So-net無料ブログ作成
検索選択

ラジオや雑誌や新連載の告知です。 [あんなことやこんなこと]

「三寒四温」というのは冬場の厳寒期に使う言葉らしい。春が待ち遠しいこの時期を言い表す言葉ではないということを知り、春の訪れの予感をこの言葉で形容するのはもうやめにしようと心に決めたばかりだったのだが、だからといって「それにしてもここんところは三寒四温が続くなあ」という体感はすぐに消失するわけではなく、さてどうしたものかと立ち尽くしている。「寒の戻りが小刻みに続いている」と表現すればよいだけかもしれないが、やはり「三寒四温」がしっくりくるのは長らくそういう風に使ってきたからである。言葉には辞書的な意味だけではなく、体感やイメージがべったりと張り付いている。「三寒四温」と<春の到来を予感させる時期の体感>は、僕の中では分ち難く結びついているということだ。ま、徐々に補正していくとするか。


さて、今日は幾つかの告知をしておきたい。


まず一つ目。


数日前にぼそりと呟いたけれど、リーガロイヤルホテルの広報誌『THE ROYAL』の旅ページを担当しました。“新島八重ゆかりの地を巡る、「幕末の京都」の旅”ということで、新島旧邸や金戒光明寺などを紹介しとります。3月31日発行で、ロイヤルをはじめ全国の系列ホテルで配布されるので、よろしければぜひ手に取ってみてください。


「旅としてまとめる」という文章を書くのが初めてだったので当初は多少の戸惑いもあったのですが、『THE ROYAL』の制作を手がける【140B】の担当者が実に手際よく導いてくれたおかげで楽しく書き上げることができたのでした。道田さん、大変お世話になりました。


次に。


ラジオデイズに出演することになりました。「コペルニクスの探求」というコーナーで、平川克美さん、小笹芳央さん(リンク&モチベーション)と鼎談します。「体罰や根性やモチベーション」についてあれこれ話をする予定です。体罰問題をきっかけに日本でのスポーツ教育が向かうべき方向性について、あれこれ話ができればいいなと目論んではいますが、あっちこっちに話が迂回するのは必至で、それが何よりの楽しみだったりします。さて、どうなることやら。日時は3月27日19時〜20時半。USTREAMで視聴することができますので、こちらもどうぞお楽しみに。


そして、もう一つ。


なんと『ミシマ社』「ミシマガジン」にて連載が決まりました。かつて江弘毅さんや近藤雄生さんの連載を読みながら、いつか僕もここで書ければなあと密かに願っておりましたもので、念願叶っての連載というわけです。悪戦苦闘している書き下ろしと並行しながらの連載ですので、こちらは少し肩の力を抜いた文体で攻めてみようと画策しております。どうぞよろしく。


ちなみに「ミシマガジン」は4月からリニューアル創刊をするそうで、WEB上だけでなく紙媒体の月刊誌としても発行されます。
(詳しくはこちら→http://www.mishimaga.com/minna/001.html
ぜひともサポーターになって「ちゃぶ台みたいな総合雑誌」を手に取ってみてください。こんなタイミングで執筆陣に加われたことを心よりうれしく思っています。三島さん、本当にありがとうございます。


それから、セキスイハウスのWEBマガジン「スムフム」にも連載が決まりました。月2回、「スポーツ、観るする」というテーマで書きます。こちらは生活実感に軸足を置いてやんわりと書いていこうかなと思っていますので、どうぞお楽しみに。


なんだか一気に仕事が舞い込んできたのでどこかフワフワした心境で落ち着かないのが正直なところ。でもそれと同時にワクワクしているのも事実で、これまで以上に日常生活でがアンテナを張り、感性を研ぎすますべく身体を開いておかなくてはと今から意気込んでいる。着実に、でも淡々と書いていこーっと。


それでは皆様、どうぞよろしくお願いします。



nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

春先のふやけた身体に喝。 [身体にまつわるお話]

おっとまたもや軒先にどどんと広告が出てやがる。それだけホッタラカシにしてたってことだから自分のせいだけれど、それでもやっぱりムッとするのはわがままな性格ゆえか。それにしても時間が経つのが早くてもう3月。そりゃソネットさんもしびれ切らせるって話です。書きますよ、書けばいいんでしょ。


と、一人芝居をすることで更新停滞の後ろめたさを払拭したかったのでした。


すっかり春を思わせる陽気に、どっと迫り来るのは眠気。春眠暁を覚えず。というには時期尚早だが、春の暖かさは心地のよい眠気を誘う。土の中から這い出る虫とは対照的に、そのまま布団の中に潜り込みたくなる。冬眠ならぬ春眠。身体の表面がふやけていくような何ともいえない微睡みと格闘しながらようやく夕方まで辿り着いたのだった。


この強烈な眠気を誘発している原因はもう一つ考えられる。それは花粉、じゃなくてPM2.5、でもなくて、運動不足である。身体の内奥から湧いてくるようにググっと力を込めるいつもの感じが不足している気がするのだ。意欲の欠如、つまり力を入れようにもうまく入らない。普段から力感のない動きを追求しているがゆえに、日常生活ではほとんどふにゃふにゃ。だからたまにはある程度のストレスをかけておかないと、どうしようもない不安感が身体を襲う。放っておけば自信喪失や不信感にまで至るようなこの不安感は、早々にやっつけておかねばエラいことになる。他の人はどうか知らないけれど、僕の場合、これを退治するには身体を動かすことに尽きる。自分の内面をつぶさに観察していると、どうもこの手の不安感は身体のフィジカル面から生まれてくるような気がしてならないのである。


ゴルフのスイングにしてもラグビーのゴールキックにしても、いやすべての身体運動について言えることだと思うが、リラックスをすること、すなわち「力を抜いた」プレーこそがよいパフォーマンスにつながるとされている。実際にそうだとも思う。心身ともにリラックスした状態、すなわち無駄な力がどこにも入っていない状態がよいパフォーマンスを生む。しかしだ。だからといって最初から力を抜こうとしてもそれは叶わない。力の入れ方がわかっていないうちから力を抜こうとしたところで、上手くはゆかない。何かをしようと意識的になっている状態が「力む」だとすれば、その状態にまずは足を踏み入れないことには「力が抜けた」理想的な状態に至ることは難しい。


「力む」がなければ「力を抜く」もない。僕はそう思う。


たぶん、ちょいと弛め過ぎなのだ。リラックスしよう、リラックスしようと意識し過ぎたがゆえに、身体がふやけてしまっている。こんなときはググっと力を入れる機会を作らなければ。


てなわけで、ひとまず今夜は打ちっぱなしにでも行って、「どこまで力むことができるか」という意識でスイングすることにする。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。