So-net無料ブログ作成

『バガボンド』35巻を読む。 [本・映画などなど]

好天の休日に過ごす研究室もまたいい感じで、インスタントではないコーヒーを飲みながら『バガボンド』を読み返している。発売されたばかりの35巻もまた心に響く内容であった。


印象に残ったフレーズは「空っぽで満たされる」。


“内側は無限——、空っぽで全部ある”という言葉が、静かに微笑む武蔵の表情と相まってグッときた。刀を振りながら「からっぽで全部ある」と悟った瞬間の目の輝きはたまらない(「#306 無限の微笑」)。『バガボンド』では、武蔵や小次郎だけではなくすべての登場人物は表情で何かを語りかけてくる。たとえば伊織は回を追うごとに喜怒哀楽がはっきりしてくる。武蔵と出会った頃の陰気さがいつのまにか消え失せ、父親を失った悲しみを背負いつつも子どもらしい表情へと変化していく。その明るさがかえって切なくもあり、だけど子どもらしさを取り戻していくことに安堵感を覚える。


そして限りなく大きな闇を抱えることになった武蔵は、伊織と過ごす時間の中でかつての盟友、そして自分を思い出してゆく。これまでに幾度か触れていた真理に、今回もまた触れることができた。しかも以前よりもまた違った仕方で。その懐かしさに満ちた何ともいえない心地よさが表れている、目の輝きだった。


この表情、ふとどこかで見覚えがあるなあと思ったら宝蔵院胤舜だ。幼き頃に目の前で母親を殺された記憶を抱え、心を閉ざしたまま孤立していた胤舜は、武蔵との闘いを経てその暗闇から脱することができた。旅立つ武蔵を送り出す際の、「また会おう、今度は命を奪い合うことなく」と告げるときの表情がふと思い出されたのだった(コミックス8巻参照)。思考や経験への囚われから一瞬だけ解放される自由さともいうべきものが、あの表情からは窺える。


だとすれば、武蔵は伊織との生活の中でまた一つの何らかの囚われから自由になったということになる。その囚われとはいかなるものなのだろうか。しばらくはそれを想像して楽しんでみようと思う。それにしても『バガボンド』は汲み出しうるものがあり過ぎて困る。もちろんうれしい悲鳴なのだが。


幾つか告知をしておきたかったのだが、それはまた今度に。すっかり陽が暮れたので帰ってご飯を食べます。ではまた。



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

新年度に入り1周目が終わったとこです。 [あんなことやこんなこと]

新年度になってから初のブログ。こんにちは。


講義・実技・演習が1周して、とにもかくにも一段落ついた。今年度から2コマ増えたのでそれなりに準備が大変で、自己紹介のパターンに若干のバリエーションをつけつつ、1回目を終えたのでした。各講義・実技で、なんとなくではあっても学生たちの雰囲気を掴めれば講義の準備がスムースにできるようになる。「学生たちの学習レベルに合わすことができるようになる」という意味ではない。ここは強調しておかなければいけない大事なところで、目線を落として講義内容を簡単にすることはしない。そんなことをするのは学生に失礼だからだ。そうではなくて、学生たちの興味関心が及ぶ範囲を肌感覚で感じること。これを積み重ねることで、やがて適切な喩え話が口をつくようになる。言葉の通り道をつくる、すなわちプラットフォームを形成するための第一歩という意味で、学生たちの雰囲気を掴むことが大切だと思うのである。


たった1回の講義でなにがわかるのだ思われる方もいるかもしれない。でも、たった1回の講義でもそこにたくさんの「顔」があることは十分に感じられる。たった1回で名前と顔が一致するなんてことなんてもちろんあり得ないし、15回を終えたあとに一致することもおそらくあり得ないだろうけれど(えっ?)、学生たちの「まなざし」に晒されることで立ち上がってくる何かが確実にある。たとえこちらが一方的に話しただけであっても、学生たちは某かのリアクションを必ず返してくる。わずかな頷き、眉間に皺、机に突っ伏すなどなど。こうしたシグナルにどれだけ開いていられるかで言葉の通り道の出来具合が変わる。これはたった1回の講義であっても、わかる。もちろんうまくいきそうにないことも、わかる。


だから講義というのはまるで生き物のようで、とてもオモシロい。そしてとてつもなく厳しい。油断したり気を抜いたときは言葉が出てこなくなるし、それに応じて学生たちの「まなざし」から輝きが失われる。そんな講義のあとはいつも研究室のデスクで暫しの放心状態に陥る。とほほ。


「寒の戻り」にすっかり体調を崩してしまった。鈴蘭台は当然のようにとても寒い。ストーブに足をかざしながら、特に放心状態になることもなくこうしてブログを更新しているのは、だからそういうことなのである。


追記:
3月末に収録したラジオデイズ「コペルニクスの探求」が発売されてます。体罰問題についてや神戸製鋼の強さの秘密なんかをぼそっと語っています。皆様よければぜひお聴きください(500円かかりますけれど)。
(⇒http://www.radiodays.jp/item_set/show/641


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。