So-net無料ブログ作成
検索選択

「マネジメント」という語感は好かん。 [身体にまつわるお話]

このままさらりと去っていくであろう3月。秋学期が終わり、待ちに待った春休みに突入してよろこんだのも束の間、もう4月は目の前である。毎年同じように感じるのなら年を経るごとに計画的に過ごせるようにはならないものか。と、毎年、考えているが一向に変わらない。いつもあっという間に過ぎ去っていく。僕の怠惰な性格が問題か、それとも季節に特有なものか。はたまた生物学的なものが原因か。熊などの動物が冬眠から醒めるように人間もまたそうで、遺伝子に刻まれる太古の記憶がこうした体感を呼び起こすのかもしれないぞ。


というのは明らかに大げさ過ぎるね。


さて、今日は年に一度の健康診断の日であった。やや血圧が高めなのは現役時代からで、本日もまた高めの数値。さほど気にしてはいないが、ちょっとだけ気になってはいる。血管が固いのか、それとも血液が粘っこいのか。とにかくストレスを溜めないように気をつけねば。それから確実に運動不足なここんところの生活なので、シャトルランやうさぎ跳びやジャンプトレの時間を積極的につくるべし、だな。とはいえ10日ほど前に痛めた左足の親指がまだ腫れているので、しばらくはエアロバイクで我慢することにはなりそうだが。


というわけで本日はエアロバイクを40分。足の様子をみながら四股を100回。とても気持ちがよい。この気持ちよさには汗を流すことの爽快さも含まれるが、それ以上に身体を使うことがもたらす何とも表現しようのない心地よさがある。なんといったらいいのか、心身の蟠りや詰まりが流れていくような、そんな感じである。喩えるなら仕事上で悩みを抱えているときに、悩みそのものが消え去るというような具体的な効果はないにしても、その糸口がふっと見つかる、いや見つかったような気になって心が少し軽くなるというような、そんな状態だ。


「八方塞がり」から脱出し、一縷の望みがみえるところまで連れていってくれる、ときもある。少なくとも僕にとっての運動はそんな意味がある。


だから、運動がもたらしてくれるこの心地よさを生理学的な理由で説明するのだけは避けている。せっかくいい気分になっているのに、最大酸素摂取量が上がるとか、一回あたりの拍動数が増えるとか、そんな実感できないことを並べ立てられたら興醒めするからだ。だいたい健康に関する生理学的な知識の野暮ったさといったらない。


・・・おっと、これ以上はやめておく。健康に関する講義を担当している身としては、これ以上語ればその言葉がブーメランのように自分に戻ってくるからだ。自分の首を絞めることは避けるのである。


とにもかくにも健康を維持・増進するためには身体からの声を聴くことに尽きる、とだけは言っておきたい。それを前提とした上での栄養学であったり、生理学であったりすると僕には思われる。身体は「マネジメントする」ものではなく、「生きられる」ものなのだ。外側からの管理には決して馴染まない。そんなことしたら機械的になってしまう。身体中にボルトが埋め込まれたまるでサイボーグのような僕が言うのだから、間違いありません。現役時代のある時期に、徹底的にマネジメントしてきた僕からの提言であります。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『対話のある家』(@SUMUFUMULAB)体験記その3。 [身体にまつわるお話]

 そうこうしているうちに「家」に辿り着いた。玄関で靴を脱ぎ、皆でぞろぞろと家の中に入る。フローリングの部屋(たぶん)から畳の部屋へと入り、そのまま庭に出た。そこで「人間知恵の輪」をして遊んだあと、畳の部屋でちゃぶ台を囲んでしばしの談笑。その場で寝転がってみたり、会話を楽しんだり、みかんとせんべいを食べたりもした。いってみれば暗闇での家族団らんである。このときになると不安や怖さは一切なく、むしろ心地よさが広がっていた。懐かしい感じもした。


 そういえば「せんべい」を食べるときに、いつもとは違う奇妙な感覚が芽生えた。「せんべいをどうぞ」と手渡されているのだから、それが「せんべい」であることはもちろん認知している。たぶんあのときの僕の胃袋は「せんべい」の形にへこんでいたはずだ。ただ、味を知らされていないし、見かけもわからないので、なに味の「せんべい」かはわからない。ざらめのついた甘辛味かもしれないし、塩味、もしくは醤油かもしれない。手に取ったときのざらつきで醤油かもしれないなとは感じたが、見えないので口に入れるまでは確定はできない(あっ、匂えばよかったのか)。
 ほぼ予測がつかないまま口にしたその味は塩味だった。恐る恐る口に入れて、味を確かめようとしたからだろうか、味の余韻が飲み込んでからしばらくたっても残り続けた。たぶんこれは「味わう」ことに全感覚を総動員しようと試みたからだろうと思う。視覚が働けば見かけと経験則でだいたいこんな味だと予測できるし、予測が立てば各感覚器はその出力を下げる。
 だが、暗闇ではそうはゆかない。もし、身体を害するものだとすぐに吐き出さねばならず、その判断を口の中に入れて「味わって」から行なう必要がある。となれば、各感覚器は反対にその出力を最大化し、「味わう」ことをより丁寧に行なわざるを得なくなる。「どんな味かわからないし、身体に無害かどうかもわからない」という事態に味覚や嗅覚や触覚の感度が上がる。このときの「研ぎすまされ感」を僕は「奇妙」に感じたのだった。
 

 さて、そろそろまとめに入ることにしよう。
 今回、暗闇の中で「家」を体験して感じたのは、ある空間を快適に感じるのに視覚はそれほど役に立たないのではないかということである。やや言い過ぎのような気もするけれど、少なくとも他の感覚と比して優先順位は高くないと思う。
 五感の働きの総量は決まっていて、普段の生活ではそのほとんどを視覚が占める。身体が察知する情報量の8割が視覚によるとも言われており、ということは、残りの2割を聴覚や触覚などの残りの感覚器で感じていることになるわけで、それはつまりほとんど使っていないということである。だから「目で見よう」という身構えがスタンダードな身体は、暗闇に入るや否や多いに戸惑う。視覚情報がゼロの状態に立ちすくむわけだ。
 しかし、僕たちが思っているほど身体は柔じゃないし、馬鹿でもない。視覚が役に立たない情況になると他の感覚器が目覚め出す。「オレらって実はこんなにもいろんなことがわかるんだぜ」と耳も鼻も口も肌も自己主張を開始し、本来の力を発揮する。そのなんだかよくわからない蠢く感じがとても不思議で心地よかったのである。


 ツイッターではある方からこんな感想を頂いた。「まるで胎児になった気分になって、とてもやすらげました」と。感覚が研ぎすまされるような実感があった僕とは対照的な印象である。「研ぎすまされる」と「やすらぐ」とは対局にある体感ながらも、なぜだかこの「やすらぐ」というのもよくわかる。
 胎児は母親のお腹の中ではやすらぎながら、その心身はめまぐるしく成長してゆく。身体の各部位が発達するに連れて感覚が研ぎすまされるのを、胎児はほとんど暗闇の中で感じるわけである。ここから考えれば、「やすらぐ」と「研ぎすまされる」が混ざり合う体感を覚えたのは頷ける。
 かつて胎児だったときの朧げな記憶を暗闇は蘇らせてくれる。とすれば、本質的な「快適さ」は主に視覚以外の各器官で感じるというのも、あながち的を外してはいないのかもしれない。
 ちゃぶ台が置かれたあの畳の部屋の間取りは、今でもはっきりと「記憶」されている。もちろんそれはあくまでもイメージにしか過ぎないのだが、畳の肌触りや隙間風やちゃぶ台の高さ、それにせんべいの味も相まって、あの部屋の記憶がありありと「ここ」にある。余韻をともなうイメージとしてのこの記憶のしつこさが、視覚に頼ることの危うさと、他の感覚を束ねるものとしての「肌感覚」の確実性を物語っている気がしてならない。映像を始めとした「視覚情報」が溢れる現代社会が、どのような影響を身体に及ぼしているのか。そんな大きなテーマについても考えさせられる今回の体験であった。


 かなりざっくりとした体験記になってしまった。やや読みにくい箇所が目立つ文章になった気がするけれど、このままアップすることにする。というのも、一連の体験ではあまりに情報入力が多すぎて、何から書けばよいかをうまく整理できなかったのである。あれもこれもどれもそれも書きたくなり、また「うまく言葉にできないながらも言いたいこと」なんていうのもうっすらとあって、正直なところ頭の中はてんやわんやである。だが、こうした事態こそが視覚以外の感覚器による情報受信量の多さを物語っており、恐るべしDIDである。
 百聞は一見に如かず。興味のある方はぜひ体験をおススメしたい。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。