So-net無料ブログ作成
検索選択

女子サッカー・川澄奈穂美選手の取り組み。 [スポーツあれこれ]

現在発売中の『Number Do』(winter 2012)を読む。サッカー女子日本代表の川澄奈穂美選手が両手で力こぶを作りながら振り返っている表紙のそれである。その川澄選手のちょうど腰のあたりに白い文字で、“理想のカラダのつくりかた。”と書かれている。また筋トレやバランスのとれた食事などの効率的に筋肉をつける方法が、これでもかとばかりに綴られているんだろうなと、テーマにはほとんど惹かれなかったものの、川澄選手の逞しい後ろ姿に思わず目が留まり手に取ってしまった。いや、逞しい後ろ姿ではなくその可愛い笑顔に、というのが本音である。

その愛嬌のある笑顔で人気急上昇中の川澄選手が目指す理想のカラダは、なんとケモノだそうだ。見ていて美しいカラダではなく、ケモノ。さすがは世界一に輝いたチームのメンバー、掲げる目標がひと味違う。その字面からは臭いすら漂う「ケモノ」なカラダは、ボクが解釈するところによると、おそらく「動物的なカンが働くカラダ」だろう。その瞬間瞬間に訪れる情況において常に最適なプレーが選択できるカラダ。頭で考えるまでもなく独りでに動いてしまうカラダ。まさにケモノが身を翻すようにしてボールに迫る。その容姿からは到底想像できないけれども、そのギャップがさらに大きなインパクトを与えている。

そうなのです、ボクは川澄選手のファンなのです、ここまで書いてきて敢えて言うまでもないことでしょうけれども。

「ケモノなカラダ」がロングスパンでの目標だとすれば、もう少し手前には「疲れないカラダ」という具体的な目標を掲げているという。決して大きくはないカラダで世界と戦うために必要なのが「疲れないカラダ」であり、日々、こうしたカラダづくりを意識しつつ練習している。確かに試合を見ればグラウンドを縦横無尽に走り回っている印象がある。その上、ある試合では瞬間的に時速30km100mにすると12秒)が出ていたというのだから、ときに全速力をしながらもずっと走り続けるその能力には恐れ入る。

疲れないカラダ、か。そんなカラダになれたらどんなにいいことだろう。現役を引退した今となっては日常生活においてということになるが、そうなるとカラダよりも心の部分における取り組みが重要になるのは火を見るよりも明らか。人間関係を円滑にするためには、というような視点でね(ってなんのこっちゃ、脱線、失礼)。

でもこの疲れないカラダとは、言ってしまえば効率的に身体を使うってことで、つまりのところは筋肉に頼らず骨や関節などの身体構造を生かして動くことに他ならず、これって武術的な身体運用ってことだ。行き着く先はやはりここなのだな。なるほど。

以下は興味深いなあと感じた箇所。



・カラダづくりが好きなので無意識にトレーニングをやっているから「やってる感」があまりなく、歯磨きやご飯を食べるように日常の一部となっている

・試合の1日前と2日前はカラダとの対話を心がけている。試合でパフォーマンスを発揮するために、もっと動いておきたいと思えば攻守の切り替え時などで意図的に走り込み、あまり動かなくても大丈夫だと思えば適当にサボる

・朝、昼はあまり量は食べず、夜は自炊をしてバランスよく食べる。食事の内容はあまりこだわり過ぎないようにしている


スポーツ選手に抱くイメージとしてのストイックさとはまるで毛色の違う取り組みであることは一目瞭然。手応えばかりを追い求めてゴリゴリに行う練習ではなく、試合でパフォーマンスを発揮することを第一に考えながら身体と対話をするような仕方で取り組む練習をし、とんでもない量だったり、サプリメントから栄養素までびっしりと管理された食事ではなく、あくまでも楽しむことを前提とした食事をする。これが世界一に輝いたチームの一員の、スポーツへの取り組みである。

川澄選手以外にも取り上げたい人物がいるのだが、それはまた後日。
この『Number Do』、おススメですよ。

 



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「面倒くささ」の意味。 [あんなことやこんなこと]

あけましておめでとうございます。

という、いささか遅きに失する新年の挨拶をしておいて久しぶりに書き始めてみたい。1ヶ月以上も放置したことはこれまでになく、「どうしたんだろう、なぜ書くことに戸惑っているのだろうか」と頭を抱え込んでいるうちに、あれよあれよと時間が経過してしまった。考えれば考えるほどに書けなくなって今日まで至ってしまったというわけである。

この間の拙ブログへの足跡を調べてみると、更新されていないにも関わらず幾度となく訪れてくれた人たちがたくさんいた。申し訳ない気持ちとありがとうの気持ちでいっぱいである。あたらしい年も迎えたことだし、心機一転、書いていく所存なのでどうかよろしくお頼申します。

それにしても前回のエントリーが11月も終わりの神戸マラソンに関する内容というのには驚くしかない。なぜ気持ちが向かなかったのだろうかと、振り返ってみたところでその原因が明らかになるとは思えない。とにかく書けなかった、書きたくなかった。誤解を恐れずに言えば「面倒くさかった」。

何が面倒くさかったのかというと、あらゆる人たちの目に触れるネット上で書くこと、にである。ネットという広大な世界の、ちょっとした木陰に看板を立てかけて書いているに過ぎないとは言え、名前を名乗って文章を書いている以上はやはり一定の気配りを為さねばならない。想定される読者を頭の片隅におきながらオブラートに包みこむような表現を使ったり、人物が特定されないように固有名詞を避けたりすることは、ネット上で書くには必要不可欠だ。迎合ではなくあくまでも配慮として、である。

こういうことは当たり前すぎて、あえて書くまでもないことなのだろうが、あまりに当たり前に過ぎることは慌ただしい生活の中では意識に上ることが少ないため、「あえて」書いておかなくてはならない。少なくともボクはそうしておかないと、つい失念してしまうのである。そして失敗が重なって落ち込むことになる。しゅん。

つまり、である。ここんところのボクはこうした配慮をするのが面倒くさかったのである。書きたいことや言いたいことは山ほどあった。でも書けない。書きたくなかった。なぜなら面倒くさいから。

ボクに対して好意的な読者ばかりならよいのだけれど、ネット上にはそんなぬるま湯な言論の場はどこを探してもみつからない。揚げ足をとろうと待ち構えている人たちがうようよしているのがネットという世界である。しかもこうして書かれた文章は意図して消去しない限り半永久的に残存する。サイトを作ったのが2002年、それを引き継ぐ形でブログを始めたのが2007年、それ以降であれば何年何月にボクが書いたことは書かれたときのそのままの状態で一字一句変わらずに残っている。

ただ思うのは、残っているそれはあくまでも字面だけなんだってこと。ボクは自らの書いた過去の文章を読んでいるときに、書かれた内容だけを懐かしんでいるのではない。言葉の連なりをなぞりながらふっと湧いてくる想像力が、想いもよらずに四方八方に派生し、その時代に感じていたことや考えていたこと、頻繁に会っていた人のことなどが数珠つなぎに自然と浮かんでくる。あるひとつの事象を書き綴った言葉の連なりがきっかけとなって、そこに一言も書かれていないあんなことやこんなことが次々と浮かんでくる。それらをひっくるめてボクは昔を懐かしんでいるのであり、それがつまり言葉の連なりとしての文章なのだ。

そう、言われなくてもわかっている。もしものときを考えてボクは言い訳をしている。ここまでつらつらと書き綴ってきた文章は、あらゆる方面への配慮が面倒くさくて書けなかった、基、書かなかった、その理由をもっともらしく述べているに過ぎない。言葉で言い表すことのできるものは、たくさんの事象のうちのひとつであり、書かれたものだけがすべてではない。その日のうちに考えたこと、行動したこと、感じたことが無数にあるうちのひとつの事象を取り上げたに過ぎず、だからそれがすべてではないのだ、というふうに、揚げ足を取ろうと目論む人たちへのある種の防御線を無意識的に張っている。

もう一歩踏み込んで端的に言おう。つまりは怖がっていたのだ。書きたい衝動に駆られながらも、その書きたい内容がそれなりの細やかな配慮を必要とする事柄だったのだと思う。「思う」としたのは、ある本の、あるフレーズで一気に腑に落ちたからである。そのフレーズを目にするまではなぜ自分がブログで書くことに前向きになれなかったのかを説明することはできなかったのだから。すでに感じていたものを言葉が縁取る、つまりはこれが「腑分け」なんだろう。

そのフレーズとは以下の通り。


ネット時代の言論弾圧は、「面倒くささ」として書き手の前に立ちはだかることになっている。(小田嶋隆『地雷を踏む勇気』技術評論社)


地雷を踏みにいく勇気をもたねば。

2012
年もどうぞよろしくお願いいたす。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。