So-net無料ブログ作成
検索選択

「あっ、蹴る!」という予感。 [ラグビー]

本日4限目のラグビー実技をもって春学期すべての講義&実技を終えました。もちろん演習も。レポートを読んだりテストを採点したりという作業がまだ残ってはいるものの、とりあえず春学期は終わりました。毎年のことながら7月は高校訪問や水泳実習やオープンキャンパスや北区ラグビーフェスティバルなどのイベントが目白押しで、さらには学期末なのでテストをしたり講義のまとめを考えたりしなければならないからヘトヘトになるのです。過ぎ去ってしまえばあっという間なんですけれど、ちょうど水泳実習直前のころは残り少ない気力を振り絞って必死のパッチになります。でももう終わりました。なんとか終えることができました。

これでようやく一息つくことができそうです。読みたいながらもなかなか頁をめくることができずにいた『神々の沈黙』も、明日以降は手にすることができそうです。3000年前まで人類には意識がなかったという仮説、「二分心」。これはオモシロすぎます。これまでの考えが覆されると同時に身体に刻まれた経験の一つ一つがゆっくりとその意味を表し始める。そんな感覚を覚えます。

シーズンは忘れましたが花園ラグビー場でのトヨタの試合で、確かあれは後半残り20分くらいだったと思いますけれど、元木さんが蹴ったボールをボクが押さえこんでトライした場面があります。あのときは明らかに元木さんがキックすることを予感しました。「あっ、蹴る!」という確信が芽生えたと同時にすでにボクは走り始めていたのです。なにかガツンとした感触が頭に残っています。これはたぶん右脳から聴こえた声だったんだと思うのです。その声に疑うことなく走り始めたがゆえに、対面に立つボクより足の速いセコベ・レアウェレの背後に回り込むことができてトライをすることができた。そう思うのです。

それからこれも確か花園での試合。相手はヤマハでした。自陣ゴール前での相手ボールのスクラムでボクはオープンウイングの位置に立っていました。相手スクラムハーフがボールを投入し、スタンドオフにパスを放った瞬間に「あっ、蹴る!」と予感したのです。インゴールに蹴り込み走り込んだセンターが押さえればそれでトライですから、そうした攻撃オプションを選択すると即座に直感したのですね。だがそうは問屋が卸しません。予感した瞬間にボクは背後に向けて走り始めていました。誰よりも早くボールに到達してグラウンディング。事なきを得たのです。この時の「あっ、蹴る!」も、おそらく右脳から聴こえたんだと思います。その声に素直に聴き従ったからこそピンチを救うことができた。身体が勝手に反応したとも言えるのですが、その反応には何か「ガツン」とくるものがあったのです。

ふと思い出したのはこの2つなのですが、じっくりと過去を振り返ってみればこの「二分心」で説明できる事象はもっとたくさんあるような気がしています。平易な言葉で言ってしまえば「ひらめき」なのでしょうけど、そんな偶然性にまみれたものではありません。ボクが感じた「あっ、蹴る!」は確実にそうなることが断言できるほど強く揺るぎないものです。そうならないわけがないと感じられるほど、強く深く信じられるものです。そうでないと、切羽詰まった局面で少しの迷いもなく動き出せるはずがありません。こればかりはそういうものなのですとしか言いようがないのですが、これは少なくとも今の段階での限定条件であり、ボク自身は説明できないことに甘んじたくはないと思っています。今後、読み進めていく中で、そして考え続ける中で、みなさんにもわかるような言葉でなんとか表現したいと思っています。想いとかひらめきとか、そういった言葉をなるべく退けてテクニカルな言葉で説明するにはまだまだ研究が足りません。

さて、今日はこれくらいにしておきましょう。じっくりゆっくり腰を据えて、またあれこれと考えてゆきたいと思います。研究というのはやはり奥が深くて、そしてとても楽しいものなのだなと改めて感じる次第です。



nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「スポーツは祭?」身体観測第124回目。 [『身体観測』]

スポーツとは何か?」。現役選手だった頃は考えもしなかったけれど、研究者となってからは一度たりとも頭から離れない問いである。一種の遊びには違いない。だが、体力向上や集団訓練のための機会でもあり、チームによれば軍国主義を想起させるような厳しさが伴うこともある。また、競技によっては生業としても成立する。一口にスポーツを定義するのはそう簡単ではない。


ただ、外来文化であるということは言い切れる。ほとんどのスポーツは明治期に輸入された。当時の日本人たちは初めて耳にするスポーツという言葉に、どのような思いを抱いたのだろうか。神戸横浜などの港町では、楽しそうにプレーする外国人たちの様子を恨めしげに眺めていたかもしれない。いや、けったいなことをする人たちだと見向きもしなかった可能性だってある。いずれにしても目新しいものを見様見真似で取り込んだ。あれからまだ130年ほどしか経っていない。


先だってスポーツ基本法が成立したのは周知の通りである。前文では、「世界共通の人類の文化」としてのスポーツは「国民が生涯にわたり心身ともに健康で文化的な生活を営む上で不可欠のもの」として位置づけられている。日本はこれからスポーツ立国なるものを目指すことになったが、あまりに美辞麗句が並ぶ文章には違和感を覚えずにはいられない。それを言うなら音楽などの芸術だろうと突っ込みたくもなる。


たぶん日本人は未だにスポーツの本質が理解できていない。だからこそこれみよがしに礼賛する。商業主義やナショナリズムをトレースする他に解釈する視点を持たない。もちろん僕も例外ではないが、ただ実感としては「祭り」に近いものがあると思っている。


長らくの競技経験がありながらも理解できないほどの厚みがスポーツにはある。そう信じて研究を続けていきたい。


<2011/07/19毎日新聞掲載分>



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

日本代表には外国人選手がいる。 [ラグビー]

ワールドカップに向けての強化合宿のためイタリアに遠征するラグビー日本代表メンバーが発表された。このメンバーにはカタカナで表記される外国人選手が10人いる。そのうち帰化して日本国籍を取得しているのは5人。つまり外国籍で日本代表選手に選出されているは30人中5人。6分の1だからそれほど多くはないと思うのだが、そのほとんどが主力級の選手である。帰化した選手を含めれば試合に出場する15人のうちのほぼ半数が外国人選手となる。

 

ラグビーの日本代表チームには外国人選手がいる。ニュージーランドやトンガなどの外国籍を持つ選手が日本を代表するチームのメンバーに名を連ねることができる。外国人選手が日本代表に選出されるのはラグビーというスポーツの大きな特徴のひとつであり、かつて僕が日本代表だった時もチームには数人の外国人選手がいた。だからといって違和感を覚えることはなく、ただこういうものなのだと思っていたし、時折口にする日本語のたどたどしさで笑いが起きたり、英語でうまくコミュニケーションがとれない自分に苦笑いをしたりと、思い返せば心地より刺激があったことしか思い浮かばない。

 

ラグビーでは外国人選手でも日本代表に選出される。

 

ラグビー関係者なら誰もが周知しているこの事実は、どうやらラグビーに詳しくない人たちにとっては理解し難いことのようである(いや、たとえラグビー関係者であってもうまく理解できているわけではない。周知はしていても快く受け入れているかどうかは微妙なところだろう)。先日もツイッターで「どうも外国人選手のいる日本代表チームを応援する気にはなれない」という意見を頂戴した。日本を代表するチームなのだから日本人だけで構成すべきである。この意見は確かにもっともだと思う。しかし、こうも単純に言い切ることが僕にはできない。なぜなら僕はかつて日本代表チームで外国籍のチームメイトとともに試合をしてきたからである。彼らと同じチームで戦った経験はかけがえのないものとして今の僕に刻まれている。

 

たとえば1999年のワールドカップで同室だったパット(故パティリアイ・ツイドラキ選手)とは、片言の日本語と片言の英語でやりとりしながらいろいろな話をした。フィジー国籍だった彼は、引退後に帰国して会社を立ち上げると意気込んでいた。だから部屋にいる時はその準備のための本をずっと読んでいて、ワールドカップ中なのに余裕だなあと感じていたことが思い出される。トヨタ自動車に所属していたので僕がいた神戸製鋼ともよく試合をしたし、同じポジションだったから対面勝負をする機会も多くあった(大概、抜かれていたのだが)。いつも陽気で明るい彼だったが試合になれば誰よりも真剣に熱くなり、グラウンドを縦横無尽に駆け回ってトライを量産する日本代表の名ウイングだった。

 

誠に残念ながら、現役を引退した後に帰国してまもなく急性心不全で亡くなった。33歳という若さだった。ラグビー人生を終え、新しいステージに足を踏み出した彼の失意はどれだけのものだったのか、僕にはうまく想像することができない。所属チームが異なるのでそこまで親しく付き合ってきたわけではないが、たとえわずかであっても日の丸を背負ったチームメイトとして彼のことを忘れるわけにはいかないと思っている。彼のために僕が唯一できるのは、彼のプレーぶりを後世に語り続けることだと心に決めている。

 

少し思い出話が過ぎたようである。

 

ラグビーは外国籍を持つ選手であっても日本代表に選出される。とはいえ、誰でもなれるというわけではないのは言わずもがな。日本ラグビーフットボール協会規約に定められている条件をクリアしなければならない。詳細については規約を参照してもらうことにして、ここでは大枠を示すに留めておく。

 

  日本で誕生した

  両親、祖父母のうち一人でも日本の出身である

  日本で満3年以上継続して居住している

 

このいずれかをクリアし、且つ、他国の代表選手に選ばれていなければ(つまり2カ国以上の代表選手になることは認められていない)、日本の代表資格を得ることができる。日本だけでなく世界も同じ。

 

つまり、ラグビーでは「国籍よりも実際にプレーしている土地」を優先するのである。「国家への所属」よりも「チームへの所属」を優先する。ここがオリンピックや他のスポーツと違うところだ。

 

これをよしとするのか否かは考え方が分かれるところだろうし、とてもデリケートな問題を孕んでいることは百も承知している。国民国家という概念の根幹に関わる問題として今後も継続的に議論を続けていく必要があろう。「これからどうすべきか」という結論が直ちに出るとは考えにくいし、出してはいけないとも思う。あらゆる角度から意見が出尽くすまでは十分に議論をしなければならない問題としてある。

 

ということを踏まえた上で、ここからは僕の意見を書いていきたい。かつて日本代表選手として国籍の異なるチームメイトとともに戦った経験から、思うところを書いてみたいと思う。

 

僕が出場した1999年のワールドカップメンバーには6名の外国人選手がいた。(グレアム・バショップ、ロバート・ゴードン、ジミー・ジョセフ、アンドリュー・マコーミック、パティリアイ・ツイドラキ、グレッグ・スミス)。いずれも主力級であり、全員が先発メンバーであった。マコーミックに関してはキャプテンを務めた(外国人がキャプテンを務めることに各方面から意見が飛び交ったことは言うまでもない)。当時は外国人選手をたくさん起用してまでも勝ちたいのかという、どちらかと言えば批判的な声が世論の大半であったように記憶している。

 

結果的にワールドカップでは3戦全敗。その結果、「外国人選手をたくさん起用したって勝てなかったじゃないか」と各メディアは挙って書き立てた。プロスポーツでは結果が伴わなければ容赦なく批判される。勝者は賞賛され、敗者は見向きもされない。これは必然であり仕方のないことだ。だが、外国人選手をたくさん起用したことを指摘し、その采配を振るった監督が批判されるのはどうも納得がゆかない。ただベストメンバーを組んで戦っただけのこと。国際ラグビー機構(IRB)で定められている規約に則って選手を選考したまでのことで、それのどこに瑕疵があるのだろう。当時の僕はこんな風に考えていたように思う。各メディアからの報道もどこかピンとこなかったのが正直なところであった。

 

同じチームに外国人選手がいる。ただそれだけのこと。僕の実感としてはこのこと以外にリアリティを感じなかった。それも当時はまだ他国の代表選手になっていてもよかった、つまり2カ国にまたがって代表選手になることができた時代なので、元オールブラックスの選手が同じチームにいた。ものすごいプレーを連発する選手が同じチームにいて、そのプレーを目の当たりにすることができる。厳しくも楽しくプレーするその姿に見とれてしまわないよう、自分のプレーに集中することに努めたりもした。そこには国籍がどうのという視点は全くなく、僕にとっては尊敬できる1人のラグビープレイヤーとしか映らなかった。この人たちと一緒に試合をしたい、この人たちに認められたい、そんな想いで練習に取り組んでいた。

 

勘違いしないでほしいのだが、外国人選手だからとか、オールブラックスだからそんな風に感じたのではない。もしそうであるとするならば、外国人選手と日本人選手を区別する視点を持つことに他ならず、その点で、外国人選手を排して日本人だけの代表チームを目指そうとする人たちとなんら変わらなくなる。すごいプレーをする選手が目の前にいる。卓越したプレーをする選手が目の前にいる。それがたまたま外国人選手だっただけ。もちろん日本人選手だってすごいプレーをする。代表に呼ばれたばかりの当時の僕にとってはすべての選手のプレーが刺激的だった。昔からの友達に、「○○選手のタックルはえげつないねんぞ」とか「○○選手のスピードは半端ちゃうわー」とか、さも自慢げに話していたのを覚えている。その○○選手が外国人であろうと日本人であろうと、そんなことは問題ではない。目を奪われるような卓越したプレーに国籍なんか関係ない。国籍云々の話は言うなればその卓越さの理由を最もらしく後付けしたに過ぎない。

 

ラグビーの日本代表に外国人選手がいることの是非。先にも書いたがこの問題はデリケートな問題を孕んでいる。軽々に語ることのできない問題である。なぜならこの問題には「日本人とは何か?」という問いかけが絡んでくるからである。この根源的な問いかけに、今の僕が充分に答えられるとは到底思えない。だから自分の経験を引き合いにして思うところを綴ってみたわけであるが、書いてみたところで何がわかったわけでもなく、もしかするとさらに話を複雑にしてしまったかもしれない。

 

ただ、その中でひとつだけ確信を持って断言できることは、鳥肌が立つようなプレーを目の当たりにした時の奮えには国籍など関係ないということ。これまでに見たことがないようなプレーを目の当たりにしたときに生じる感動そのものを、頭で解釈しようとした時に「外国人だから」という理由を持ち出すだけだということである。すごいプレーはすごいのだ。それ以上でもそれ以下でもない。

 

「日本人とは?」「国民国家とは?」「スポーツとは?」、これらの問いかけに面と向かって取り組まない限り、この問題の答えは見えてこないだろう。これを踏まえた上での僕の考えは、日本代表に外国籍の選手がいても何も気にしないし、そんなことよりもオフロードパスがどんどんつながる創造的で愉快なラグビーをするチームが見たいということだ。つい先日のなでしこジャパンではないけれど、やっぱりワクワクするような試合が見たい。

 

超絶的な身体パフォーマンスを前にすれば国籍問題など消し飛んでしまう。これが実感から出発してたどり着いた僕の考えである。

 



nice!(0)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「贈られ続けたパス」身体観測第123回目。 [『身体観測』]

 あれは神戸製鋼に入ってすぐのころだった。日本代表選手がひしめくバックス陣に囲まれて戸惑ってばかりいた。まるでスピード感が違うのだ。走り出しの5歩、一連のパス動作が速い。ボールから目を離せばあっという間に置き去りにされ、ボールを掴んでから放るまでの動作が速いからわずかなタイミングのずれでも命取りになる。


 まだこれらは練習を繰り返す中でどうにか克服できた。だが、「状況判断の早さ」にはしばらく手こずった。ここでの状況判断とは端的に言えば「相手のスキを見つけること」である。どこにボールを運べば前進できるのかを先輩たちはいち早く察知する。目で探そうとする僕はどうしても遅れをとるのである。


 状況判断を的確に素早く行うこと。僕はこれをある先輩に習った。その先輩からのパスはいつも僕の2、3歩前を通過する。手を伸ばしても届かない距離を通り過ぎるから、当然パスはつながらない。その度に謝ってはいたもののあまりに何度も続くので、心の中では「もっと手前に放ってくれたらいいのに」と思っていた。


 だがある時、「そこのスペースが見えてへんのか?」と言われた。そこでようやく気がついた。未熟な僕には見えていない相手のスキが、先輩には見えている。つまり、そのタイミングでパスがつながれば大チャンスになる。先輩はパスを放り続けることで「相手に生じたスキ」を僕に教えてくれていたのである。


 以後はそのパスをキャッチするために工夫を凝らした。走り出しを早め、相手の状況と先輩の後ろ姿が同時に視界に入る位置を探した。ボールばかりではなく相手の状況を見る癖もつけた。


 その先輩は「ここだと思うタイミングで走り込んできたらいい、そこにパスを放ったる」とも言ってくれた。ずっとパスを贈り続けてくれたあの先輩がいたからこそ、今の僕がいる。


<2011/07/05毎日新聞掲載分>





nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

生産的な営みと7月。 [あんなことやこんなこと]

それにしても時間はただただ過ぎ去ってゆく。結婚してこれまでの生活とは違うリズムで過ごすようになってから早3ヶ月が経ったのだから驚くのも無理はないだろう。車に乗り込んですぐに今から帰りますメールをするのもすっかり習慣になったし、今日の晩御飯はどこで食べようと頭を悩ますこともなくなった。結婚するまでのここ数年を振り返ればものすごく単調で、しかも自由気ままな生活をしていたものだと改めて感じるけれど、懐かしさはほとんどなく、どこか遠い過去のように思えるから不思議だ。すっかり今の生活に馴染んでしまったボクがここにいる。

7月は毎年あっという間に過ぎ去ってゆく。講義に加えて高校訪問にオープンキャンパス、それに水泳実習があるから、休日がほとんどなく、ただ日常の業務に取り組んでいるだけで知らぬ間に過去のものとなる。また、梅雨も明けて暑さが厳しくなる時期でもあり(ビールが旨い季節です)、気持ち的にもぐうたらしてしまってあれよあれよと逃げていく時間をみすみす取り逃がすこともしばしば。つまりは仕事以外の時間はすっかり放心状態になるのです。せめて本だけは読みたいのでその時間は何が何でも確保するにしても、それ以外はなんにもしたくなくなる。

生産的な営みばかりに時間を費やしてると、一般的には感性とかいう言葉で表現されがちな大切ななにかがどんどんやせ細っていくのはこれまでの経験からわかりきっている。わかりきってはいるものの、こればっかりは心の片隅に引っかけておいてときどき思い出さなければ泥沼にはまってしまうんだよなあ。もがけばもがくほどに、つまりは頭で効率的に考えれば考えるほどに空回りして、どよーんとなる。なにが生産的でなにが生産的でないかの線引きは難しいところではあるんだが。そもそも線引きしようとすること自体が間違っている気がしないでもないけれど。

そういえば神戸マラソンには落選しました。受かりそうな気がしてたんだけどダメでした。こんなに軽いノリでエントリーしてるボクが当選したら、どうしても走りたいと願ってエントリーした人たちに申し訳がないですよね。だからこれでよかったんでしょう(と自分を慰めている)。また機会があれば挑戦してみようと思っています。でもせっかく走り始めたのだから、神戸マラソンに出られなくても走り続けようと思ってるし、近々、京都マラソンがあるみたいだから、そっちにエントリーしてみようかなと企んでます。それにしても当選もしていないのにちょいと騒ぎ過ぎてしまいましたよね。どうもお騒がせいたしました。

せっかく身体を動かしたがっていることもあり、これからはあれこれと運動しつつ思考を重ねていこうと思っています。途切れがちなブログもまた書いていきたいなと。ここんところはそう決意しながらもなかなか書けないでいるので、気長にお付き合いくだされば有り難いです。ブログを書けなくなっていることこそが生産的な営みだけに意識が向いている証拠なんだろうなあ。わかっちゃいるけど、難しい。ではまた。


 
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。