So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
2018年09月| 2018年10月 |- ブログトップ

休日のテラスにて。 [雑感]

今日は娘と二人でお留守番。ミルクを飲んで眠りについたので、テラスに出てPCを開いている。爽やかな秋晴れで、肌に触れる風がとても心地よい。休日らしい休日だ。


ところどころに雑草が生え、手入れが行き届いているとは決していえないちょっとした庭でも、日差しを浴びた緑はとても美しい。そよ風にたなびく枝葉は心とからだのこわばりを解いてくれる。子育てや仕事に追われる日々でつい置き去りになる、ほっこりとした心持ちがよみがえってくる。一息つく、ってこういうことだ。


雲がまばらな青空も美しい。海を挟んで向かいにある倉庫群も、普段の喧騒が嘘のように静かで、その向こうを走るハイウェイの音だけが聞こえてくる。それもなくなればもっと静寂なのに、という叶わぬ願いを抱きながら、ただただ今の心地よさに身を委ねると、これまでの人生での過ちや、やるべきことややらざるをえないことが忘れられて、とても幸せな気持ちになる。


踵を返して部屋に戻り、娘の寝顔を見る。穏やかな表情で安らかに眠るその姿に思わず目を細める。心から美しいと思う。


そう見届けてからまたテラスに戻る。


美しいものをみたときの心に広がる静かな波紋。ただただ美しいとしか表現できない心のありようは、部屋にお気に入りの絵画を飾り、お気に入りの音楽を聴く人の胸の内に広がる。遠くに広がる景色、お気に入りの置物や文房具や本。心の琴線に触れるありとあらゆるものから私たちは無意識に美しさを感じている。


美意識を大切に育むことは、きちんと年を重ねるためには不可欠なことなんだ。肌にじんわり温かい日差しを浴びながら、そう実感している休日の昼下がりである。


やや感傷的になっている僕の頭にあるのは長田弘の詩、「世界はうつくしいと」である。


______
うつくしいものの話をしよう。
いつからだろう。ふと気がつくと、
うつくしいということばを、ためらわず
口にすることを、誰もしなくなった。
そうしてわたしたちの会話は貧しくなった。
うつくしいものをうつくしいと言おう。
風の匂いはうつくしいと。渓谷の
石を伝わってゆく流れはうつくしいと。
午後の草に落ちている雲の影はうつくしいと。
遠くの低い山並みの静けさはうつくしいと。
きらめく川辺の光はうつくしいと。
おおきな樹のある街の通りはうつくしいと。
行き交いの、なにげない挨拶はうつくしいと。
花々があって、奥行きのある路地はうつくしいと。
雨の日の、家々の屋根の色はうつくしいと。
太い枝を空いっぱいにひろげる
晩秋の古寺の、大銀杏はうつくしいと。
冬がくるまえの、曇り日の、
南天の、小さな朱い実はうつくしいと。
コムラサキの、実のむらさきはうつくしいと。
過ぎてゆく季節はうつくしいと。
さらりと老いてゆく人の姿はうつくしいと。
一体、ニュースとよばれる日々の断片が、
わたしたちの歴史と言うようなものだろうか。
あざやかな毎日こそ、わたしたちの価値だ。
うつくしいものをうつくしいと言おう。
幼い猫とあそぶ一刻はうつくしいと。
シュロの枝を燃やして、灰にして、撒く。
何ひとつ永遠なんてなく、いつか
すべて塵にかえるのだから、世界はうつくしいと。
______


日常にありふれた美しさ。それを見過ごさないだけの感性は手放したくないと思う。


娘が泣いている。そろそろミルクの時間だ。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

原点回帰。 [雑感]

すっかり放置したままのこのブログ。久しぶりに覗いてみるとさまざまな広告があちらこちらに張り付いていて、読むに耐えない状態でぽつねんとあった。前回の更新が2016年5月だから2年以上も放ったらかしだったわけで、まるで蜘蛛の巣が張り、埃が積もり積もったしばらく誰も住んでいない空き家で感じるような、いやな淀みが感じられる。

このブログは2007年からだが、ホームページで書き始めたのが2002年だからネットで書き始めて今年で17年目になる。17年目、か。そら不惑も超えるってもんである。

ホームページやネットで書き始めたことがきっかけで、今ではさまざまな媒体から執筆依頼をいただくようになった。お陰様で2014年には単著も上梓することができた。これも偏にここでこうして書き続けてきたがゆえのことだ。

いや、違った。僕が書いたテクストを読んでオモシロがってくれる人達がいたからだ。根気よく発信し続けてよかった、と思うのは今から振り返るからであって、まさに書き続けている最中はそんなことお構いなしにただただ楽しくて、キーボードを叩いていただけだった。いつかさまざまなメディアで書きたいという思いは抱いてはいたけれど、明確に目標を掲げていたわけでもなく、それへの情熱もさほどなかった。

「好きこそ物の上手なれ」。幼いころからよく耳にした言葉だが、40歳を超えた今になってつくづくそうだよなあとその意味が実感できる。ごくわずかな読者に向けて駄文をしたためるというプロセスにおいて、おそらく僕の文体はでき上がっていった。文章に関する勉強はほとんどしていない。「書き方」をマニュアル的に叩き込んだのではなく、とにかく感じたこと考えたことをひとつひとつ言葉にしていっただけで、あとはとにかく読んだ。オモシロくて美しい文章をひたすら読んで、ところどころ真似をしながらとにかく書き続けた。

その痕跡がこうしてまだ残っている。読み返せばその稚拙さに赤面するばかりだが、自分が通過してきた道すがらに想いや考えの断片が散らばっているから、やはり懐かしさが込み上げてくる。右往左往しながら自由気ままに言葉でレールを引き続けた思考の痕跡。あらためて読み返してみて、残していてよかったと思う。

個人でホームページやブログに書く。ここには第三者が介入しない。編集者の目も出版社の意向も介在しない。とにかく自由だ。独りよがりになるリスクはあるが、それでもやはり伸び伸びと言葉を紡ぐことができる。ほとんど誰も見向きもしないテーマで書いても構わないし、愚痴っぽい内容でも誰も咎めやしない。ただ、この縛りのなさに胡座をかくと途端に読者は離れてゆく。この意味でやや不自由さはあるものの、この落とし穴さえ自覚していれば、やはり伸びやかに書くことができる。

なるだけ縛りを外して伸び伸び書くというのは、自分と向き合うことでもある。漠然としたかたちでしか認識できていなかった己の考えに、書くことを通じて、また書いたものを読み返すことによって気づくことができる。「自分の中にいる他者」が生まれるという、曰く言い難いあの悦びは、自分という人格を形成するのに一役買っていたのだろうとあらためて思う。

僕が書くという行為に魅了されたのは、やはりホームページでありブログだ。書き手としての原点が、ここにある。思いのままに、考えにしたがって、ただただ書き続けること。そうしてようやく今にたどり着いたわけで、そんな大切な場を放ったらかしにしておくのは忍びない。

まずはこの場を掃除しよう。そしてまた書いていこう。ありがたいことにここんところ忙しい日々が続いているので、以前のように頻繁に更新はできないだろうが、気の向くときに、気の向くままに書くことにする。

いつのまにか雨も止んでいる。
帰り支度を済ませて、生まれたばかりの娘が待つ家に帰ろう。


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

2018年09月|2018年10月 |- ブログトップ