So-net無料ブログ作成
検索選択

出演イベントの告知です。

雨も上がって研究室にはさわやかな秋風が吹き込んでいる。夏休みも今日で終わりだ。明日からは秋学期の授業が始まるのだから時が経つのはおそろしいほどに早い。2014年もあと3ヶ月とちょっとか。今年はいろいろあったなあ、と振り返るにはまだ早過ぎるが。


そうなのです、振り返ってなどいられません。いよいよ明後日(27日)に拙著『近くて遠いこの身体』が発売となります。出来上がった本を目の前におきながらこうして書いているのですが、知らず知らずのうちに顔がにやけてきます。いざこうしてかたちになったものを眺めていると、やはり感慨深い気持ちになりますね。


ミシマガジンでの連載がまとまって単行本になったのですが、それに当たっての挨拶はこちらをお読み下さい。
(⇒http://www.mishimaga.com/chikakute/032.html


ここに書いた通り、本というものは著者だけでなく編集者や装丁家、そして編集会社の人たちに支えられて初めてかたちになる。脱稿した時点で僕の手から離れて一人立ちしたような寂しさを感じたのですけれど、それはまさにそういうことなんですよね。もう僕の手の中にはない。いわば巣立ちです。だからこれは「僕の」本というよりも「僕たち」の本です。


一冊の本に著者として関わった。そんな感覚が今の僕にはあります。こんな気持ちになるなんて書く前には想像すらしていませんでしたが、思いのほか心地よい。だからこその「にやけ」なのかもしれませんね。


さてさて、今日は発刊するにあたってのイベントやその他もろもろの告知をしておきます。


まずひとつ目。
【失われた身体感覚を求めて〜W刊行記念対談 平尾剛×三島邦弘】
拙著の編集者でもあり、地方で出版社をすることに挑むミシマ社代表の三島邦弘さんと、あれこれ語り合います。ほぼ同時期に発売された『失われた感覚を求めて』(朝日新聞出版)とのW刊行記念です。三島さんとは公の場でじっくり語り合いたいと思っていたので、今からとても楽しみです。皆様ぜひ足をお運び下さい。
日時:2014年10月16日(木)19:30〜
場所:スタンダードブックストア@心斎橋
料金:1200円(1ドリンク付き)
詳しい内容はこちらです↓
http://www.standardbookstore.com/archives/66159697.html

そしてふたつ目。
【「近くて遠いこの身体」(ミシマ社)刊行記念サイン会】
神戸のど真ん中にある書店で、しかも街に出たときには大概ぶらりと立ち寄る、馴染みのある書店でのサイン会に、心は躍っております。神戸にお住まいの皆様、買い物のついででも結構ですのでぜひお立ち寄り下さい。現在、予約を受付中です(電話予約もOK)。
日時:2014年10月26日(日)14:00〜
場所:ジュンク堂書店 三宮店(HMVの上)
詳しい内容はこちらです↓
http://www.junkudo.co.jp/mj/store/event_detail.php?fair_id=6928

ここからは本の刊行とは別のイベントです。


【とつとつダンスpart.2愛のレッスン 大阪公演】
このイベントのアフタートークゲストを務めます。「とつとつダンス」とは、ダンサー・振付家である砂連尾理氏が中心となって始めたもので、それをきっかけとして、砂連尾氏が老人ホームに入居しているおばあちゃんと一緒に踊る「シリーズとつとつ」が始まったのだといいます。公演を観て感じたことを話します。興味のある方はぜひ。
日時:2014年10月5日(日)14:00〜
場所:アートエリアB1(大阪市北区中之島1-1-1)
料金:全自由席(一般前売3000円/当日3500円)
詳しい内容はこちらです↓
http://torindo.org/【公演情報】とつとつダンス-part-2%E3%80%80愛のレッスン/


【「おとな旅・神戸2014−15秋冬」開幕トークセッション
 『神戸・大解説』】
作家の玉岡かおるさん、【老祥記】店主の曹英生さんとともに、パネリストを務めます。神戸のええとこ、語ります。
日時:2014年10月15日(水)18:30〜20:30
場所:慶應大阪シティキャンパス(グランフロント大阪ナレッジキャピタル)
料金:2000円(神戸のおみやげ付き)←これうれしいですよね
詳しい内容はこちらです↓
http://nakanoshima-univ.com/site/seminar/article/p20141015
ちなみにこの『おとな旅・神戸』で僕はラグビー観戦ツアーをします。年の瀬も押し迫った12月27日(土)にノエビアスタジアムで行われる神戸製鋼コベルコスティーラーズの試合を、僕の解説付きで観戦するという内容です。試合後は由緒正しき(?)ラグビーバー【THIRD ROW】で飲んだりもしますよ。ラグビーを知らない方も、もっと詳しく知りたい人も大歓迎です。詳細が決まり次第、告知しますので、どうぞお楽しみに。


というわけでちょいと忙しい10月ですけれど、はりきっていくとしますか。
まずは明日からの授業を丁寧に、だな。



専門用語とのつき合い方。

先日のツイッターで深く得心したつぶやきがある。読み終えるや否やすぐにリツイートしたのだが、今日はその内容について思ったところを少し書いてみる。


まずは引用しておく。2014年9月8日に思想家の東浩紀がつぶやいた内容は以下の通りである。


哲学にしろなんにしろ、まずは基礎語彙の定義を明らかにしてから始めようとか言ってたらなにも理解は進まないのであって、「よくわからないまま専門用語の世界に飛び込んであるとき振り返ると突然わかる」という構造でしか修得はできない。ぼくはやらないけど、これたぶんスポーツの習熟と同じ。 その点でさらに付け加えれば、「ソクラテスの無知の知」というのは、要は、専門用語でがちがちになったひとに、ちょっとそれ忘れてリラックスしようよという勧めなのよね。スポーツで中級者に「体を意識するな」と教えるのと同じ(たぶん)。しかし初心者はむろん体を意識しないといけない。 というわけで、少なくとも哲学について言えば、ある段階から先は専門用語を使うのはダメで、いかに日常用語で「自然」に語るかで力量が問われるのだと思うけれど、しかし最初から専門用語なしで哲学やろうとしてもそれはダメで、そこはどんなスポーツでも型があって訓練があるでしょうという話です。

スポーツの習熟と哲学の思索に共通するところがあるなどとは夢にも思わなかった。というのは半分嘘で、薄々そうではないかと気づいていたのが本音である。


ラグビー的な動きを習得する上では少なくない反復練習が必要である。同じ動きを何度も繰り返すことにより、次第に身体はその動きができるように中身を変えてゆく。必要な筋肉がつき、神経系統が組み替わり、徐々にではあるが確実に身体は変容する。端から見ればよくも飽きずに同じことができるもんだと思われる向きも多いだろうが、やってる当人からすればそんなことは構いやしない。練習するたびに変容するほど劇的ではないにしても、日々の積み重ねである日とつぜんその瞬間は訪れる。今までできなかったことができるよろこび。その到来を心待ちにしながら繰り返す練習はやはり楽しいものである。


とはいえ、ただがむしゃらに動きまくればいいものではなく、やはりそこには多少の、いやかなりの「思考」が必要とされるのは言うまでもない。「根性練習」でもある程度までは上達するが、どこかで必ず壁にぶち当たる。ある一定以上のレベルには絶対に到達しない。これは僕が長らくの競技経験の中で確信を得た知見のひとつである。一兵卒二としては一人前になれても将校にはなれないと僕は思う。


ここで必要となる思考とはいかなるものか。つまり、スポーツの習熟に必要な思考とはどういうものかということだが、端的に言ってそれは「感覚の模索」である。


哲学では専門用語にあたるのがスポーツでは「感覚」になる。もっと平易にいえば「コツとカン」だ。たとえばパスを放るという動作を習得する場合を想定してみると、大切なポイントは「ハンズアップ」「ワンモーション」「キープスピード」になる。


「ハンズアップ」は文字通り手を上げるということ。パスは手を伸ばして相手に近いところでキャッチするのが基本で、そのために両手を上げなければならない。ボールが来てから手を出すのではなく、こちらから迎えにいくようにボールを掴む。これができると次の「ワンモーション」ができる。


ではその「ワンモーション」はなにかというと、一連の動作で放りなさいという指示で、キャッチしたボールをいったん懐に引き込んで、再びパスする際に振りかぶる動作をしてはいけませんよという意味である。つまり理想的なパスは、人がボールに触れてもそのスピードが変わらずに3人、4人とつながることで、そのためにはボールを抱え込む時間をなるべく少なくしなくてはいけない。パスが乱れた場合は仕方がないにしても、胸元にきたパスをササッと捌く技術が、とくにバックスには必要とされる。


「キープスピード」は読んで時のごとく走る速度を維持すること。パスを受けるからといってスピードを緩めてはいけない。むしろその瞬間にはギアをひとつ上げるのが理想だ。そうしなければ後ろにパスをつなぐたびに後退を余儀なくされる。ラグビーは陣地を稼ぐスポーツだ。パスのたびに後ろに下がってはトライを奪えるわけがない。


ラグビー経験者ではない人にとってはなんのことかチンプンカンプンかもしれないが、ここではなんとなく雰囲気を掴んでもらえればそれで構わない。


この3つのラグビー用語は「感覚の名称」である。言い換えれば「ある感覚を名指したもの」だ。「ハンズアップの感覚」、「ワンモーションの感覚」、「キープスピードの感覚」を、選手は反復練習によって身につけなければならない。哲学でいうところの「イデア」や「理性」や「現象学的還元」などの専門用語がおそらくはこれに該当するのではなかろうか。


これらの感覚を習得するまではこれらの言葉を反芻しなければならない。同時多発的に身体を動かしながらこれらの感覚を習得するために努力する。迷ったときやスランプ時はこれらの言葉に立ち返り、そしてまたグラウンドで反復する。そうして自分の中に「パス」という技術が身についてゆく。


それなりに練習を重ねればやがて中級者となる。そのときにはもう「ハンズアップ」も「ワンモーション」も「キープスピード」も必要なくなる。という表現は誤解を招くので丁寧に表現すると、意識のなかにおいておく必要がなくなる。つまりそれは感覚としてすでに「身」についているので、わざわざ意識のデスクトップに呼び出さなくてもよいのである。逆に呼び戻してしまうと、言葉面に引っ張られてしまって不自然な動きになりかねない。またその場の情況を無視したプレーを選択しかねない。これがとても厄介なところで、中級レベルに達したあとに基本を大切にし過ぎると伸び悩みの原因になる。


「少なくとも哲学について言えば、ある段階から先は専門用語を使うのはダメで、いかに日常用語で「自然」に語るかで力量が問われる」と東が指摘している通り、ラグビーにおいてもあるレベルにまで達すれば「ワンモーション」などの感覚を指し示す専門用語にとらわれることなく、情況に応じて「自然」に身体を動かすことが必要になってくる。ときにボールを迎えにいかずともよいし、抱え込んでもスピードを落としても、目の前の情況を突破できればそれでよいわけである。


ラグビーと哲学の習熟にはどこか似ている部分がある。だから僕は今こうして研究に携われているのであろうし、嬉々として取り組めているのであろう。これまでうまく説明できなかった「両者の類似」が、東浩紀のこの言葉によってストンと腑に落ちたのだった。


専門用語を使わずに考えを表現することの難しさは相当なもの。どこか上滑りしているかのような実感が伴うし、これまで理解していた内容がどこか朧げになっていくような心細さもある。こんなにも僕の研究は空虚だったっけと、無力感に苛まれるときもある。でもそれは、こういうからくりだ。だから、日常的な語彙で自然に表現しつつも専門書は読み進めなければならないのであって、一冊の本を書き終えた今はしばらく専門書を耽読する日々を過ごしたいと思う今日この頃である。

型に戻る、つまり専門用語に立ち戻って、またあれこれ思索をしようと思う。
ラグビー選手だったころを思い出しつつ。



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。