっきりとした手応えがないだけに少々の不安を感じてしまう。あるがままに、あるように。やはり難しい。

こんな時はついついツイッターに興じる時間が増えるのだが、不思議なことにこういった身体感覚って同調するものらしく、タイムライン上には同じように連休明けでフニャフニャさを引きずっているであろうと思われるつぶやきが散見される。連休明けだから同調するのは当然かもしれないけれど、こうも見事にフニャフニャさが同調するのはなんだかとても不思議で、どうにもうれしくなってくる。あの人もあいつもそうなんだと思うとホッとするのは人の性で、それがいいことなのかあまり好ましくないことなのかはさておき、少しの安堵が得られる。だから、「まあええか」。これもまた手応えを追っかける心性に深いところでつながっているような気がするから、だから「まあええか」と敢えて思うようにしているきらいはあるのだが。

いずれにしても今日のところはお腹がすいたので帰ることにする。また明日から2日も休みかと思うと月曜日はまたフニャフニャかもしれず、そのことへの不安が首をもたげてきてなんだか気分が沈みがちになるので、やっぱりここでも「まあええか」と思うようにしてさっさとパソコンを閉じることにする。さあて。




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。