So-net無料ブログ作成

リソースコーチになりました。 [ラグビー]

相も変わらず足取りが重いけれど決意表明をした以上は書かねばなるまい。と渋々、書き始めたところである。「決意表明」をしていなければおそらく今しばらくは放置していただろう。決意を表明する、つまりこれは自らの考えを言葉にしておくってこと。そうやって書いたことが心のどこかに引っかかっているから、「やれやれ、ああやって格好つけた手前は書かないと」という動機がいつのまにか生まれる。これを「動機」と呼んでいいのかわからないけれど。とりあえず書けば何かが立ち上がるってことだよな、うん。

さて、いきなり話は変わるが、先週末は久しぶりに秩父宮ラグビー場に足を運んだ。ラグビーの試合を見に行ったのではなく、グラウンド敷地内にあるラグビー協会の会議室で行われた研修会に参加するためである。今年度から「リソースコーチ」を仰せつかることになったので、活動するにあたって知っておかなければならないあれこれについてレクチャーを受けたのである。

「リソースコーチ」とはいったい何か。一言で言ってしまえば、国際舞台で日本代表が活躍するために日本ラグビーのスタイルや選手の育成指針等を全国に提示する役割を担う。なんだかわかったようなわからないような、ややカタめでいささか実感に欠ける自らの文章に首の辺りが痒くなったりもするが、とにかくまあそういうことである。

2019
年にラグビーW杯が開催されるのは周知の通りだが(いや、ぜんぜん周知されてませんよね。あるんです、この日本で、2019年に、アジア初のラグビーW杯が)、そこで日本はベスト8つまり決勝トーナメントへの進出を目標に掲げている。これまで一度も決勝トーナメントに進出したことがなく、それどころか1987年の第一回大会以来まだ1勝しかしていない日本にとっては高すぎる目標かもしれない。いや、「かもしれない」ではなく高すぎる、と思う。昨年秋に行われたW杯の戦いぶりを振り返ってみればそれは明らかである。

しかしだ、国内で行われる大会で予選敗退というのはやはり許されることではない。ここは何が何でも勝たねばならない。そこはある種の矜持として譲れない最終ラインであり、国際大会で戦うスポーツに課された義務でもあるとボクは思っている。

ラグビー協会はそのいささか高い目標の達成に向けて選手強化を進めてきた。その一つが2年前からはじまった「リソースコーチ」という制度である。日本ラグビーが目指す方向性を全国に示す、高校生年代からの一貫指導システムを日本全国に行き渡らせる、主たる仕事はこの2つで、実際の活動はどうかというと、全国9つの地区に分けて行われるブロック合宿に出向いて、選手への指導を行うとともに各地の指導者に対してレクチャーを行う。ミーティングでは日本ラグビーが目指す方向性をレクチャーし、グラウンドでは細かな技術・スキルや身体の使い方までを指導するのである。

ただ、各ブロックにはW杯の開催が決まる遥か昔から指導に従事されてきたコーチの方々がおられる。高校生年代のラグビーが今もさかんに行われているのは、そのほとんどが中学や高校の先生であるこのコーチ陣のご尽力のおかげである(ボクも現役時代には大変お世話になった)。先ほども書いたようにこの方たちにレクチャーすることもボクたちの仕事となる。言わば指導現場でずっと汗をかかれてきた方たちに向かって話をする必要があるってことだ。だからこそいい加減なことは話せないし、理解すべきことはきちんと理解した上で合宿に臨まなくてはならない。さらには自分自身がこれまでの競技経験から身につけた技術やスキルや知見も、きちんとした言葉に乗せて差し出せるようにしておかなくてはならないだろう。そうでなければ、何のためのリソースコーチなのかがよくわからない(と、まだ新米ながらに考えているのである)。

自分の頭を整理する意味でつらつらと書いてみたけれど、改めてここまでを読み返してみると、うん、これはなかなか骨の折れる仕事である。

当然のことながら一度の研修ですべてを把握できるはずもなく、まだこれから勉強することは山積みである。知識として理解しておかねばならないことはたくさんある。だが本質的な問題はそこにはないのだろうと思う。知識的なものは書類とにらめっこすればなんとかなるはずだ。学生の頃の一夜漬けを思い出してとにかく詰め込めばなんとかなる(いや、別に思い出さなくてもよいのだが)。だけど本当に大切なのは知識ではなく、そうした知識が生み出される元になった理念や哲学である。言わばニュアンスであり、エッセンスである。ここの共有なくして本当の意味での日本ラグビーの向上はあり得ない。この部分は決して詰め込むことはできず、実際の活動を通じながらでしか身につかないものだ。だからそれなりの時間がいる。必ず、いる。

だが2019年まであと7年しかない。じっくりと構えて活動することが理想ながらも用意されている時間は限られている。それに、そのひとつ前の大会である2015年のW杯ではベスト10を目標にしているので、この目標を達成した上でとなると残された時間はほとんどないに等しい。

どう考えてももう少し時間が必要である。しかし、十分な時間がボクたちには用意されていない。そしてここで焦れば大切なものを失う恐れもある。うーん、ムズカシイ。とは言え、やるしかないのもまた事実で、ここがとても悩ましいところである。

今のところボクの頭の中では「リソースコーチ」をこんなふうに理解している。とにかくやるしかないことはわかっているが、「やるしかないのだ!」と割り切ることの弊害として考えるべき事柄が疎かにならないようにだけは気をつけたいと思う。気をつけて何とかなる問題ではないのかもしれないけれど、とにかく気をつけておこうと思う。

という今回もまた「決意表明」になってしまった。ま、いいか。



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

自らを解凍すべく。 [あんなことやこんなこと]

いつのまにか新年度が始まっている。大学教員になって5年目となる2012年度はいったいどんな年になるのだろうか。ドキドキわくわく、と言いたいところだが、実はそれほど気持ちは高ぶっていない。「さて、今年もやるか」と、静かなる決意があるだけだ。経験は、きちんと積み重ねれば自信となり、落ち着きを生む。どうやら4年分はそれなりに積み重なっているようである(と勝手に思い込んでいる)。

それにしてもここ1年のあいだは筆が進まなかった。書くのをやめようかとさえ思う時期もあった。それでもやめなかったのは、このブログをやめたら何か大切なものを失ってしまうという危機感があったからだ。それが何なのかよくわからないけれど、とにかくやめてはいけないという心の声が聴こえたというわけだ。

ネットでものを書くようになってからほぼ10年、ボクの生活に「書くこと」はビルトインされていた(頻度が落ちたとしても本質的なところでは今もそうだが)。だいたい1ヶ月に10エントリーだから3日に1回ペースでブログを更新していた。大したネタがないときでも、パソコンを広げて何かしら言葉を連ねていくうちにいつのまにか話が広がっていく。すべて納得のゆく文章かと言えばそうじゃなかったけれど、たとえ理路がよれよれでスッカラカンであっても「まあ、いいか」と流せてしまうくらいの余裕があった。だからなんとなく一定のペースで続けてこられたのではないかと思う。

だがこの1年はこの「まあ、いいか」が許せなかった。正確には5回に1回くらいの割合では許せていたけど、あとの4回はぐっちゃぐちゃに丸めてポイとしてた。パソコンだから「ボタンをポチ」、か。

「なんで書けへんねやろうか」と考えることはボクのことだからもちろんあって、「毎日での連載が終わってちょっと燃え尽きてるかもな」とか、「結婚してして生活スタイルが変わったことも影響してるんかな」とかを考えてみたりしてた。3.11東日本大震災の影響があるのは言わずもがなで、その上でここに挙げたようなことを考えていたのだけれど、何のことはない。やはり3.11東日本大震災の影響がとてつもなく大きかったのだと、あれから1年が経ってようやく体感したのだった。

このことに気付かせてくれたのは『
語りきれないこと 危機と傷みの哲学(鷲田清一、角川oneテーマ)と3.11を越えて― 言葉に何ができるのか』(佐野眞一・和合亮一 徳間書店)という2冊の本である。この2冊を読んで改めて言葉が内包する力というものを思い知らされた。


たった1年ではまだうまく言葉にならないだろうとは思うが、それを前提に少しだけこの1年間の自分を振り返ってみようと思う。

この1年のあいだ、あまりにも言葉が軽くなってしまっている現実にボクは戸惑い、どの言葉を信じていいのかわからずに佇んでいたのだと思う。たぶん今までずーっと。震災に関する話題を口にするたびに、言葉と自分が乖離していくような居たたまれなさを感じていた。苛立ちを伴いながらもそれでもこの問題についてはきちんと言葉にしておかなくてはならないという使命感みたいなものはあったので、「きちんと話さなきゃ」とは思っていた。でも納得のゆく言葉がうまく出てこない。どうにかこうにかいざ言葉にしてみても「そんな言葉とちゃうねん」と自分の言葉との齟齬にまた苛立つ。「でもやっぱり話さないことには何も始まらん」、そんなジレンマを抱えていた。

テレビなどのメディアからの情報を丸呑みするわけにはいかないし、その情報から派生して巷間に飛び交う噂話には耳を貸すわけにはいかない。周囲に飛び交う言説の、どれが本当でどれがそうでないのかがよくわからない。頼りになる情報が極端に少ない生活環境の中で、ボクは完全にフリーズしていた。「それっぽい話」で埋め尽くされた日常を快適に過ごそうと、目に入り耳に入る情報を見たフリ聞いたフリしていたように思う。そうすることでしかうまく生活できなかった。こんなボクはまったくもって弱虫だったとしかいいようがない。うん、情けない。でもそうだった、仕方がなかった。そう思いたい。

「わかったフリをしそうになる自分を打ち消そうとして、口を噤む」という所作を選び、ただフリーズしてやり過ごすことしかできなかった。そんな己の弱さと無知に、気付いたのである。曲がりなりにも「書く者」としての自覚に欠けていた。このことに身体感覚にずしりとくるかたちでようやく気付いたのである。

語りきれないとわかりながらそれでもどうにかこうにか言葉を紡ぐこと。すべてを語りきれそうにないという理由で言葉を手放してはいけない。語りきれなさというかたちでしか語れないものがある。語りきれないことへの信頼を忘れてはいけない。

肉体性がそなわった言葉で書き、語ること。書かれたものの棒読みや既成の価値観を咀嚼・反芻することなしにただ繰り返してはいけない。淀みなく流れるまるで手触り感のない言葉は書くのも話すもの聞くのももうしんどい。現場に身を投じてそこでしか感じられないものを訥々と言葉にしてゆく。ひたすら精一杯の想像力を駆使して紡がれた言葉に、ボクたちは心を動かされる。

こういったことからしか何も始まらないということをボクはこの2冊の本から学び直した。いや、今もまだ学び直しているといったところだ。

これから上を向いていこう。凍り付いた身体を少しずつ解しながらまた書いたり考えたりしていこう。これをもって新年度を始めるにあたっての決意表明とします。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。