So-net無料ブログ作成

「ハンガーノック」だったのかも。 [スポーツあれこれ]

今日もまた神戸マラソンのお話です。

30km
にも満たない地点で歩き始めてしまったことは昨日のブログで書いた。鉛のように固まってしまった両脚を引きずりながらかろうじて完走したことは周知の通りだが、その様子をブログで読んだある方からツイッターでアドバイスをいただいた。もしかすると「ハンガーノック」という状態になったのではないでしょうか、と。

ハンガーノックとはなにか。ちょいと調べてみたらいわゆるガス欠のことだった。個人差はあれど運動を約2時間続けて行うと血中の糖質が枯渇する。それはつまり身体を動かすエネルギーがなくなるということで、だから身体は途端に動かなくなる。ガソリンがなくなれば自動車は動かない。当たり前ですね。言わばそうしたガス欠状態に陥らないために、15kmくらいで早めに補助食品を口にするマラソンランナーは多いですよ、ということであった。

この指摘を受けて思い返してみたところ、脚が動かなくなったのは確かに2時間を超えてからだった。21kmを過ぎた辺りから「あれっ?」となり、そこからみるみるうちに身体が鉛と化した。「ぎしぎし」という感覚が両脚に広がり、特に膝から下がほとんど動かず、まるで地面から生えているかのような重さを感じた。そこから5〜6kmもいかないうちに歩いてしまった。

それともうひとつ、走り始めてから歩き始めるその地点まで水分以外は何も口にしていない。お腹も空かなかったし、水分だけで事足りるとなぜだか思い込んでいた。栄養補給をするなんてことがもともと頭にはなかった。完走をするためにマラソンについて事細かに勉強して準備をするよりも、楽しさや痛みやつらさをそのまま身体で感じたかったのであえて知識を詰め込まなかった。意図的に情報を取り込まなかったのだが、それにしても知らなさすぎたということだろう。マラソンは甘くなかった。

さらに言うと、だんだん脚が動かなくなる中で意識が薄らいでいくようななんとも言えない脱力感を感じたのも覚えている。この脱力感には何となく危機感を覚えたので、「これはアカン、完走だけはせんと格好がつかん」と強く思い直し、歩くのは完走のためなのだと自分に言い聞かせて自信満々に歩いた。これは脱水症状一歩手前、つまりはエネルギーが枯渇しかけていたのだ、おそらくは。そこから先の給水所ではスポーツドリンクを多めに飲み、沿道で差し入れてくれるチョコレートを頂戴し、途中でコンビニによってウイダーインゼリーを口にした。もしかするとこうしてエネルギーを補給したからこそ最後の5kmは走れたのかもしれない。

そして、マラソンを走り終えて今日が2日目だが、思ったほど筋肉痛がひどくなく、階段の上り下りもほとんどいつもの通りにできるようになった。これはつまり、筋肉への負荷がそれほどかかっていなかったと考えることができる。「もしかしてもっと走れたんとちゃうやろか」と思い始めてもいるが、おそらくこれはマラソンを走り終えたランナーの誰しもが考えることだろう。「喉元過ぎれば熱さ忘れる」ではないが、痛みや疲れが落ち着いたあとに「たられば」の話はいくらでもできる。でもね、やっぱり思ってしまうのだ、なぜならそれは悔しいからである。やっぱりボクは負けず嫌いだ。

ここまで書いてまたひとつ納得。走り終えた日の夜に、幾度となくマラソンを走った友人たちが口を揃えて「また数日したら走りたくなりますよ」と言っていた。もうこりごりだと感じていたボクはこの言葉には半信半疑だったが、今ならなんとなくわかる。こうして振り返ってうまくゆかなかった現象のひとつひとつを解決していくことによってまた走りたくなるということなのですね、きっと。だとすればボクも忠実に世のランナーたちの定型にはまりつつあるということか。つまりは走ることの魅力に取り憑かれつつあるということなのかもしれない。走り終えてすぐはあれだけもうええわと感じたのにこの心境の変化はいったいなんなのだろう、ほんとに。

それにしても指摘していただいたこのハンガーノックという状態は、見事に心当たる。ということはだ、次は栄養補給を考えて走ればあのガクンとなる失速は避けられるかもしれないということか。ふーん、そういうことなのか。へー、そうなんですね。

ということが明確にわかったとしても、この先、走るかどうかについてはまだ書かないことにしておきます。心の奥底で沸々と湧いてくるものがあるのは確かだけれど。

もし明日が晴れならちょっと走ってみるか。




nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2011'神戸マラソンを走り終えて。 [スポーツあれこれ]

「参りました」というのが正直な感想である。マラソンに求められる身体能力とはいかなるものかを探ろうとしたが、そんな余裕があったのはちょうど半分を過ぎる辺りまで。「30kmの壁」があれほどまでに分厚いとは夢にも思わなかった。何とか完走はしたもののタイムは5時間44分。走る前は目標タイムを5時間とし、できれば4時間台で走ろう、いや順調にいけばそれは固いだろうと高を括っていた。この目論みは甘かった。とてもとても甘かった。

よくよく思い出してみれば現役の時から長距離走は苦手であった。体力測定でよく走った3000mも決して速いわけでもなく、かといってめちゃくちゃ遅いわけでもない中の中。持久力を測定するマルチステージという種目も(20mの距離をブザー音に合わせて行ったり来たりする、だんだんブザー音の間隔が短くなり、音に合わせて走れなくなるまで続けるというもの)レベル14程度。

うーん、我ながらこんな大事なことをなぜ忘れていたのだろう。不思議である。

しかも現役を引退してから5年が経っているわけで体力の衰えは否めない。神戸マラソンに向けて週2回は必ず走っていたとはいえ、その衰えを補えるところまでの練習量だったかというとそうでもないような気がする(今から思えばということだが)。いずれにしても「目論みが外れた」ということである。

大会前日に、ラグビーとマラソンでは求められる身体能力が違うであろう、特に持久力が違うはずだからその違いを探りながら走りたいと、ブログに書いた。その答えを端的に言うとすれば、想像を絶するほどに違ったという表現になる。「たぶんこれくらいだろうな」と想像していた範囲を軽く凌駕するほどの持久力が必要で、それはラグビーとは際立って異質なものであったと言わざるを得ない。

これまで3時間台でしかマラソンを走ったことがないという友人に、「初マラソンなら出だしは“そろり”といった方がよいですよ」というアドバイスをいただいていたので、ボクとしては細心の注意を払って“そろり”と走り始めた。とにかくゆっくりのペースで、沿道に群がる人たちからの声援に応えたり、周りの景色を楽しんだり、JR鷹取駅を過ぎた辺りで顔見知りの先生を見つけて「おおっ」となったり、心にも余裕を持ちながら走ることを心がけた。競い合ってではなくこうしてのんびり走るのはいいものだなと、このときはまだ走ることを楽しめていた。

ちょうど明石海峡大橋が見えた辺りで、気持ちの上で少し急いた。欲が出た。(このペースでいけば4時間台は確実だな)と腕時計を見て思った。おそらくこのわずかな慢心、ふっと意識が未来にいってしまったことでペースが乱れたのではないかと推察される。まだ一度も42.195kmを走ったことのない人間が「このリズムを刻んでいけばいける」と思うのは慢心以外の何ものでもない。言うなればラグビーを通じて培ってきた感覚をそのままマラソンに当てはめて判断を下したということだ。しかも当時から長距離走が苦手だったのだから傲岸不遜に過ぎる。図らずもハイペースになるのは致し方がない。

それでも25kmぐらいまでは悠々と走れた。だがそこから未知の世界が待ち受けていた。両脚がギプスで巻かれたかのように動かなくなった。息はほとんど上がらないながらも脚が動かない。これが「30kmの壁」ってやつかとその時は思った。マラソンという競技に特徴的な「30kmの壁」。頭では理解していたつもりだったが、まさかこれほどまでとは想像もできず、やがて歩き始めてしまった。ああ、情けなや。

そこからはただ完走するためだけに歩きました。最後の5kmは、沿道で応援してくれる人たちに申し訳なくて、最後の力を振り絞って走ったけれど、実のところはフラフラ。ゴール間近ではあるボランティアの方に「平尾〜、がんばれ〜!」と声をかけられ、「うわぁ、オレってバレてるやん、こりゃ最後だけでも走らなアカン」となった(声援、ありがとうございました)。

ホントに疲れたというのが率直な感想。走り終えた後すぐ嫁に言った言葉が「もうこりごりや」でした。

そんな中でも、ラグビーとマラソンの持久力の違いはなんとなくですがつかめたような気がしている。たった1回走っただけでそのすべてを理解したと思ってはいないが、一つだけ朧げながらつかんだ感覚がある。それはスピードコントロールの感覚。

走るスピードをコントロールするときにラグビーではアクセルとブレーキを踏み分ける。それに対してマラソンはアクセルだけで行う。急激に止まるシチュエーションなどないのでブレーキは必要ない。どうしてもアップするペースを抑えるときにはブレーキを踏むのではなくアクセルを緩める。時にはニュートラルに入れて惰性で走り、エンジンブレーキを効かせながらペースダウンを図ったりもする。つまり入力から出力までに遊びがあり、急激な変化をよしとしない。それはカラダだけでなく意識においてもそうなのだと思う。

ということから考えていくと、今回のボクの失敗が浮き彫りになってくる。おそらくボクは徐々にアップしていくスピードをブレーキを踏むことで抑えていたのではないかと思われる。つまりはラグビー的な身体運用そのままに走っていたということ(気をつけていたつもりなのに)。アクセルとブレーキを同時に踏み込んでスピードを抑えていたんじゃないだろうか。だから途中で筋肉がオーバーヒートしてしまった。

歩き出した自分を受け入れられず、カニやしまうまの着ぐるみを被った人やスパイダーマン、どうみても年配の方々に、次々と追い抜かれて行く中でふと腑に落ちたのがこの感覚である。できれば次に走るときには、この感覚を頼りに練習を繰り返して本番に臨みたいとは思うけれども、今はもうマラソンはこりごりだと思っているからおそらくは叶わぬ目論みであろう。いや、でもやっぱりここまで書いてしまうともう一度走って確かめなければならないか、なんて思い始めている自分がいたりもする。どうするか。まだここでは結論は出さないでおこう。ただし、マラソンを走る走らないに関わらずランニングはこのまま続けていくつもりだから、「ブレーキを使わない」でペースを落とす感覚を探りながら家の近くや大学のグラウンドを走ろうとは思う。

とにかく疲れました。



nice!(2)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2011’神戸マラソン前夜に。 [スポーツあれこれ]

いよいよ明日は神戸マラソンである。当日までまだ時間は充分にあると思っていたら、あっという間に前日になった。いつもと同じ時間に目が覚めてすぐに内田樹先生の『呪いの時代』を読み、二度寝したあとマラソンウェアを買いにぶらぶらと出かけ、友達の結婚式の2次会に出席する嫁を送り出したりしてたら、あっという間に夜になった。ゼッケンもつけたし、明日の集合時間の確認もしたし、これであとはご飯を食べて寝るだけである。寝て起きたらもう走るのかと思うと、なんだか少しドキドキしてくる。

なんとなくこの感じは懐かしいぞと思ったら、現役時代、公式戦前夜の「あの感じ」に似ているのだった。緊張の度合いは比べるまでもなく現役時の方が強いけれど、意図的に何かに取り組む、すなわち本番を前にした緊張感という意味では感覚がとてもよく似ている。講演をする前もこれと似たような感覚が襲うけれど、たぶん同じ類いのものだとボクには感じられる。何かを為そう、為したいという想いに付随して必ず訪れるものに緊張感がある。たぶんボクはこの緊張感が好きなのだと思う。

「これまでの人生の半分以上を必死になって身体を使ってきたのに完走できなかった恥ずかしいなあ」という弱気の虫が騒いだり、「この調子だとかなり早いペースで走れる気がするぞ」という根拠のない自信が湧いてきたり、はたまた直前になってちょっとだけ面倒くさくなってきて、一刻も早く住吉方面に行きたい衝動に駆られたり、心が揺らめくのもまたご愛嬌である。こうした揺らめく中で徐々に気持ちを一つの方向に向けてゆく。その作業をこれまでずっとやってきた。だからとても懐かしいのである。

この神戸マラソンで試したいことが一つある。それは「マラソンに求められる身体能力とはいかなるものかを探ること」である。

ラグビーというスポーツに求められる能力は、前後半合わせて80分間ですべてを出し切ることである。全速力で走ることはもちろん、走る方向を絶えず探りながらスピードをコントロールしたり、地面に倒れてもすぐにまた起き上がって走ったり、80分間の中でじたばた動くことが求められる。それに相手との接触があるため、もしもタックルされたときにはすぐに受け身がとれるように身構えていなければならない。ジタバタしながらピリピリしつつ、それでも総じて冷静でいなければならないのがラグビーというスポーツである。

これに対してマラソンはまったくの正反対と言ってもよい。頻繁に方向転換はしなくてもよい。自分にとっての最適なペースで走ることが目指されるため、急激なギアチェンジなどしなくてよい。自分めがけて相手がぶつかってくる危険がないから、精神的に張りつめておく必要はほとんどない。神経を尖らせた上で冷静さを保たなければいけないのがラグビーだとすれば、マラソンは全身のこわばりを解きながらも解きすぎないような仕方で冷静さを保つ必要がある。

もちろんオリンピックを目指すような、競技的に行われるマラソンではこの限りではなく、それなりに神経を尖らせることも必要になってくるのだろうけれど、ただ根本的な部分における競技特性はほとんど正反対だと思う。

つまり端的に言えば、ラグビーに求められる持久力とマラソンに求められる持久力の違い。このあたりをちょいと探りながら走ってみようと画策しているのである。

「今だ!トライがとれる!」という場面では思い切りアクセルを踏み込んで加速を試みるのがラグビー。目の前にぶら下げられた人参を追いかけるように、このときばかりは全速力で走る。相手DFに阻まれてトライがとれないとなると、すぐさま次のプレーにも参加しなければならないが、このときもまた気力を振り絞って全速力に近い速度で走る。そうこうしているうちにどちらかがミスをしたりしてレフリーの笛が鳴る。そこでちょっと休憩できる。つまり、走る→休憩→走る→休憩・・・という連続がラグビーである。

マラソンはほぼ一定のスピードで走り続けなければならない。スピードを上げすぎれば最後にバテてしまうし、序盤で抑えすぎればタイムは伸びない。その瞬間瞬間の、自分にとっての最適なペースを保ちながら、且つ周囲の選手と駆け引きを行いつつ走る必要がある(ボクの場合はこの駆け引きはしなくてよいけれど)。

瞬間的に加速できるように準備しておきながら相手とぶつかり合いつつ80分間を走るのがラグビー。マラソンは、速度を上げすぎないように、でも抑えすぎないように、その瞬間瞬間の最適なペースを辿ることが求められる。この違いを身体で感じたいなあと思っているわけである。

さーて、明日はどうなることやら。どうやら雨は上がったようで一安心。いくら雨中で走ることに慣れているとはいえ、初マラソンはできることなら好天の中で走りたい。まあでも降ったら降ったときである。久しぶりにこの身体とじっくり向き合って、あーだこーだと対話しながら走るとするか。ここまで書いたらとても楽しみになってきたぞ。感想は乞うご期待!





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

嫉妬されるのはモテてるってことで。 [身体にまつわるお話]

______

身体への意識は、ひとたび不調になった途端に急激に高まる。筋肉痛とか発熱による節々のぎこちなさとか頭痛とかが襲っているときは、いやが上にも身体に縛り付けられる。これはもしかすると、あまりに放置されたが故の、身体からの嫉妬なのかもしれない。もっと興味を持ってよ、というね。

もし、体調が特に不調でもないときに自らの身体を意識する契機が瞑想なのだとしたら、定期的に胡座をかいて目を瞑って心を落ち着けておけば、身体に嫉妬されたりはしないってことになる。心身の状態を安定させる、身体を大切にするっていうのはこういうことなのかもしれないなあ。
______


数日前のツイッターでボクはこんなことをつぶやいていた。今日はこの「身体からの嫉妬」について、もうちょっと踏み込んで書いてみようと思う。

身体というのは考えれば考えるほどに不思議である。自分のもの、というか自分そのもののはずなのに、うまく制御できなかったり、ほとんど同じようなサイクルで生活しているにもかかわらず体調が良くなったり悪くなったりする。心臓とか胃とか肝臓とかがこの身体の中にあって、それぞれが活発に働いてくれているからこそボクたちは生きていられるわけだが、自分自身のそれらを直に見ることはできない。いや、他人のものを見る機会にもおそらくそんなには恵まれないだろう。医学の発展によって心臓や胃や肝臓という専門用語がふだんの生活の中で使われるようになって久しいが、ボクたちは見たこともない自分の一部である臓器についてあたかも周知の事実のようにして語っている。休肝日は肝臓を休ませる日という意味である。もの言わぬはずの肝臓を休ませるのはその機能がよく周知されていることの裏返しであり、「そこにあるはず」というだけでこれだけ手厚く扱っている事実は、よくよく考えてみれば滑稽な話だ。

もの言わぬ臓器としての肝臓がそうなように、ボクたちはまったくもって健康な時は自らの身体を意識することはほぼない。たとえば胃腸は、調子が悪くなって痛みが生じたり、グルグルと活動を活発にした時にその存在感を露呈する。空腹を感じた時や食べ過ぎた時にも存在感を増すが、それは身体からの欲求という解釈であって、胃腸そのものへの意識ではない。

この身体の中に胃腸があるのだな、胃腸以外の内臓もこの中にはたっぷりあるんだよな、と自らの腹部あたりにまなざしを向けていると、いやな重苦しさはあれども(今、体調が悪いからね)無性に愛おしくなってくる。おお、オレの身体よ、と思う。

そんな身体だけど、普段はてんで放ったらかしである。「便りのないことが無事の証拠」ではないが、そもそも健康とはどういう状態かをじっくり考えてみたらわかる通り、意識の上で何も感じていない状態がまさしく健康である。痛くも痒くもなく、ほぼこちらの思惑通りに手足が動く状態が健康といっても差し支えないだろう。だから身体は、その存在感を四方八方にまき散らすことなく、ただそっと傍らにあるという表現がぴったりくる。

「へえそこにいたのか、あんたは」と、まるでいなかったように扱われることに身体は慣れている。でも慣れているとはいっても時にはかまってほしいのが人情というものだろう(身体に人情はあるのか?)。

「ちょっと言っていいですか、あんたがあくせく働いて、おいしいもんを食べて酒も飲んで、そうして日がな楽しく生活できてるのもね、もとはと言えばあっしがいるからなんですよ、そこんとこ忘れてもらっちゃあ、困るなあ」と、ときどき嫉妬心を抱く。それが風邪などの体調不良として自覚される。

放ったらかしにしてたら、してた分だけ仲直りするのにも時間がかかるから、まるで恋人みたいなものだ。そんなときは素直に「すんませんでした、以後は気をつけます」とおとなしく機嫌が治まるのを待つしかないのである。言い訳すればするだけこじれるのは目に見えているから、もちろんしない。この辺もまったく恋人と一緒である。

てなことを妄想するくらいにしんどい今回のボクの体調不良だが、なぜこうなったのかを思い返してみると、身体をわかったつもりになっていたことに起因するんだろうなと漠然と思っている。だが、断定はしない。断定してしまえば、また「あんたは全然わかっていない」とまた強烈な症状が襲うような気がするからである。今後ともこの嫉妬深い自らの身体とは、じっくりと腰を据えて付き合っていく所存である。

なんのこっちゃ。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。