So-net無料ブログ作成
検索選択
「純粋経験」とは ブログトップ

「純粋経験」を考える、その4。 [「純粋経験」とは]

今日という一日は会議もなくずっと研究室でダラダラ読み書きしておりました。相も変わらず『善の研究』を読んでいるので、意識と無意識の境目をどのように表現すればよいのか頭の中がグルグルしております。自分で言うのも何なんだけど「純粋経験」という概念をおそらくボクは直感的にはわかっている。わかっているのだけれども、じゃあそれを誰か他の人に説明してみてくださいなと言われたらほとんど右往左往してしまうと思う。それはつまり本来の意味での理解には至っていないってことになるのかもしれないけど、ただこの「純粋経験」という概念を深くまで考えれば考えるほどにこういう理解の仕方もあるよねと思えてくる。「理路整然と説明できないけれどもボク的にはわかっている」という理解の仕方があるのだと思う、たぶん。

だって、西田幾多郎はこんなことを言っているのですから。

(ここから引用)
完全なる真理は個人的であり、現実的である。それ故に、完全なる真理は言語にいい現わすべきものではない、いわゆる科学的真理の如きは完全なる真理とはいえないのである。
(引用ここまで)

おそらくボクの頭の中には「純粋経験」なる概念が芽吹いている。「こんな感じなんやろなあ」という自信なさげな理解ではあるけれども確実な手応えがある。ただそれを言葉巧みに言い表すことは到底できそうにない。「少なくとも今は」という条件がつくにしろ、説明はできない。西田幾多郎のこの言説からは、説明ができないという事実こそが完全なる真理を予感させるには十分であるが、まあこれは説明できない自分への苛立ちとその言い訳かもしれない。

ただだからと言って説明責任を放棄するわけにはいかないとも考えている。どうにかして運動主体におとずれる精神状態や意識現象をわかりやすい言葉で説明したいと思っている。ただこの西田の言葉からすればそれは叶わぬ願いに終わりそうなことも事実。でもね、おそらくはできる。説明の仕方を工夫すればできるのではないかと思うのだ。

その方法とは、「純粋経験」そのものをひとつひとつバラして記述するのではなくて、「純粋経験」なる世界があるのだということを具体的な場面をかき集めることで指し示すこと。主観と客観、理想と現実が解離せずに存在する世界、迫りくる刺激にただ反応するだけの一見他人任せのようで実は時の流れと一体化している境地、こういった意識状態というものがあるんだよということを記述する。そして、こうした記述を読んだ人がなんとなくではあっても「純粋経験」なるものに想像が届けば、あとは身体の深奥が理解するのを待てばよい。たぶんこういったものなんじゃないかと思う、「純粋経験」を理解するということは。言うなれば「純粋経験」そのものは「純粋経験」という世界でしか知ることができないというか。

またややこしいことを書いてしまった。まさに今のボクが思考中なのでこういった文章になってしまうのは仕方がないか。ややこしいのに最後まで読んで下さってありがとう。それでは皆様よい週末を~。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「純粋経験」を考える、その3。 [「純粋経験」とは]

複数の本を同時に読み進める方がより深く理解できる。ということに今更ながら気がついた。というよりもここにきてようやく思い出したというところか。意識を拡散させておく方が知識や情報の吸収率は高くなる。これは「忙しい人にこそ仕事を頼め」という言葉にも通ずるよな。じっくり考える時間があり過ぎると見事に迷路にはまりこんでしまうということだ。

というわけで今は『善の研究』も読みつつ、『噛みきれない想い』も『街場のメディア論』も『天地明察』も読んでいる。過日のブログで書きますと宣言した「空気を切り裂くものとしての水=通常性」についての理解を深めるために、『空気の研究』も読まないといけないし、さらには秋学期の講義準備として『スポーツの風土』と『近代スポーツの実像』も読み返したい。これだけあれば理解するに越したことはないだろう。どれから手をつけていくのかは秋学期開始日から逆算して決めるか、それともその日の気分次第で決めるかになるが、まあ流れに身を任せて読むだろうな、きっと。

そういえば雑誌「Number」では“アスリートの本棚~読書が彼らを強くする”という特集が組まれていて、サッカー日本代表の長谷部誠選手やカーリングの本橋麻里選手、サッカー元日本代表監督の岡田武史氏などがそれぞれに好きな本を紹介している。長谷部選手は白洲次郎が好きで、ドイツで過ごす自らの境遇と重ね合わせて読んでいるという。驚いたのが陸上400mハードルの為末大選手。なんと『善の研究』を手にする写真が掲載されていて「おお、まさに今ボクも読んでますけど!」となぜだかうれしくなった。しかも奇遇なことに誕生日が同じで、5月3日生まれ。年齢はボクの方が3つ上なんですけれどなんだか不思議な感じがしております。

ボクの場合はすっかり現役を退いてからこうして読み進めているわけで、まさしく過去を振り返りながら「うん、うん」とうなずくことしきりなんだけれど、為末選手の場合は今まさに現役選手なわけで、あの内容をいったいどのように解釈して、そしてどのように競技に取り入れているのかにとても興味がある。あれだけの内容を言葉でインプットすれば、すなわち言葉で論理的に理解してしまえば、実際に身体を動かす際に引きずられたりはしないのだろうかと、ちょっと訊いてみたい。陸上競技はラグビーと違ってとことんまで自身の身体だけにフォーカスすることができるから、あまりその辺りのことはもしかすると気にならないのかもしれない。どうなんだろう。

こうしてトップアスリートが読書をしている事実を広く社会が知ることには大きな意味があると思われる。「純粋経験」なる概念に触れれば触れるほどに、「考えること(思惟)」と「おこなうこと(感覚・知覚)」はともに人間として必要な経験であることに変わりはないのだという確信がボクの中で大きくなりつつある。西田幾多郎が「個人あって経験あるにあらず、経験あって個人あるのである」を出発点として思考を展開しているように、経験の集積こそが人間であるからには「考えること(思惟)」も「おこなうこと(感覚・知覚)」双方ともに経験であることに変わりはない。人に自慢できるほどの経験でなくともただ生きているだけで身についていくようなささやかな経験が積み重なって、私たちひとりひとりの人間性はかたちづくられている。その経験の仕方に違いがあるだけなのだ。

一般的にスポーツ選手は主に「おこなうこと(感覚・知覚)」から自らの人間性をかたちづくっており、「考えること(思惟)」をどうしても疎かにしがちな傾向にある。考えるためには言葉が必要である。その言葉は感覚とは相容れない。感覚は、身体を動かすには欠かすことのできない大切なもの。だから「ごちゃごちゃ考えずに(言わずに)とにかくやってみろ!」という指導がスポーツ現場では為されるのであり、実際そう指導された方がうまく動けたりする。本来ならば考えながら行い続けることが奨励されるべきなのに、どうしても身体的実践に偏った指導が横行するのにはこうした理由がある。

でもこれには限界があって、より高度な身体運用を目指すにあたってはやはり自らの頭で考え、それを踏まえて身体を動かすというサイクルを実践しなければならない。ただ機械のように反復練習をするだけでは到達し得ない境地というものがある。機械的な反復からは機械的な身体運用しか身につかない。

その点でトップアスリートはやはり考えている。「考えること(思惟)」と「おこなうこと(感覚・知覚)」をバランスよく経験したからこそ、ハイパフォーマンスを発揮できるようになったのだ。だから真のトップアスリートが読書に励むのは当然のこと。「考えること(思惟)」も「おこなうこと(感覚・知覚)」もともに経験なのだから。

てなことを元アスリートは考えているわけだが、その実ボクは現役時はそれほど本を読んでいたわけではなかった。おそらく無意識のレベルで言葉というものを忌避していたのだろうと今では推測している。動けなくなるのがわかっていたから。だからこそ壁にぶち当たり、ラグビー選手として自らが思い描いていたイメージに届かなかったのだろう。さらには身体を損なうことにもなったから、やはり「考えること(思惟)」はとても大切なことだと思う。たださっきも言ったように言葉と感覚は相容れないから、パフォーマンスを発揮するためにはどこかで言葉をふっ切る必要がある。論理的に積み上げた思考をひとまず括弧に入れなければならない。

この作業にアスリートとしての知性が表れるのではないかと思う。このあたりのことはまだうまく言語化できないけれど、今の段階で想像するに、言葉を打ち消すような言葉を手に入れるまで考え続けるというか、曖昧さを際立たせる言葉を手に入れるというか、それこそ知っているのに知らないフリをするという芸当を身につけるというか、たぶんそんなことなのかなと思う。

いずれにしても真のトップアスリートは読書を好み、思考することを厭わない。そうボクは思っているし、そうあって欲しいとも思っている。遅ればせながらボクがこうしてささやかに考え続けようと志したのは、「おこなうこと(感覚・知覚)」に偏り続けた過去とのバランスをとりたいと無意識的に願ったからなのかもしれない。偏りがあったからこそ、そこに楽しさを見つけられたのかもしれない。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「純粋経験」を考える、その2。 [「純粋経験」とは]

「純粋経験」について考える、その2。本日のブログはいささか思弁的な内容になる見通しなので、小難しい話はごめんだという方はここで遠慮なく他のサイトに移動してくださいね。ほぼ自分のために書いていこうと思っとりますので。でも興味のある方はぜひとも一度は目を通してみて欲しいなとも、実は思っています(ってどっちやねんな!)。

さて。

まずは、そもそも「経験・経験する」とはどういうことなのかについて考えていこう。

ボクにはラグビー経験がある。19年という長い年月をラグビーに打ち込み、幸運にも日本代表に選ばれてワールドカップに出場することもできた。全国大会優勝メンバーにも名を連ねることができたし、不遇にもたくさんのケガをして身体に傷跡が刻まれることにもなった。また、ラグビーを通じて知り合った人たちは数知れず、中には今も親しくお付き合いさせていただいている人もいる。「親が昔ファンだったのでサインをください」と講義が終わって学生から声をかけられたこともある。酒の飲み方や人とのつき合い方は良くも悪くもラグビー的である。ラグビーをプレイするという直接的な経験はもちろん、ラグビーをしていることであらゆる方面に派生する間接的な経験というのもあり、ラグビー経験にはこの両方が含まれてくる。

と考えていくと、ボクにはラグビー経験があるというときのこの「ラグビー経験」には、知識や教養、生き方や考え方や人間関係などのもろもろがくっついていると考えることができる。今ここにいるボクという人間はラグビー経験が積み重なったものと言えるだろう。

ただし、だ。ラグビー経験だけがボクをつくったわけではない。人間は日常生活の中であらゆる経験を積んでゆくものであり、もちろんボクも例外ではない。小学校の帰り道に石を蹴りながら帰ったこと、親父に叱られてベランダに立たされたこと、中学に入って自転車通学の途中に寄り道したこと、酒を酌み交わしながらグダグダすること、など、それこそ無限に列挙できる。「人間のありようは経験の積み重ねである」と考えれば、ボクはラグビー以外にもいろいろな経験を積み重ねたから今日のボクがいるわけであり、ラグビー経験はその一部にしか過ぎない。ボクという人間のほぼ中心にはおそらくラグビー的なもの、ラグビーから得たものがドカンと腰を据えていることに違いはないけれども、それでもほんの一部にしか過ぎないだろうことは予感できる。それほどに私たちはただ生きる行為の中で無意識的に身につけていくものが多い。

まさしく私たちそのものでもある「経験・経験する」を、ともすれば私たちは知覚や感覚を伴うものだと思い込んでいる。見たり、聴いたり、触ったり、味わったり、嗅いだり、直接的に感覚を通した行為こそが「経験・経験する」だと限定している。トリュフを食べたことがあるorない、ある芸能人と食事を共にしたことがあるorない、大失恋をしたことがあるorない、別館牡丹園に行ったことがあるorない、などなど。直接的に、身体的に何かと触れ合うことがどれほどの気付きと学びをもたらすかについてはなんの異論もない。「百聞は一見に如かず」という言葉もあるように、他人からの話をツギハギするよりも一目見ればそれだけでわかるってことは確かにある。知覚や感覚を伴う経験を身体的経験と呼ぶとすれば、この身体的経験が私たちにもたらす恩恵は計り知れないとも思う。今まで身体を通して感じるものやことを大切にしてきたからこそ、そう強く感じたりもする。

しかし、私たち自身をかたちづくっている「経験・経験する」は身体的経験だけにとどまるべくもない。知覚や感覚を伴うものだけが経験なのではなく、ふと立ち止まって一つのものごとを「考える」という行為もまた私たちをかたちづくる「経験・経験する」となる。これは想像力を働かせてみれば誰もがわかるはずだ。恋愛の最中にある人は相手のことを思いやり、また嫉妬を抱きつつ真剣に「考える」はずだし、仕事や将来への不安を抱えた人はあらゆる方面での思索を試みるはずである。今の自分を見つめ直すために哲学書や自己啓発書を読んだり、映画館に足を運んで物語に身を浸したりもするだろう。まさにこの身を通じて、もんどりうって、身をよじらせて「考える」という行為、「考えたという経験」はまぎれもなくひとりの人間のありようをかたちづくる。

「経験・経験する」という言葉を私たちが口にする時、知覚や感覚を伴い、外部からの刺激が身体に生ずるものに限るような認識がある。だが、本当の意味での「経験・経験する」はそうではない。経験こそが人間のありようをかたちづくるという考え方からは、すなわち人間的営為すべてを「経験・経験する」と解釈することができる。だからボクにとっての「ラグビー経験」はボクという人間においてほんの一部であり、その一部に固執している点で他のあらゆる諸経験を盲目的に見落とすことにもなりかねない。これは、いつも自らの「ラグビー経験」を語る際に感じていたいやーな違和感を解きほぐすのに十分な説明だよなと、今書いていて感じたのであった。

前置きが長くなったけれども、さてここで「純粋経験」である。

「純粋経験」という概念を理解するには、まず「経験・経験する」に抱いている私たちの解釈を少しばかり広げなければならない。そう感じたので少し前置きが長くなってしまったのであった。知覚や感覚が伴わずとも人間的営為すべてが「経験・経験する」であるとして、論を先に進めたい。

「純粋経験」とは何か。もちろん一言で言い表すことなど不可能なわけだが、そこを敢えて言うとすればそれは「心構え」なのだとボクは思っている。西田幾多郎が「しかし、余はすべての精神現象がこの形において現れるものであると信ずる(西田幾多郎『善の研究』32頁)」と述べるように、「純粋経験」は精神現象である。おおよそ私たちが抱いている「経験・経験する」に対するイメージとはこの点が大きく違うので理解に至るのが難しいのだと思われる。「純粋経験」とは私たちの意識上の問題であり、実践する、思索に耽る、沈思黙考するなどの行為にあたる際の「心構え」のことなのだ。

たとえばこの心構えは、漫画『バガボンド(32巻)』の中で宮本武蔵が“今のど真ん中にいるため”と志向する心境と類似しており、また、スポーツ選手がゾーンに入った時の心境ともおそらくは類似していると推測できる。「今の今」に自分自身が寸分違わず収まった時に訪れる、閉じつつ開いている絶妙なバランスを伴ったある種の精神状態であり、また知覚されるものや心象や表象のどれにも居着かない状態といってもいいかもしれない。

「経験するというのは事実そのままに知るの意である。まったく自己の細工を棄てて、事実に従うて知るのである。純粋というのは、普通に経験といっているものもその実はなんらかの思想を交えているから、毫も思慮分別も加えない、真の経験そのままの状態をいうのである(前掲書 30頁)」という冒頭で述べられているこの言葉に、「純粋経験」なるものの意味が凝縮されているのではないだろうか。ここは論文ではなくブログなので、細部にわたって詳しく書くことはしないでおくし、おそらく書けないだろうけれど、禅を取り入れたこの考え方はさまざまな方面への広がりを感じさせてくれる。

「純粋経験」という概念を深く掘り下げていくことで意識というものがどのような構造をしているのかについての想像が膨らむだろうことは、おそらく間違いない。「すべての意識は体系的発展である(前掲書 44頁)」と述べていることからもそれは明らかであり、運動を指導するためには知っておかなければならないだろうとボクが考えている「意識・無意識」の問題に切り込んでいけるような気がしている。また読み進めながらその都度こうして書いていこうと思う。



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「純粋経験」を考える、その1。 [「純粋経験」とは]

西田幾多郎『善の研究』(講談社学術文庫)を読み進めている。さきほど第一編「純粋経験」を読み終えた。この本を開いたそもそものきっかけは、5月に行われた運動伝承研究会にて金子明友先生の口から何度も発せられた「純粋経験」である。この語の意味を、本学におられる三木先生に訊ねたところこの書を紹介された。あまりに有名な書物であることはこれまでラグビーばかりに没頭してきたボクでも知っていて、とてもじゃないが理解できそうもない難解な哲学書を読む気にはならずそのときはさらりと意識の外に追いやったのだが、それでもどこか気にはなっていた。で、ふと訪れた本屋で目についてとにかく買うだけ買っとこうと購入し、つい先日、開いたのであった。

今まさに運動している状態をたとえば「運動主体」と呼ぶとすれば、「運動主体」における意識・無意識の問題をどのように考えていけばよいのか。タックルに入る瞬間、ステップを踏む瞬間、パスをしたり受けたりする瞬間、野球ならばストレートを待ちながらカーブにバットを合わせる瞬間、サッカーだとセンタリングにどんぴしゃのタイミングで走り込む瞬間、私たちはどのように思考し、またどのように思考を手放しているのか。この問題について、これまでのボクは「意識」と「無意識」という二つの概念で説明しようと努めてきたが、それではもう限界ではないかと感じ始めていた。

思考を深めなければこの問題を掘り下げることはできない。そう考えるようになったきっかけとなる考え方が「無意識とは自我が作用していない経験である」。つまり意識をしていない・意識がないのが「無意識」なのではなく、本来ならばほぼオートメーションに働くはずの自我が働いていないということである。もう少し正確に表現するならば「自我を働かせないような意識」が「無意識」ということになる。

たとえば幼稚園から小学校低学年くらいまでの子どもを想像してみる。子どもたちは「まだ何も知らない」。タックルの痛みを知らない。だからときに大人が驚かされるほどスムーズに相手を躱わしたりもできる。立ちはだかる相手が大きくても力が強くても「まだ何も知らない」わけだから恐怖を抱くこともなく、だから何のためらいもなくその瞬間に求められる理想の動きに自らをなぞらえることができる。この子どもの精神状態を言い表せばすなわち「無意識=意識をしていない」となる。

だが、大人は違う。様々な経験からたくさんのことを学んでいく過程で自我というものが形成されていく。その成長過程では痛みや恐怖という感情を身につける。もちろんタックルの痛みもどこかで経験する。するとタックルを怖がる自我というものが形成されるわけで、子どもの時のようにただ思うがままにプレーすることができなくなる。タックルされたら痛いし、でも逃げたらみんなに弱虫呼ばわりされるし、でもでもやっぱり上手くもなりたいな、でも痛いのはいやだしどないたらええねん、なんて意識が立ち上がる。どうしてもこのような意識を抱えながらプレーすることになるのだが、それでも運動主体である瞬間には言葉でのんびり思考している時間など存在しない。原則的に運動主体に意識は働かない。だから先ほど述べた「どないしたらええねん」という意識は、その奥底に沈められて意識に上ることはない。仮にそれを『無意識』だということにする。

それなりに経験を積んだ大人の『無意識』と、まだ経験に乏しい子どもの「無意識」とは明らかに異なる。怖いものなしだから動くことのできる子どもと、怖いという感情がありながらそれでも適切に動くことのできる大人の違いである。で、それなりに様々な経験を積んだ運動主体の『無意識』を、先ほど述べた「自我が作用していない経験」だと解釈するのである。こう考えれば運動に関してモヤモヤと考えていたことがらの幾ばくかが腑に落ちる。これまでのラグビー経験に照らし合わせれば十分にすぎるほどに納得できる。

これまでは『無意識』を「無意識的」という風に書いてきたが、もう少しこのあたりを考えてみようと思い立ち、手に取ったのが『善の研究』だったわけであり、そのために理解しておきたいと欲したのが「純粋経験」という概念だった。

さて「純粋経験」である。正直に言えばたった一度の通読だけではよくわからない。通読といえども第一編だけであるが、それでも難解極まりない文章である。しかし、ところどころは理解に至る部分があり、また細かな内容を度外視すればボクが感じていることのほとんどがここには書かれてある、ということだけはよくわかった。ボクが知りたいと欲することがらがまさに書かれてある。ラグビー選手としてまさにボールをつかまんとするその瞬間、つまり運動主体としての自分が感じていたことが少々難解な言葉たちで明察されていると直感するのだ。

言うなればボクたちスポーツ選手はできる限り余計な言葉を遠ざける習慣を身につけてきた(もしかするとこの習慣はチームスポーツに限られるかもしれない)。頭で考え過ぎれば身体が動かなくなるのは自明の事実だ。必要以上に思考することはパフォーマンスの低下を呼ぶ恐れがあるため忌避されがちとなる。その結果、引退後に自らのプレーについての説明を求められても上手く言葉を紡ぐことができないという現象が起こる。現役ながらあれだけ自らのプレーについての言葉を発することのできるイチローは例外だ。大半の選手は上手く説明することができない。あの時のあのプレーで感じていたあの経験を誰かに伝えることはそう容易なことではないのだ。

では自らに固有の経験を誰かに伝えるためにはどうすればよいのか。それは経験分析をしっかりとすることだ。この経験分析のことを西田幾多郎は「思惟」と言っている(のだと思う)。あの時のあのプレーを振り返り、あのときの経験について細部にわたり「思惟」することで、ボクたちスポーツ選手が感じているはずのかけがえのない経験に初めて意味がもたらされる。優勝したとかトライしたとかそんなデジタルなものではなく、人間学的深みとそこから何かを引き出し得るほど厚みのある個人的経験となりうるのである。

ここからが面白いのだが、西田幾多郎はこの「思惟」をも「純粋経験」に立脚しているのだと言うのである。残念ながらこのあたりのロジックをボクはまだうまく説明することができない。それはボクの理解が至らないというよりももしかすると言葉では永遠に説明できない代物なのかもしれないが、とにかくそういうことだ。ただこれだけは言える。過去のある場面を想起するとは言え、想起するのは「現在」である。現在において想起する主体に訪れる理想的な精神状態こそが「純粋経験」そのものなのだ。直接的に知覚するのでなくとも表象するということにおいても私たちは「純粋経験」なる状態を志向できる。そしてそれはすなわち「今の今」にたえず身を置くことに他ならないのだと、ボクは解釈している。

とまあ今日一日はこんなことを考えていたのであった。
しかし書き殴るとはまさに今日のようなブログのことを言うのだな。
書き捨て御免。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
「純粋経験」とは ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。