So-net無料ブログ作成
検索選択

『対話のある家』(@SUMUFUMULAB)体験記その2。 [身体にまつわるお話]

 視覚障害者のタエさんにアテンドされて、いよいよ暗闇へと足を踏み入れる。ドアを一枚隔てたそこにはこれまでに経験したことのない漆黒の闇が広がっていた。多少の暗闇なら目が慣れてくるとうっすら人影が見えたりするものだが、そこではまったく見えない。「照度ゼロ」とは本当に真っ暗である。
 踏み入れてまもなく僕は腰が引けてしまった。ある種の「怖さ」を感じた瞬間から徐々に不安が生じ、だんだん増幅してゆく。「どうふるまえばよいかよくわからない」情況に晒されて、あっという間に心が不安で満たされたのだった。どうやら他の4人も同じだったようで、その不安を払拭すべく、それぞれが口々に大きな声を出し始めたのである。


「暗すぎる〜」
「しんちゃん、ここにいます」
「ラガーはここです〜」
「ここに段差があるよ〜」
「なんだか地面がざらざらしてる〜」


 言い忘れていたが、部屋に入る前にニックネームを決めて、それを呼び合おうと取り決めをしていた。暗闇の中では自分のことを「わたし」や「ぼく」と称してもうまく伝わらない。声色で「誰が」を特定できれば問題ないが、初対面同士ではそれが叶わない。だから、記憶に残りやすいニックネームを決めて、自分のこともニックネームで名指すのである。
 ちなみに僕はラグビーをしていたので「ラガー」というニックネームをつけた。ちょっとした文脈を作った方が憶えやすいだろうと思ったからである。


 事前に「暗闇の中では声を出すように」と言われていたこともあり、部屋に入った僕たちは声を出すように努めた。あーじゃ、こーじゃという声で途端に周囲が賑やかになった。暗闇突入直後のあの乱れ飛ぶよう声は、僕には雑音に聴こえた。そもそも僕自身が冷静ではなかったので、聴く耳が持てなかっただけかもしれないが、とにかく尖っているように聴こえたのである。言うなれば、情報になる以前のただの音声としての声で、だから何がなんだかよくわからない。「ここ」って、いったいどこなんだ。
 おそらくこのときの我々は、ただ自分の不安を紛らわせるために声を出していただけである。誰かに届くようにという配慮もなく、まずは自分を落ち着けるための声を出していたに過ぎない。「僕はここにいる」という情報を誰かに伝えようとしながらも、まずは不安が先に立つのでどうしても独りよがりになる。だから、聴き手には尖りのある声としてしかキャッチできなかったのだろう。おそらく僕の言葉も他の4人に届くことなく、自らの心の隙間を埋めるためだけの「がなり声」でしかなかったはずである。


 そんな中でも常に落ち着いて僕たちを誘導してくれたのがタエさんであった。彼女の導きでだんだん暗闇に慣れていくと、声の質は明らかに変化していった。声の肌理が滑らかになったというか、なんというか。たぶんこれは、徐々に不安が解消していくにつれて、誰かに届かせよう、届けようという気配りができるようになったからだと思う。そこに届けるべき他者がいる。そう意識するだけで声はメッセージとなる。<つづく>


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『対話のある家』(@SUMUFUMULAB)体験記その1。 [身体にまつわるお話]

過日に積水ハウスとダイアログ・イン・ザ・ダークの共創プログラムである「対話のある家」を体験した。そのときに感じたことや思ったこと、のちにそれをもとに考えたことを、数回に分けて書いていこうと思う。

 というわけで今日は第1回目。まずはこのプログラムの詳細を明らかにする。


 ダイアログ・イン・ザ・ダーク(以下、DID)とは、一言で表せば「暗闇のソーシャルエンターテインメント」である。完全に光を遮断した暗闇を視覚障害者にアテンドされながら体験するというもので、1988年のドイツで哲学博士アンドレアス・ハイネッケにより開発されたメソッドだ。世界30カ国・約130都市で開催されるほど人気を博している。日本での初開催は1999年で、現在、東京では常時開催されている。感覚を開いて視覚以外の感覚で世界をとらえ、参加者同士のコミュニケーションを醸成するプラットフォームとして、注目されている。
 うめきたグランフロントで催されている「対話のある家」は、このDIDと、よりよい住空間の研究を追求する積水ハウスとがコラボレーションしたもので、「家(住空間)」を照度ゼロに近い暗闇の中で体験するという内容である。


 当日「住ムフムラボ」に足を運ぶ。担当者に挨拶を済ませたあと「対話のある家」を体験するメンバー同士が顔を合わせる。総勢5人。年のころは皆30代で、一組のカップルと男性が3人。この男性は3人ともにひとりでの参加で顔見知りではない。つまりお互いの素性を知らない者同士である。知らない者同士の方がオモシロそうな気がしたので僕は意図的にひとりで参加したのだが、体験後に話をしたところ他の2人も同じように考えていたことがわかった。顔見知り同士だとどこか安心してしまい、そうなると暗闇の本質に迫りきれない。どうせなら徹底的に暗闇を味わいたい。そう思ったのである。
 受付をすませ、携帯電話腕時計など光を発するものを外したあと、5人はやや暗い部屋に招き入れられる。いきなり暗闇に入るとパニックを起こしかねないので、やや暗がりの部屋で諸注意とこころ構えの説明を受ける。アテンドするのは視覚障害者のタエさんである。
 

“まず、当たり前だが暗闇の中では何も見えません。聴覚を頼りにしなければ暗闇の中で歩いたりすることはできません。なのでとにかく声を出して下さい。ただしゃがむだけであっても、声を出しながら行なうことでその人の動きがイメージできるはずです(と見本をみせてくれる)。とにかく声を出すことと聴くことが大切です。”

 声の出所がだんだん下に移動するのが感じられ、頭の位置がだんだん下がっていく様子がものすごくよくわかった。


“次に、移動中は白杖を使って足下を確認してください。鉛筆を持つようにして、先を小刻みにトントンするか、あるいは左右に擦るようにすればいいですよ。障害物があるかどうかを確かめる意味もありますが、これから足を置こうとする場所が固いのか柔らかいのかなどの状態(タイルや砂場、レンガなど)を知るためでもあります。”

 杖の先に神経が集中して、床の材質や表面の凸凹が思いのほかよく分かった。杖の先にまで自分の身体が拡張しているように思えた。


“それから、家の中に入ると白杖は使えません。前方をはじめとして周囲に壁があるかないかを手を伸ばして確認する必要がありますが、その際、「手の甲」で行なって下さい。指先から行なおうとすると突き指をするケースがあります。目標物を視認して、いわゆる目的があってそれを触れようとして手を伸ばすときにはそれで構わないけれど、そこに物体があるかどうかを探るときには「手の甲」を使ってください。”

 これはやってみればわかるのだが、探るときは「手の甲」の方が格段に安心感が増す。指先から、つまり「手の平」で探ろうとすると、身構えが固くなり、腕や肩のあたりの緊張が高まる。なぜこうなるかはよく分からないけれど、とにかくそのような感覚を得た。もしかすると、突き指しそうなことへの潜在的な恐れからくるものかもしれない。
 

 さて、これで暗闇の世界へ入る準備が整った。果たしてどのような感覚がこの身を襲うのであろうか、楽しみと不安が入り交じる心境のまま、前の人に続いて歩みを進めたのである。<つづく>

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「らしく」振舞うなんて、できるものか。 [あんなことやこんなこと]

昨年の10月以来、久しぶりに書いてみる。いつもなら「なぜ書けなかったのか」「なぜ書かなかったのか」についての言い訳から始めるところだが、とにもかくにもようやく書く気になったということで、そこんところは割愛したい。


大学教員として働き始めて来月で丸6年になる。時が経つのは早いものだ。本当に早い。早すぎるほどに、早い。この間に僕がしてきたことといえば、研究と教育と酒とランニング結婚くらいなものである。こう書くといろいろとあったように思えてくるけれど、30半ばから後半にかけての人生としては人並みだと思われる。というか「人並み」って一体なんやねんという話で、こうした言葉遣いをしている時点でオレという人間は「人並み」でダサイということだ。


「らしさ」を追求するという所作によって、その人が持っているそもそものパーソナリティを打ち消してしまうように、追いかければ追いかけるほどに遠ざかってしまうものというのがあって、そのひとつが「人並み」ではないかと思う。ヒトヨヒトヨニヒトミゴロ・・・じゃなく「人並み」というものは、現状のままでは立ち行かないかもしれないというちょっとした焦りから志向されるものでもあり、自信や意欲の減退、漠然とした恐れもまたそれを後押しする。


あるいは、理想的な自分を高く見積もり過ぎることにより、今の自分がみすぼらしく見えてしまう。そこから焦りが生じ、せめて「人並み」にあらねばならないと、様々な場面での言動がどんどん縮んでゆく。行動範囲が狭まり、言葉の自主規制を無意識的に行なうようになって、はたと気づけばそこにいるのは項垂れたなんとも情けない自分である。うぐぐ。


「人並み」って厄介だ。普通でいるというのもまた鬱陶しい。普通ってなんやねん。標準ってなんやねん。こんな風にちょいと怒ってみたことで気がついたのは、人並みとは世間の方から自分のことを考える、ってことだ。大方が描いているイメージに沿うことが「人並み」であって、つまり相対的で、絶えず自分以外の他人の影響を受け続けることに他ならない。というのは、やや決めつけすぎかもしれないが。


そういえば僕はずっと「らしくない」と言われ続けて、しかもそう言われることにちょっとした悦を感じていたのだった。もちろん今もそうだ。中心をズラして脇へゆく。共同体の周縁へと知らず知らずのうちに足を運ぼうとする。あっ、そうか、「あわい」へと飛び出そうとしているのか。そんな大層なこと、できんのかいな、オレ。そういえば、いつか読んだ本で人類学における「トリックスター」を格好いいと思ったっけ。

と、そんなええもんでは決してないけれど、同調圧力に対する感受性が年々高まりつつあることだけは確かであって、あの馴れ馴れしさには辟易として仕方がないのである。


「らしく」あるための努力をするくらいなら「出る杭」でいる方がよっぽどマシだ。と、公然に意気がっておかないとすぐにめげてしまう僕なのである。という自らを鼓舞する意味でのブログ再開宣言、改めてどうぞよろしく。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。