So-net無料ブログ作成
検索選択

「一体感」や「つながり」への想像。 [スポーツあれこれ]

気がつけば明日からはもう9月。暦の上では秋の到来だが、まだまだ厳しい暑さが続いている。朝夕は随分と涼しくなったが。

夏休みといいながらなんだかんだとやることが多い。ラクロス部の公式戦が始まるこの時期は毎年バタバタ過ごしているが、特に今年はバッタバタの日々である。ちなみに27日にはラクロス関西リーグの2戦目、神戸学院大学戦が王子スタジアムで行われ、6-6の引き分けに終わった。1部リーグへの昇格を果たすためにはもうひとつも負けられなくなった。この試合もスロースタートで立ち上がりから躓き、まるで借りてきた猫のようにおとなしいプレーに終始。後半終盤の追い上げだけみれば十分に勝てる相手だっただけに悔しい敗戦である。学生たちもそれが分かっているだけに歯がゆく感じているだろう。ただ終わってしまったものをいくら憂いたところで仕方がない。次の試合での奮起を期待し、それをバックアップしていきたいと思う。

翌日28日はオープンキャンパス。例年よりもたくさんの生徒が足を運んでくれたようでよろこばしい限り。ボクが担当した基礎運動能力テスト体験も思いのほか盛況でホッと胸を撫で下ろしている。それから29日はうちの大学主催の対談、岡田武史×平尾誠二「スポーツ力を語る~子どものスポーツからワールドカップまで」が神戸朝日ホールにて行われた。職員さんとともにペアで司会を仰せつかり、やや緊張しながらも滞りなく進行できたのではないかと思っている。「余計なことを話さないようにスムースに進行させよう」という気持ちが強すぎて、やや棒読みな語り口になったのはまあご愛嬌。司会進行って、難しいです。

それはそうと、お二人の話はとてもおもしろく、舞台の袖からメモを取りつつ耳をダンボにして聴き入っておりました。お二人が長らくのご友人ということともあり、息もぴったりのトークがとても耳に心地よく、関西出身なだけにテンポが軽妙で深みのある話も実にわかりやすい。印象に残ったのは、昨年のサッカーワールドカップ南アフリカ大会のお話。本大会前のテストマッチで4連敗を喫したことで、逆にチームが一つにまとまったということだった。あれだけの批判に耐え忍んで結果を残したという風にボクは解釈していたけれど、実際は違った。もっと冷静に淡々と、メディアからの安っぽい物語よりももっともっと深いところで為されていたチーム作りに唸らされた(ま、当たり前なんですけれど。)

サッカー日本代表は、メディアの煽動を受けた世論からこれでもかというくらいのバッシングを受けた。その矛先は当然のように監督に向くわけだが、もちろん選手にだって向く。それが精神的なストレスになる選手だっていたはずだ。グラウンドでのパフォーマンスに影響するほどだった選手もいただろう。ただここでほとんどの選手は開き直ることができたと岡田さんは言う。選手にとってみれば批判を黙らせるには本大会で勝つしかない。つまり「もうやるしかない」と退路が絶たれたのだと。

そこから大会まで1ヶ月半ほどの合宿では怪我人も病人も出ず、体調を崩す選手すらいなかった。なにか結束力みたいなものがグググッと高まってきているのを岡田さんは感じていたようで、心の中では「やってくれるはずだ」と確信めいた期待を抱いていた。今にも弾けそうなくらいにまで凝縮された力が、一戦目のカメルーンとの試合で爆発。そして勝利。と同時に、批判に惑わされることなく結果を出したその瞬間に、チームが一皮も二皮も剥けた。がらりと生まれ変わったのだという。それが、ボクらがテレビにかじりついて観戦した、あのワールドカップの舞台裏だった。

このことを岡田さんはあくまでも淡々とした口調で話されていました。だけど事はそう簡単には運ばなかったと思う(当然ですよね)。退路が絶たれたことを選手に実感させ、心の底から「もうやるしかない!」と思わせるまでに何か仕掛けたことがそこにはあったはずだ。下手をすれば空中分解してしまうほどの批判を浴びながらベクトルを統一し、チームを一つにまとめ上げた手腕はいったいどれほどのものだったのだろう。どういった言葉がけをしたのか。ミーティングの回数は増えたのか減ったのか。チームもまとめるための何か特別なアクションは起こしたのか。各メディアとどういう風なおつき合いをしたのか。などなど、想像してみれば果てしない疑問が湧いてくる。

ここからはボクの完全な妄想、基、想像なんですけれど、結束力みたいなものの高まり、すなわち一種のエネルギーが充填されていく様子をまさに察知していたときは、ワクワクされていたんだろうなあと思う
。「世間はあーだこーだと騒いでいるけど、本番になったらみんなびっくりするぞー」とおそらく感じていたはず。たとえ無意識的にではあっても、そうだったのではないかと思う。批判の矢面に立ちながら悲壮感が漂う指導者に誰がついていくというのだろう。雨後の筍のように出版されているビジネス書なんかでは「一体感」とか「つながり」について言葉巧みに説明してたりするけど、これらの本質的な意味はいくら説明したところで実感することなどできない。人が集まって何かをするときに絶対不可欠な「一体感」や「つながり」、これらの根源的な意味を岡田さんはまさに「体感」していて、その当の本人から話を聴けたのかと思うと興奮せずにはいられない(たぶん肌にビリビリくる感じなんだろうなあ)。


この話を含むお二人の対談を聴いて改めて感じたは、いくら言葉をつなぎ合わせたところで表現しえないものがある、ということ。とは言っても語ったり書いたりすることをやめてはいけない。なぜなら、「言葉では表現できないものがある」という真理を、言葉は表現できるから。「書く」という行為には常に到達できないもどかしさがつきまとう。それでもそのもどかしさを感じることで「到達できなさ」が具現化される。決して届かないけれどここまでは到達することができた、という達成感を感じることができる。その意味で心がすっと落ち着く。意識の置きどころが定まる。だから書こう、書かんと、書かねば。

そんなことを、ここまで書いてきて思う。
さあ明日からは水泳実習です。





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2011年度女子ラクロス関西リーグ開幕。 [ラクロス奮闘記。]

2011年度女子ラクロス関西リーグが開幕した。我が神戸親和女子大学は、昨年度は1部リーグで戦いながらも成績が振るわず2部リーグ降格の憂き目にあったので、今年度の目標はもちろん再昇格。実力的にも各大学がひしめき合っている現状において一筋縄ではいかないことは百も承知しているが、是が非でも1部に上がりたいという学生たちの思いが成就するように何とかお手伝いしたいと思っている。

その初戦は大阪大学との試合。ラクロス部の顧問になって4シーズン目を迎えるが、毎年のように開幕戦はガチガチに緊張する。今年も昨年と同様に、まるでロボットのようなぎこちなさでボールを追いかける様を見て「さてどうして解してやろう」とあれこれと考えていた。試合が始まる前の練習時である。

まあボク自身も緊張していなかったとは口が裂けても言えず、昂る気持ちを抑えよう抑えようと努めていた。顧問であるボクが緊張すればすぐにそれが学生たちに伝わってしまう。それだけは避けようと、学生たちが走り回る様子を眺めたり、対戦相手の様子を窺ったりしていたのであった。

開始直後からしばらくは相手のペースで試合が進む。浮足立つ親和の学生たちの合間を縫って、相手チームの選手が次々にゴールを決める。イメージ通りに身体が動かない苛立ちから不安と焦りが生まれ、それがファールを多発させてますます試合の流れは相手に傾いてしまう。前半残り7分くらいまで(ラクロスは25分ハーフである)、みんなの動きはまるで借りてきた猫のようにおとなしいのであった。

ただ、冷静に試合内容を観察してみるとどうしたって負ける相手ではない。冷静にさえなれれば逆転できるのは目に見えている。だがこの「冷静にさえなれれば」というのがそう簡単にはゆかない。「冷静になれ!」と言葉がけをすればそれが為されるのであれば指揮官などいらない。というわけで一言二言のアドバイスをする。

どうやらそれで幾分かは落ち着いたらしく、後半に入ってからは自分たちのリズムでパスを回し始めた。後半開始間もなく雨足が強くなってきたこともあり、ぬかるみに足を取られたり、パスがうまく繋がらないシーンもところどころは見受けられたけれど、終わってみればシャットアウト(後半失点ゼロ)。もたもたしながらもなんとか初戦を10-4で勝利したのであった。

まだまだリーグは始まったばかりで、この勝利に浮かれていられないことは十分に理解しているつもりだが、目に見えて学生たちの成長がわかるので楽しいことこの上ない。細かなニュアンスまで理解したとは言えないまでも、ようやくラクロスという競技の本質的な部分が分かってきたような気がしている今、アドバイスにも思わず力が入る。競技力が上がったからといってすぐに試合に勝てるほど勝負というのは甘くない。試合には相手がいる。こちらが上達し、試合当日のコンディションがよかったとしても、それを相手が上回れば勝負には負ける。だから、こればかりはやってみるまではわからない。だが、「結果がどう転ぶかわからない」という不確実性を踏まえた上でも、これからのリーグ戦がとても楽しみなのである。学生たちが自分たちに秘められた能力に気付いてそれを存分に発揮してくれるだろうという期待が、とても大きい。

次の試合は27日。相手は神戸学院大学。さあどうなることやら。
試合結果や当日のつぶやきをご覧になりたい方はツイッターをどうぞ。

ちなみに今年の1部リーグは初戦から波乱の連続で、武庫川女子大学が近畿大学に、大阪国際大学が神戸女学院大学にそれぞれ敗北を喫している。今シーズンから1部リーグに上がった2チームが1部リーグ常連の強豪大学を下す展開に、いささか不穏なムードが漂う。前年とは違った独特の雰囲気にうまく乗じることができるかどうかも、勝敗の行方を左右するだろう。がんばらなければ。皆様ぜひ応援してください。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ある気づきがもたらしたブレークスルー。 [ラクロス奮闘記。]

夏合宿明けの初めてのラクロス練習が午前中にあったので大学まで足を運ぶ。4日間の休みを挟んだ後の練習なので心と身体の切り替えが難しいだろう。とは言え関西リーグの初戦がこの日曜日に控えているので、「まあ、いいか」などと呑気に構えてはいられない。ってことで、練習の雰囲気と学生たちの様子を見るべく朝早くから大学に来たというわけだった。


イージーミスは散見されたが、概ね、集中した練習ができていたように見えた。


午後からはそのまま研究室に籠り、デスク周りの片付けや新聞スクラップの整理に精を出す。それにしても散らかり放題のデスクに、「これは一度では片付かない」と早々に諦めて、目の前にある書類から順に手にとってのんびりとひとつひとつ片付けていった。そして、「まあ今日はこんなもんでしょ」と一息ついて今に至る。ブログを書くに至った、というわけである。


そういえばこの前のブログの最後に、今年のラクロス夏合宿では大きな気づきがあったということを書いた。「詳しくは次回に」と自らに宿題を課していたので、今日はそれについて少し書いていきたいと思う。


改めてもう一度書くと、それは
『「そんなことできるんや」「そういうことってやってもいいんや」という気づきがもたらすブレークスルー』について。


ある日、チームの中でダイレクトパスをする学生が一人出現した。「出現した」といっても降って湧いたように現れたのではなくて、1回生の時から4回生の今までずっとラクロス部に所属していた学生の中の一人である。その彼女はある場面で、キャッチするや否やすぐにそのままダイレクトにパスを出した。言わばオーソドックスな「ワンツーリターン」である。サッカーやバスケットボールならば比較的試みやすいプレーだが、ラクロスではそう簡単にはいかない。クロスの使い方に習熟していなければこのプレーを行うことは意外にも難しい(あくまでも俄かラクロッサーの体感ではあるが)。


「ワンツーリターン」とは、AさんがBさんにパスを出し、Bさんはキャッチするや否やすぐに走り込んできたAさんにパスを返すプレー。このプレーはラクロスに限らずともその他のゴール型競技でもよく見られるプレーである。壁パスなどと言ったりもするが、つまりこのプレーの要諦はボールが流れるようにつながるということである。


ただし、ここでは少々拡大解釈をしていただきたい。先ほどの例で言えばBさんはなにもAさんに返さずとも別のCさんにパスをしてもよい。すなわち「リターン」しなくてもよい。ダイレクトにパスが繋がる(=ボールを保持している時間がほとんどない)、というところが重要で、だからここで言いたいのは「ダイレクトパス」なのである。

この「ダイレクトパス」の連続はとても有効な攻撃パターンを創り出す。ディフェンスを打ち崩す有効的な戦術を組み立てる上ではとても大切なプレーなのである。なぜなら、ディフェンス側からすれば的が絞れないからである。ボールがどの選手に持たれるわけではなく絶えず動いている、パスが繋がれている。チェック(ディフェンス)しようにもできない。


流れるようにパスを繋げることがアタックの大きな目標となるのはだから言うまでもない。


ある日の練習でそのパスを見た瞬間にボクは「おっ!」と声を出した。その後すぐにその学生に駆け寄って「今のはナイスパスだ」と声をかけた。するとその学生は、「ずっとそうしたかったんですけれど…」と照れたように言葉を返してきた。そうなのだ。このダイレクトパスは一見すれば横着なプレーとして忌避される。パスとは、きちんとキャッチして、周囲を見てから、丁寧に行わなければならないと思い込んでいる節がある。確かに、クロスの使い方がまだ拙い初心者の頃はこうした丁寧さをもってパスをしなければならないだろうが、ある程度の習熟に達した後になってはこの「丁寧さ」は必要ない。かえってディフェンス側にパスコースを読まれてインターセプトされることだってある。おそらくこの学生は、1回生の頃から叩きこまれてきたこの「丁寧さ」に引きずられ、「もっとこうしたら有効なパスができるのに」という身体の内奥からの直感に正直になれずにいたのだろう。だがある拍子に身体が勝手に動いてついダイレクトにパスをしてしまったのだと思う。つまりあの日のダイレクトパスを放った瞬間に彼女の中で「殻が破れた」のだ。


厳密に言えば、その時のダイレクトパスは繋がらなかった。相手側が「まさかあのタイミングでパス来るとは思ってなかった」、つまりキャッチする準備ができていなかったがためにボールは無情にも地面に落ちたのだが、そんなことは関係ない。そこにどういう意図があったかが大切なのであって、次に同じようなシチュエーションが訪れたときにミスが起こらないようにすればよいだけだ。そのためにはどうするか。それは、キャッチする側が「ダイレクトパスが来るかもしれないという準備を絶えずしておくこと」。そもそも「チームの中にダイレクトパスを放る選手がいる」という認識がなかったわけだから、受け手の準備が整っていないのは当然である。うちのチームのほとんどの学生たちの意識の中には「ダイレクトパス」という概念が、おそらくなかった。そんな中で、突然ダイレクトパスを放られても誰も反応できやしない。


ただ、その一つのパスで変わる。意識が、変わる。その学生にパスを出した瞬間、すぐにリターンで返されるかもしれないという準備が、練習を重ねるうちにできてくる。「ダイレクトパスがくるかもしれない」という心構えですべての練習に取り組むうちに、徐々に反応できるようになってくる。


この意識ができてくると、おそらくはパスのつなぎがスムースになってゆく。言わばシームレスなパスのつなぎへと変わっていくに違いない。なぜなら、パスした後、次の動きへの準備がすぐにできるようになるからである。これが全体に波及していけば、パス、キャッチ、ランの境目がぼやけてきて、顧問就任当初からボクが言い続けている「ながらのプレー」につながっていくだろう。と、なんだか話が大きくなってしまった感があるが、こればかりはあくまでも期待の域を出ない。ただなんとなく確信に近いものを感じているが、こればかりは試合を見てみないことには結論づけることはできない。でもたぶんそうなるはずだけどなあ、なんて。


そしてここからが本題。チーム内でひとり、ダイレクトパスができるようになったと同時に、他の学生たちもダイレクトパスを試み始めたのである。その学生と「まったく同じように」とは言えないまでも、ダイレクトパスに近い形で、つまりキャッチしてからパスをするまでのボール保持時間が格段に短くなった。この変化は練習を見ていてとても驚いた。流れるようにパスが繋がればディフェンスされにくい、だからなるべくボールを止めないように、という指導は、これまでにもしてきたが、なかなか浸透しなかった(今から思えば当然で、言葉で説明するだけでできるわけがないのだ)。でも、チーム内の誰かひとりがそのプレーを試みて、それを見た周囲の選手たちがそのプレーに呼応するかのようにほぼダイレクトにパスをつなぎ始めた。その結果としてチーム全体のパスのつなぎ方が明らかに変わったのである。


つまりこれは、「そんなことできるんや!っていうか、やってもいいんや!」という気付きがもたらせた一つの効果なのだと思う。この気づきが、その学生をはじめ、チーム全体のブレークスルーをもたらしたのだと思う。論理的にこうなることは薄々感じてはいたものの、グググッと変化したその現場に居合わせてみたら、これほどまでに変わるのかと驚いた。ビックリして興奮して、スポーツを指導する上でこれはとても大切なことだから身体に刻み込んでおかなくてはと心に決めたのであった。


そしてここからの指導者の仕事。つまりボクの仕事は、そのダイレクトパスが「横着で、いい加減で、軽いパス」にならないようにじっと見極めること。それを見極める目を養わなければならないということだろう。プレーの善し悪しはまさに紙一重なのだから。よし、がんばろう。これからの学生たちの成長がとてもとても楽しみで仕方がない。





nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「伊良部氏への追悼」身体観測第125回目。 [『身体観測』]

 伊良部秀輝氏の訃報を知り、やり場のない脱力感を覚えた。個人的な知り合いでも、熱烈なファンでもないのに、しばらく呆然としてしまった。あれほどまでに見る者を魅了した選手がなぜ自殺するに至ったのか。憮然とした表情を浮かべ、悪びれた素振りを見せる彼の姿が、ふと思い出される。



 人気と実力を兼ね備えた選手だったことに異論を唱える者は誰もいないだろう。最速158kmの直球と鋭角に落ちるフォークの切れ味は素晴らしかった。テレビ画面に映る仏頂面は時折見せる笑顔を際立たせ、挑発的で言葉足らずなコメントは茶の間を盛り上げた。ぶっきらぼうだからこそ愛される、そんな選手だった。


 だが、本当のところは違ったらしい。かつてのチームメイトによれば、身体のケアや投球フォームに人一倍のこだわりを持ち、野球のことなら朝まで語り続けられるほどの野球小僧で、繊細な心の持ち主だったという。だとすればメディアへの無愛想な態度も過度の飲酒も、自分を守るための手段だったのだろう。メディアが伝える映像と記事をもとに僕が勝手に描いていたイメージとは全く異なり、ほとんど別人だったようである。


 子どもの頃から身体能力に秀でていたが故に、いやが上にも脚光を浴びる存在としてこれまでの人生を歩んできた。一挙手一投足に注目が集まり、親や先生や友達は自分のことを噂する。こうした幼少期を過ごせば、周囲の期待を背負うことが生への実感そのものになる。だが、引退してそれが叶わなくなると、一抹の寂しさが心を浸食し始める。自らの存在価値が薄まっていくような不安感を、多かれ少なかれ引退後の選手は抱え込むことになる。



 あれほどまでに世間の耳目を集める存在だっただけに、心に去来した不安感は相当な厚みがあったに違いない。心よりご冥福をお祈りしている。



<2011/08/02毎日新聞掲載分>





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2011年度ラクロス部夏合宿終了。 [ラクロス奮闘記。]

それにしてもまた更新が滞ってしまった。なかなか書けずにいる自分を歯がゆく感じてはいるが、こうした停滞時期もまた今のボクには必要なのだろう。そこは割り切って、書ける時に書いていくことにする。

昨日までラクロス部の合宿で岐阜県は飛騨流葉に。昨年と同じ「ロッジ千台屋」という宿に泊まり、3泊4日の日程でした。関西ラクロスリーグが13日に開幕し、神戸親和女子大学の初戦は21日。それに向けての最終調整をするという位置づけで、この合宿を行ったというわけです。とは言えラクロスは毎年8月の半ばから終わりにかけてリーグが開幕するので、夏合宿が最終調整的な意味合いを持つのは毎年のことです。とにかく反復したり、走り込んだりするのではなく、あくまでも最終調整をすることに意味がある。ボクはそう考えて乗り込みました。おそらく学生たち一人一人もそのような意識で臨んだのではないかと思います。

この合宿で徹底しようとボクが考えたのは「オンとオフの切り替え」。すなわち気持ちのスイッチを意識的に入れる癖をつけなければ、と考えたからです。この「オンとオフの切り替え」は、もちろん普段の練習から意識的に行っておかなければならないことです。試合開始と同時に100%のパフォーマンスを発揮して試合の主導権を握れば自分たちに有利な試合展開になる。また、相手に得点を決められたのちに素早く気持ちを切り替えていつも通りのパフォーマンスができれば試合は必ず拮抗してくる。ひとつのミスに落ち込んだりせず、気持ちを切り替えて再び積極的なプレーができるかどうか。それがよい流れを作ることにつながります。

ただどうしても学生同士では気持ちを切り替えることは難しい。暑さや疲れが「まあええか」という諦めを生み、続けざまに得点を決められると「どうしよう」という不安が芽生え、それがメンバーに伝染していきチーム全体のパフォーマンスが下がる。こうなれば勝てる試合も落としてしまう。イーブンボールなはずなのになぜか相手に有利な転がり方をしたりして、いわゆる試合の流れが相手に傾いてしまう。これはただ単なる偶然などではなく、芽生えた不安とそれからくる焦りによって無意識的にそうさせてしまう。だからどんな情況にあろうとも試合中は後ろを振り返ってはいけない。取られたら取り返せばいいのだし、諦めてはいけない。そのためには普段から「オンとオフの切り替え」を習慣づけておく必要があります。

ひとつ屋根の下で寝食を共にする合宿では継続して練習を見ることができますし、食事やミーティングなどで一人一人の顔を見ることができる。そして個人的にアドバイスしたいなと思えば宿舎内でのすれ違いざまに声をかけることもできる。何かを徹底して意識させるには合宿というのはとてもいい機会です。何より皆が同じ時間に起きて、食事をして、練習をするという、同じ時間の使い方をすることでの一体感はとても心地が良い。気分がいいときには気持ちのよい言葉を口にしやすくなるし、おそらく聴く方にしてもすんなりと入ってくるはずです。

てなことでひとつの大きなテーマとして「オンとオフの切り替え」を掲げてみましたが、この合宿に限ればそれは成功したのではないかという手応えがあります。ただ、問題はこれからです。ここから約1週間後の試合までにそれを継続できるか。そして、リーグが続いている間ずっとこの「オンとオフの切り替え」を意識して練習できれば、チームはがらっと変わってくるように思います。

スローにしてもキャッチにしても、それぞれの技術は格段に上手くなっている。ラクロス素人顧問のボクが言うのもなんなのですが、その成長ぶりにはちょっとびっくりしてます。ただ、だからといって試合に勝てるかと言えばそうは問屋が卸さない。重圧がかかる試合で、練習の時と同じようなパフォーマンスができるかどうか、それは全くの別問題です。体勢が崩されても落ち着いてプレーできるか、多少スローが乱れても落ち着いてキャッチできるか、ここで決めなければ負けるという場面で落ち着いてシュートができるか。つまり「落ち着いて」プレーすること。それができるかどうかはまだ未知数です。

「オンとオフを切り替える」という意識は自分を落ち着かせ、またチームを落ち着かせるためには身につけておくべきこと。いや、それがまずあって、その上にいろいろな技術を積み増すことで選手として成長してゆく。確かに技術的な向上は自信を生み、その自信がどんな状況に置かれても動じないほどの落ち着きを生むということもあります。だから一概に言い切ることはできないかもしれない。でも少なくとも今のうちのラクロス部にとっては「オンとオフの切り替え」という心構えを身につけることが必要不可欠だと言い切ることができる。

試合開始と同時に100%のパフォーマンスを発揮し、後半開始直後も同じようにプレーする。ミスが起きてもいちいち落ち込まずにそれのフォローに全力で取り組む。点数を取られてもめげずに次の1点を取りにいく。こうした心構えで試合に臨めるように学生たちをサポートしていきたいと思います。


ちなみにこの合宿を通じてボク自身が強く実感したことがひとつあって、内容としてはこれまでに何度も考えてきた内容なのだけれど、それを身体で感じ取ったというか、ストンと腑に落ちたのだった。それは、『「そんなことできるんや」「そういうことってやってもいいんや」という気付きがもたらすブレークスルー』なんだけれど、短い言葉では説明できそうもないので、また後日あらためて書いてみようと思う。上手くなるってこういうことなんですね。だとすれば指導とは「そそのかす」ってことなのかもしれません。




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。